ミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事≪江戸版≫』公開稽古レポート

 歌舞伎役者 片岡愛之助さんが初ミュージカルで初主演!その作品は、トニー賞6部門受賞のブロードウェイの巨匠ソンドハイムの大ヒット作『ローマで起こったおかしな出来事』の…江戸版!




 ソンドハイム作品というと、その高い芸術性、社会性ゆえ、“難解”“シリアス”というイメージをお持ちかもしれませんが、こちらの作品は「コメディ以外の要素は皆無といっていいくらいの爆笑につぐ、爆笑」(公開稽古MC)なのです♪

 そして、物語の舞台を古代ローマから江戸に移しての上演とのこと、最初に聞いたときは「それいかに?!」と首が傾いてしまいましたが(笑)、大変失礼いたしました!確かに、あらすじを読むと「落語が原作ですか?」と思ってしまうほど、舞台が江戸であることがぴったりなんです。

 では、早速、公開稽古の様子をどうぞ!


【まともな人は登場しません、変な人だけ、コメディ・トゥナイト!】

 まず、披露されたのは、コメディの世界へお客様を誘う表題曲♪コメディ・トゥナイト。登場人物の紹介に始まり、全キャストによる大合唱まで、華やかな一曲です。


MC:さて、ここは江戸の街。三軒の隣り合った家が見えます。中央の家、薬問屋の布袋屋には、主人の楽右衛門(高橋ジョージさん)、妻のお高(松田美由紀さん)、息子の比呂(内博貴さん)、丁稚頭の金吉(ルー大柴さん)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助さん)が住んでいます。



布袋屋の主人の楽右衛門(高橋ジョージさん)、女将(松田美由紀さん)、丁稚頭(ルー大柴さん)

MC:続いて、左隣の家は、澤野屋(ダイアモンド☆ユカイさん)が営む置屋。そこには、新入娘のお美津(平野綾さん)、お美津を身請けした侍の荒尾正蔵(上山竜治さん・Wキャスト)が。そして、右隣は、幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優さん)の留守宅となっております。(荒尾役Wキャストの鈴木壮麻さんは舞台出演のため、この日はいらっしゃいませんでした。それにしても、壮麻さんと上山さんのダブルキャストってレアですよね♪)



置屋の新入娘のお美津(平野綾さん)


放浪中の川端平吉(徳井優さん)、お美津を身請けした侍の荒尾正蔵(上山竜治さん・Wキャスト)、澤野屋の主人のダイヤモンド☆ユカイさん (帝劇メンズチームだわ!)



 そして、みなさまお待たせいたしました!布袋屋の陽気な丁稚の丁吉(片岡愛之助さん)の登場です!



愛之助さん、軽やかに登場!



 ミュージカル初挑戦の愛之助さん、この日がまさに初歌唱披露!囲み取材でも歌についての質問が投げかけられました。

愛之助さん)
「なかなか大変ですね。日々勉強しています。ただ歌うだけではなく、自然な感情の流れで歌うのが難しいのですが、そこはさすが亜門さんです。うまい具合に演出してくださっています」


内さん)
「(愛之助さんは)初ミュージカルとお聞きしていたのですが、本当に初めてなのかなというくらい素晴らしくて、実はやったことがあるんじゃないかな(笑)」


愛之助さん)
「これから歌うんだから、あまりハードル上げないで!!」



ということでしたが…。


 まず、(当たり前なのかもしれませんが)声がイイ。そして、(上から目線でごめんなさい)音程もイイ!さらに、オーディエンス(=取材陣)へ向けて、視線も芝居もバシバシ飛んできて(またまた上から)度胸もイイ!「やっぱり役者が違うわぁ」という客席の声がすでに予想、妄想できそうなくらい“ミュージカル”が板についています!


【本当にLovely】


 続いては、澤野屋の新入娘お美津(平野さん)が布袋屋の息子比呂(内さん)に自分の魅力を紹介するナンバー♪私の自慢(Lovely)
 読み書きはできない…、知っているのは美しくなることだけ。だいぶアイタタ…、失礼、かわいらしいお美津さん。憎めない、愛らしいコメディエンヌ平野綾さんの才能が炸裂です。それを受ける内さんも大真面目にちょっとずれている比呂を好演?! 姿はカッコよく、恋に浮かれる坊ちゃん。これには宮本亜門さんからも…。

亜門さん)
「(内くん)すごくイイですよ、演技も歌も!内くんが、これまでにやったことがない役どころなので、ぜひ、たくさんの方に見てほしいです。こんなことできちゃうの?やっちゃうの?とびっくりしますよ(笑)」



まさにLovely♪



【果たして丁吉の運命やいかに!】


 最後は、比呂(内さん)と丁吉(愛之助さん)による♪自由は素敵(Free)です。
 お美津との仲を取り持つことができたら、奉公から自由にしてやると主人の比呂に言われた丁吉。丁吉は、自由になったら何ができるかを想像し、比呂も一緒に盛り上がる楽しいナンバーです。
 まるでアラジンとジーニーを髣髴とさせる状況ですが、残念ながら丁吉は魔法使いではありません(笑)。でも、口が達者で機転が利くのです!!あの手この手で二人をくっつけようと奮闘する丁吉!!


