新国立劇場『赤道の下のマクベス』感想が届きました!




 マクベスはどうして王を殺したのか…死に直面した主人公ナムソンが劇中で出す答えとは。連日、魂のこもった芝居に泣いたり、笑ったり。時・体験を演劇で共有するような新国立劇場渾身の「記録する演劇」最新作!
 鄭義信さん作・演出『赤道の下のマクベス』、寄せられた感想をご紹介いたします。



「アジア特有のひたすら暑い炎天下、本来ならのどかな景色が見られた場所だったのかもしれません。
 明るくナムソンに生きていてほしいと願うほどに。彼の生きるよろこびがあふれでていて、死刑を待つ身なのに魅力的でした。もっともっと見ていたかったです」

「舞台上の彼等が絞り出して声を出す度に私も息を堪えて、彼等が涙を我慢するのを見ると私も涙を堪えて。彼等と共に、自分もいまそこに立っているかのような、不思議な感覚でした」

「ふざけた会話や笑い声と、すぐ隣の死への恐怖や罪の意識、感情の浮き沈みの激しい物語ですが、それが彼らの存在の現実味を増していたと思います。
 また、その感情の振れ幅が作品のエネルギーにものなっていました。力強い物語が、観客を揺さぶってきたり、締め上げてきたりするのに必死でついていった先に、言葉にしえない思いと、観劇の満足感がありました」


“そこに人間が生きている!”いよいよ開幕!フォトコール&囲み取材レポ

おけぴ稽古場レポートはこちらから

鄭義信さん&池内博之さんインタビューはこちらから


「あんなに悲しい劇中劇を初めてみました。最後のシーンは美しい一枚の絵のようで、望みのようなものを与えてくれる。この先もずっと心に残っていく作品じゃないかと思います」

「暑くむせるような赤道下の刑務所で死刑執行を待つ朝鮮人、日本人のBC級戦犯達。それぞれにのしかかる戦争という過酷で不条理な運命。
 非常に重いテーマですが、鄭さんの演出にはほのかでありながら力強い希望が散りばめられています。極限の状況でも人間らしい時間が流れていたんだなとかんじられました。俳優さん達のエネルギーが炸裂する舞台に心がつかまれます」

「作者の優しさが滲み出る舞台に心が救われた気がします」

「出演者全員に拍手です!全員が本当に生きて、そして本当に死んでいったような気がしました。彼らが自分の罪に向き合う過程で、私も初めてあの戦争が自分の罪として理解できました」

「日本人兵士としてBC戦犯で死刑となった朝鮮人の存在を初めて知りました。朝鮮人3人、日本人3人の死刑囚の息詰まる対立が舞台に展開されます。また緊張の中に散りばめられるギャグが見もの。至高の宴会芸は思わず笑ってしまいました」

 最後に感じるかすかな光、それを大事に大事に持ち帰りたくなる作品です。キャスト9人、魂を削るようにして役を生きています!ぜひ、劇場でご覧いただきたい1本です。


あらすじ
1947年夏、シンガポール、チャンギ刑務所。

死刑囚が収容される監獄・Pホールは、演劇にあこがれ、ぼろぼろになるまでシェイクスピアの『マクベス』を読んでいた朴南星(パク・ナムソン)、戦犯となった自分の身を嘆いてはめそめそ泣く李文平(イ・ムンピョン)、一度無罪で釈放されたにも関わらず、再び捕まり二度目の死刑判決を受けるはめになった金春吉(キム・チュンギル)など朝鮮人の元捕虜監視員と、元日本軍人の山形や黒田、小西など、複雑なメンバーで構成されていた。

BC級戦犯である彼らは、わずかばかりの食料に腹をすかし、時には看守からのリンチを受け、肉体的にも精神的にも熾烈極まる日々を送っていた。

ただただ死刑執行を待つ日々......そして、ついにその日が訪れた時......。

【公演情報】
新国立劇場『赤道の下のマクベス』
2018年3月6日(火)~25日(日)@新国立劇場 小劇場

<スタッフ>
作・演出:鄭 義信
美術:池田ともゆき
照明:笠原俊幸
音楽:久米大作

<出演>
池内博之/浅野雅博/尾上寛之/丸山厚人/平田満
木津誠之/チョウ ヨンホ/岩男海史/中西良介

公演HPはこちらから

おすすめ PICK UP

ミュージカル『あなたの初恋探します』開幕レポート

【公演NEWS】新国立劇場『消えていくなら朝』開幕!~時代をつかむ劇作家・蓬莱竜太と芸術監督・宮田慶子がタッグを組み、「現在」を描き出す~

シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』 くさやを気軽に楽しめる世界初のバー【くさやバー】とタイアップ決定!

【公演NEWS】NTLive × 新国立劇場『誰もいない国』イベントレポート ~ピンターと『誰もいない国』~

バレエダンサー宮尾俊太郎 × MET ライブビューイング オペラとバレエの《ロメオとジュリエット》を語るスペシャルトークイベント開催決定!

ついに開幕!成河さんによる一人芝居『フリー・コミティッド』~ちょっと風変わりな一人芝居?!~

【渋谷天外、高田次郎、藤山扇治郎、久本雅美が意気込みを語る】劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」

ミュージカル『マリー・アントワネット』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『マイ・フェア・レディ』製作発表レポート

道頓堀presentsフードミュージカル『Gotta(ゴッタ)』プレビュー開幕!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)