【公演NEWS】今期の月イチ歌舞伎がついに開幕!『二人藤娘/日本振袖始』中村米吉登壇舞台挨拶開催リポート

  シネマ歌舞伎の特集上映企画《月イチ歌舞伎》が、今期もついに開幕を迎えました。今年で6回目となる《月イチ歌舞伎》の幕開きを飾るのは、坂東玉三郎が主演・編集・監修を務めた『二人藤娘/日本振袖始』。そして今回、この上映を記念して、2本立てのうちの演目の一つ「日本振袖始」に稲田姫役で出演した中村米吉が東劇での舞台挨拶に登壇しました。




 まず、撮影された4年前の舞台のことを、覚えているかと聞かれると
 「覚えてないなんてことはないです!玉三郎さんと『日本振袖始』の稲田姫なんていう大きなお役をさせていただくなんて忘れるわけがありません!」と恐縮して話し始め、「この月は昼の部に出るのかなと思っていたんですが、ある日夜の部の最後に出るらしいと聞いて、考えたら、稲田姫しかないなと。稲田姫をやるなんてびっくりで!それまではほとんど玉三郎のお兄さんと接点がなくて、父と同世代でいらっしゃるので楽屋でご挨拶をする時に「お父ちゃん、元気か?」と声をかけられる程度。本当にびっくりして、すぐお宅に電話したら、「全部私がみるから大丈夫」と。その言葉の通り、一から全部みていただきました。」

 

 「最初の稽古で見ていただいたときに、玉三郎さんから「歌舞伎の家に生まれたんだろ。生まれただけか。」と言われて。そういうスタートでしたから、必死でした。玉三郎さんには本当にいろんなことを教えていただいて、女方の大先輩として厳しく教えてくださるのは本当に有難いことです。でも最後の(玉三郎演じる岩永姫に襲い掛かられる)場面で、僕は海老反りしているからセリが下がったか見えない。玉三郎のお兄さんは見えるので、下がりきったら「もういいよ」って小さい声で教えてくださるんです。演技ですごく怖い顔をしているのに(笑)。」

 当時の自分を映像で観ての感想は、「丸いですよね(笑)食べ甲斐はありそう。」と八岐大蛇の生贄という役どころにからめて話し、「(稲田姫の)こういう髪形は、顔の後ろに髪の毛があるから輪郭がはっきり出るんです。こちら(ポスターの「二人藤娘」の玉三郎さん)は、髪があがっているから後ろが抜けている。(稲田姫は)輪郭がはっきり見える分、太って見えるんですよ!ラスベガスで上演した「鯉つかみ」も同じ頭で、客席が遠いから、なるだけ顔が大きく見えるように合わせたら、テレビで舞台の映像が放送された後、観る人みんなから「ラスベガス観たよ、太った?」って言われて(笑)。」と言い訳がましい(?)エピソードも披露。





 作品については、「「二人藤娘」も「日本振袖始」も、玉三郎さんが主演で、監修もなさって、編集やすべてをご覧になっているわけですから、まさにキャッチコピーの“シネマで迫る”という言葉通り、自分が主演でよくわかってらっしゃる舞台を、ただ撮影しただけでなく、創り上げられた映画です。もちろん皆様の好きなような視点で観て頂けるのが生で舞台を観る醍醐味ではありますが、こうやって観ると素晴らしく良く観えるはずだというのをご存知の方が編集をしているわけですから、やはりそれは見どころだと思います。テレビの舞台中継はテレビのスタッフの人がカット割をするわけですよね。それとは違って、やってる本人がカット割りをしているわけだからそれってやっぱりすごいことですよ。」とシネマ歌舞伎の魅力も語りました。

 最後には「昨年の10月に『沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)』でもご一緒しました。そしてなんとこれが来年の1月にシネマ歌舞伎になるんですよ!来年の1月公開ですので、ぜひ皆さまお運びくださいますようお願いいたします。」と自身も出演する今後の作品の宣伝も。



 フォトセッションでは、歌舞伎にゃんばさだーとして《月イチ歌舞伎》を応援するキャラクター、かぶきにゃんたろうと一緒に記念撮影をし、大盛況のうちに終了となりました。



月イチ歌舞伎とは?

歌舞伎の舞台を撮影し、高画質、高音質で上映するシネマ歌舞伎。俳優の熱演、芝居小屋の雰囲気を迫力・臨場感たっぷりにお楽しみいただけます。
《月イチ歌舞伎》では、シネマ歌舞伎を毎月1 週間ずつ(新作は3 週間)上映します。


月イチ歌舞伎(2018)上映ラインアップ
5月12 日(土)~5 月18 日(金)『二人藤娘/日本振袖始』 〈Ⅱ本立て〉
6月9 日(土)~6 月29 日(金)新作『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』
7月7 日(土)~7 月13 日(金)『刺青奇偶』
8月11 日(土)~8 月17 日(金)『大江戸りびんぐでっど』
9月22 日(土)~9 月28 日(金)『海神別荘』
10月13 日(土)~10 月19 日(金)『法界坊』
11月10 日(土)~11 月16 日(金)『ふるあめりかに袖はぬらさじ』
12月29 日(土)~2019 年1 月4 日(金)『野田版 鼠小僧』※東劇(東京) なんばパークスシネマ(大阪)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)では12/22~の2週上映
2019 年1月12 日(土)~2 月1 日(金) 新作『沓手鳥孤城落月/楊貴妃』〈2本立て〉

この記事は公演主催者からの提供により、おけぴネットが製作しました

おすすめ PICK UP

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)