『誰か席に着いて』田辺誠一さん、木村佳乃さん、片桐仁さん、倉科カナさん座談会レポート



 倉持裕さん作・演出の新作舞台『誰か席に着いて』にご出演の田辺誠一さん、木村佳乃さん、片桐仁さん、倉科カナさんの取材会が行われました。(おけぴ製作発表レポはこちら



-作品イントロダクション(HPより)-
芸術家支援の財団。来年の助成対象者の選定に集まった4人の男女。
崇高な芸術。その未来について大いに語ろうではないか――。
ところが、彼らの頭の中は、プライド、嫉妬、嘘、名声、金など、自分の問題で一杯で…。未来どころか目の前の現実で精一杯な大人たちへ贈るコメディドラマ!



──コメディ芝居へのご出演に際に大切にしていること。



田辺誠一さん(製作発表会見より)

田辺さん)
 コメディって難しいですよね。今は倉持さんの脚本と演出に身を任せる。それだけだと思います。たぶんちょこまかせせこましく人の顔色を見ながら動く男なのかな…(笑)。それがお客様には滑稽に映ればいいのかな。




木村佳乃さん(製作発表会見より)

木村さん)
 コメディ舞台は初めてです。普段映像作品を多くやっている者にとっては、舞台はたくさんお稽古ができること、本番(お芝居)を何度も繰り返すということが大変貴重なことに感じます。そこでは、毎日新鮮な気持ちで切り替えてできるかが大事になってくると思います。
 まずはお稽古をしっかりと積んで、倉持さんのイメージ通りに動くということですね!




片桐仁さん(製作発表会見より)


片桐さん)
 僕の場合は、コメディじゃない仕事はやりたくないくらい(笑)。過去に出演した倉持さんの作品も全部コメディ。倉持さんの脚本は、役者が無理に面白くしようとしなくても面白いことになると思うので、あまりアピールし過ぎないように心がけます。




倉科カナさん(製作発表会見より)

倉科さん)
 私もコメディは初めてです。私って本当に人を笑わせるには適していない人間で…。でも、コメディだから笑わせようではなく、一生懸命必死に誠実に生きているからこそ、それが時に面白く見える様なドラマを目指したいと思います。織りなすストーリーの中で会話が面白いとか、芝居で繊細なところもちゃんと表現できたらと思っています。



──まだお稽古前ということで、役作りなどはこれからになると思いますが、製作発表でおっしゃっていたそれぞれの抱える問題。木村さんと倉科さんの間はなかなかスリリングですよね。(姉妹でありながら、妹が姉の夫と浮気?!)

木村さん)
 カナちゃんと姉妹役は初めてですね。それにしても浮気がバレたら大変なことになるでしょうね。


片桐さん)
 そりゃもう!佳乃さんが演じる織江って、お姉さんでありながら家長の風格がありそうですよね。


木村さん)
 設定では二人きりの姉妹ですから、確かに家長的な立場にはなりますよね


倉科さん)
 私(妹の珠子)が一方的に嫉妬しているのかも。妹は結婚・出産後、ダンサーに復帰したいけれどなかなか叶わない中で、姉はバリバリ仕事をしていて。


木村さん)
 でも、実はスランプ中よ。あと、ここ(姉夫婦)には子供がいないんです。そこは私のほうが嫉妬というか…。


片桐さん)
 お互いに見栄の張り合いのようなところもあるのかな。身につまされますね。


── 一方で義理の兄弟となる田辺さんと片桐さんは。

片桐さん)
 田辺さんが義理のお兄さんというのはちょっとうれしいですね。一度ドラマご一緒して。


田辺さん)
 僕が三代目明智小五郎、片桐さんが三代目二十面相という役柄であの時も面白かったですね。


──倉持作品の魅力は。

片桐さん)
 初めて倉持作品に出演した時、稽古中は「お客様に(自分の演技を)面白いと思ってもらえるのかな?」と思っていたんです。それが本番ではたくさんの人に「面白いね!」と言われ。観客が見た面白さというのを身をもって感じました。物事をとらえる視点が面白い方なので、今回も倉持さんが描く夫婦、芸術家をしっかりと体現したいと思います。


