レターパック350とは | チケット救済 | 公演紹介 | 観劇ノススメ | 検索 | 友の会 | サイトマップ | トップ |
取引交渉が面倒な人は
初めての方にオススメ!管理人チケット
Let's 投票 おけぴ de Q♪

1分でわかるレターパックライト
レターパックライトは、2010年4月1日にはじまった日本郵便のサービスです。 追跡サービスも利用でき、A4サイズで厚さ3cm、重量4kgまでOK。 そう、つまりチラシや公演プログラムも折らずに送れるのです!
特定記録郵便と似ていますが、 特定記録郵便は、日曜祝日は配達されませんが、レターパック350は日曜祝日も配達されます。 また、レターパック500(従来のエクスパック)は、配達の際、受取人に直接受渡しとなりますが、 レターパックライトは郵便受箱への投函となります。 この機会にレッツ把握♪

注意事項:レターパックライトは、代金の受け渡しには一切関係ありません。つまり、 チケットの代金に関しては、別途振込みなどで行うことになります。

レターパックライトで送るにはいくらかかるの?

360円です。切手ではなく、専用の封筒を事前に郵便局にて購入する形となります。

特に届きましたという連絡が郵便局からくるわけではありません。ただ、不安な時に 郵便追跡サービスで「引受番号」を入力して届いたかどうかをチェックできます。ただ、特定記録郵便は、配達記録と違い、いくつかの注意点がありますのでご注意下さい(こちらに比較表を作ってみました)。また、下記のメリット・デメリットも必ずお読みいただければと思います


レターパックライトのメリット

レターパックライトのデメリットや注意事項

  • 無賠償(万が一無くなっても保証はありません)
  • 手渡しをしてくれない(普通郵便と同様に郵便受に投函)→確実に本人に届いたかどうかが把握できない
  • 従って誤配・盗難の可能性がなくはない(郵便受投函のため誤配のリスクが心配な所です)
  • チケット代金の支払いは別途行う必要がある
  • [受取人にとって] 中身にチケットが入ってるとは限らない

参考リンク

このページの内容は「チケットの郵送」に特化して書いてありますので、 より詳しくは最寄りの郵便局か、下記郵政公社のページにてご確認下さい。

 





| おけぴネット | サポートセンター | おけぴ友の会 | プレミアム会員 | 管理人室 | 観劇レポ |
| 運営会社 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載 | サイトマップ | 携帯版 |
Copyright © Okepi Corporation All Rights Reserved.