 しかしながら…、丁吉の仕掛けた策略により物語はトンデモナイ方向へ。人間関係はこんがらがって、ドタバタ大爆笑の連続!果たして若い二人の恋の行方は、そして丁吉の運命は!

 ぶっ飛んだ人々が江戸の街で繰り広げる爆笑につぐ爆笑のミュージカル。なんの準備もいりません、みなさんも肩の力を抜いてお楽しみください。


目線をいただいちゃいました♪



【公演情報】
ブロードウェイ・ミュージカル『コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》』
2017年3月4日(土)-28日(火)新橋演舞場(おけぴ劇場map
2017年4月2日(日)-25日(火)大阪松竹座(おけぴ劇場map

演出・上演台本・訳詞:宮本亜門
作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
脚本:バート・シェヴラヴ&ラリー・ゲルバート

出演:
片岡愛之助
内博貴

平野綾 ダイアモンド☆ユカイ 上山竜治(ダブルキャスト・東京公演のみ) 鈴木壮麻(ダブルキャスト)

ルー大柴 徳井優 松田美由紀 高橋ジョージ

伊藤広祥/後藤光葵/澄人/常住富大/広瀬斗史輝/森内翔大/
大内慶子/大西絢子/小澤可依/咲良/NAMImonroe/福田あり紗

あらすじ:
お江戸の街に並ぶ3軒の家。
ひとつは薬問屋の布袋屋楽右衛門(高橋ジョージ)の家。女将のお高(松田美由紀)、息子の比呂(内博貴)、丁稚頭の金吉(ルー大柴)、そして比呂付きの丁稚の丁吉(片岡愛之助)が住んでいる。
もうひとつは澤野屋(ダイアモンド☆ユカイ)が営む美女を集めた置屋。そしてもうひとつは幼い頃にさらわれた二人の子供を探して放浪中の川端平吉(徳井優)の留守宅。
この物語の主人公、陽気な丁稚の丁吉はいつも自由の身になることを夢見ていた。
ある日彼は、主人の比呂が置屋の新入娘お美津(平野綾)に恋していることを知る。丁吉は、楽右衛門夫妻が旅に出ている間にお美津との仲を取り持てたら自由の身にするという約束を比呂から取り付けた。
だが、実はお美津は侍の荒尾正蔵(鈴木壮麻・上山竜治)に身請けされることが決まっている身。丁吉は置屋の主人を丸め込み、お美津を家に連れ込む。事は上手く運ぶと思われたが、そこに突然一人で帰宅した楽右衛門を、お美津が身請け相手だと勘違い。
楽右衛門は留守にしている川端の家にお美津を誘い込む。
そして、お美津を身請けしに荒尾が現れ、更には放浪の旅から川端も帰宅し、なんと楽右衛門の浮気を疑うお高までもが旅から戻り――――――。
丁吉の仕掛けた策略はとんだ方向に向かってこんがらがり、ドタバタに……さて、丁吉の運命はいかに!?

公演公式サイト

おけぴ取材班:chiaki(撮影・文) 監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

日本初演! ミュージカル『マタ・ハリ』開幕レポート【舞台写真掲載】

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『三文オペラ』開幕!ゲネプロ&囲み取材レポ

『泣いたらアカンで通天閣』稽古場レポート【辻本祐樹さんコメントあり】

渡辺えりさん・キムラ緑子さん“有頂天シリーズ”第2弾!『喜劇 有頂天一座』取材会レポート

【公演NEWS】METライブビューイング2017-18『トスカ』新演出 石丸幹二スペシャルトークイベント開催決定!

Japanese Musical『戯伝写楽 2018』ゲネプロレポート

【公演NEWS】海宝直人率いるシアノタイプが放つ、衝撃のデビュー・シングル『光』

新国立劇場『赤道の下のマクベス』鄭義信さん&池内博之さんインタビュー

宝塚歌劇宙組 シアター・ドラマシティ公演『不滅の棘』開幕レポート

シネマ歌舞伎『京鹿子娘五人道成寺/二人椀久』坂東玉三郎さん取材会レポート

【おけぴ観劇会 開催決定!】ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)