田辺さん)
 倉持さんの作品って“品”がありますよね。観ていてクスッとするところをみんなで共有できる。かといって「面白いでしょ」と押しつけがましくもない。
 客席も役者のことも、直火というよりIHで全体的に温めてくれる感じ(笑)。伝わるかな…。


木村さん)
 そうそう。加えてお客さんに媚びていない。洗練されているんです。だから演劇好きの方はもちろん、演劇を普段はあまり観ない方も楽しめるんです。


片桐さん)
 そうやって演劇の可能性を広げてくれていますよね。


倉科さん)
 言葉のチョイスが素晴らしいので、観る度に響く言葉が違う。私は、「はい、笑ってください」というお芝居が得意ではない、倉持さんのちょっと毒のある、でも主張し過ぎない笑いの感じが好きです。


──11月23日には福岡・久留米シティプラザでの公演があります。楽しみにしていることは?(久留米から取材クルーがいらしていました!)

田辺さん)
 公演以外にというと、やはり食べ物ですね!ラーメン!豚骨大好きです。


 田辺さんの発言を機に、焼き鳥、もつ鍋などなど食べ物談義に花が咲くのですが、餃子も有名とのこと!

木村さん)
 餃子もね、みんなで食べれば(臭いも)怖くない!


片桐さん)
 はい、一蓮托生です。


一同)
 笑!!!

 笑いいっぱいの座談会。すでにみなさんのチームワークはバッチリです!
 どんな人間ドラマが繰り広げられるのか、『誰か席について』は11月10日~12日にシアター1010でプレビュー公演、その後、石川、大阪、静岡、福岡、広島と周り、11月28日から日比谷・シアタークリエで上演。さらに新潟、山形、12月17日に福島で大千穐楽を迎えます。



【公演情報】
『誰か席に着いて』
2017年11月28日(火)~12月11日(月)@シアタークリエ
チケット好評発売中
<プレビュー公演>11月10(金)~12日(日)@シアター1010
<全国ツアー>
11月15日(水) 金沢 本多の森ホール
11月18日(土)~19日(日) 大阪 サンケイホールブリーゼ
11月21日(火) 静岡 浜松市浜北文化センター  
11月23日(木・祝) 福岡 久留米シティプラザ
11月25日(土) 広島 はつかいち文化ホール
12月13日(水) 新潟 上越文化会館
12月15日(金) 山形 やまぎんホール
12月17日(日) 福島 とうほう・みんなの文化センター

<スタッフ>
作・演出:倉持 裕

<キャスト>
田辺誠一、木村佳乃、片桐仁、倉科カナ
福田転球、富山えり子

公演HPはこちらから

おけぴ取材班:chiaki(撮影・文) 監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

おけぴ観劇会御礼♪ ミュージカル『レディベス』七人の騎士特集!

★日本初上陸★ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』浦井健治さん&城田優さん取材会レポート

新国立劇場2017/2018シーズン オープニング・バレエ公演【新制作】『くるみ割り人形』主役リハーサル特別公開レポート

【公演NEWS】『TERROR テロ』シーラッハ(作)×森新太郎(演出)×橋爪功…そして観客のあなた

ミュージカル『HEADS UP !』製作発表レポート

『成河トークイベント』レポート

ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』開幕レポート【感想コメント到着♪】

【公演NEWS】新国立劇場 『トロイ戦争は起こらない』開幕!

『黒蜥蜴』製作発表レポート~ランウェイ・パフォーマンス「三島由紀夫に捧げるオマージュ」&会見~

ミュージカル『レディ・ベス』小池修一郎さん取材会レポート

『誰か席に着いて』田辺誠一さん、木村佳乃さん、片桐仁さん、倉科カナさん座談会レポート

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)