オリジナルの力!ミュージカル『Indigo Tomato』観劇レポート




特別な誰かの話じゃない、これは私たちの物語♪


 キャスト5人が紡ぐ、オリジナルミュージカル『Indigo Tomato』(作・演出:小林香さん、音楽:堀倉彰さん)が博品館劇場で産声を上げました♪ オリジナル小作品ミュージカル……好きがいっぱい詰まった公演の様子をレポート。



前列左より)平間壮一さん、大山真志さん
後列左より)溝口琢矢さん、安藤聖さん、剣幸さん(Wキャスト)

 物語は、サヴァン症候群で“共感覚”をもつ青年タカシ(平間壮一さん)と弟マモル(溝口琢矢さん)を軸に展開します。タカシは、数字や記憶に突出した能力をもち、コミュニケーションは苦手。もっと外の世界と関わるようにと言われているのだけれど、なかなか……。マモルがバイトをして兄弟の生活を支えている。(共感覚:数字や音が色や質感などを伴ってとらえられる)
 そんなタカシは植物公園のカフェの新入り店員あやちゃん(安藤聖さん)が作るトマトジュースが大好き!毎日10時01分にトマトジュースを美味しそうに飲むタカシに、あやも興味津々。思い切って聞いてみると、なぜってそれは「好きだから」

 「そっかー、好きなんだ」と受け入れるあやちゃん、イイ!色眼鏡で見ない人、イイ!

 そんな公園に人気クイズ番組の司会者ユーゴ・オブライエン(大山真志さん)が脳科学者の高野先生(剣幸さん、彩吹真央さんのWキャスト)を伴ってやってきて、タカシは才能を見いだされクイズ番組への出演を持ちかけられる。最初は拒むタカシだが……。

 そこから先は観てのお楽しみ♪ もちろん描かれるのは“楽しい”だけではありません、それでも観てのお楽しみ♪なのです。デリケートな問題も、とても真摯に向き合っている。そんな作品の生みの親、作・演出は小林香さん(シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』総合演出、『ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』訳詞・演出など おけぴ関連レポ)。
 小林さんによって、あて書で書かれたキャラクター一人ひとりが本当に愛おしい。そして、俳優さんたちが脚本に書かれたキャラクターをそこに生きる“人間”として立ち上げています。



 タカシという青年は、平間さんだからこそ“あのタカシ”になり、マモルも溝口さんだからこそ、あやもユーゴも、いくつもの役を演じ分ける剣さん、彩吹さんも、それぞれの魅力で役を生きています。そうやってキャラクターと俳優が二人三脚でたどり着いたからこその“力”。さらにその人々が出会い、互いに影響を与えあう。そのキラメキが美しい!

 平間さんはダンスの名手という印象が強かったのですが、役を身体に落とし込み、その人として生きる、表現の名手なのですね。タカシの世界、そこで心が解き放たれた歌声の確かさ、現実世界での居心地の悪そうな声や動き、そのすべてがリアル。

 溝口さんは背負ってきたものの大きさを感じさせるマモルです。そのスマートな容姿からは想像できないくらいの骨太な芝居と歌に、マモルに幸あれ!という感情が自然にわき上がりました。マモル役を離れたとき、終盤の「お前は無理」と襲い掛かる動きの圧、満面の笑みで歌い踊る軽やかさ……いろんな魅力を見せてくれます。

 安藤さんのあやは本当にステキ。タカシが出会う外の世界の人であるとともに、タカシが自分の世界へ招き入れる人でもある。そんな特別な人。“共有”することの美しさがそこにありました。ナインナイン♪あのシーン大好き!!歌います!踊ります!最高にミュージカルですね~!

 ユーゴ・オブライエンの大山さんはトランプのカードの4つの振りが最高(ってそれだけではないのですが・笑)。随所でタカシに生理的に嫌われる(失礼)ところのリアクションも何とも言えずイイ!ドンマイッ!どこか憎めないユーゴなのです。ほかにも道行く人などさまざまな役で登場しますが、正直、どう見ても“ユーゴ役の人”なんですよね(笑)。でも、それも含めて微笑ましい。客席との共犯関係を成立させる、それも小作品の魅力です。




 剣さんと彩吹さんのダブルキャストとなる高野先生ほか…は、まず物理的にも大変!!2時間ノンストップの中で、くるくると変わるキャラクター。さらにはアンサンブルのようなところも担い、数字も図形も絵も描く!
 さらに演じる5つの役、すべてが個性的で象徴的。なんて言うか……剣さん・彩吹さんという存在自体がキーパーソンなのです。役どころの詳細は控えますが、どの役も際立って見えるのは、おふたりの人間力の大きさなのだろうな~。そんなことを思いました。ローズさんの強さに共感!

 最初、サヴァン症候群の青年の物語と聞いたときは、“特別な誰かの話”なのかなと思いました。でも、観劇後に心に残ったのは、日々、なにか抱えながらも頑張っている(自分で言ってしまいました・笑)私たちの話なのだということ。日本のオリジナルミュージカルの底力、恐るべし!思わず口ずさんでいる楽曲(クラーキーさんこと、堀倉彰さん)の心への浸透力も、舞台美術や照明の状況説明を超えた、物語世界の可視化という効果。それぞれのピースがカチッとハマった優しさあふれる作品をお見逃しなく。東京公演は5月30日まで、大阪公演は6月9日、10日にサンケイホールブリーゼにて!


 10時01分、今日もタカシはトマトジュースを飲んでいるのかなぁ~。



【公演情報】
Coloring Musical『Indigo Tomato』
2018年5月23日(水)~30日(水)@博品館劇場
2018年6月9日(土)、10日(日)@サンケイホールブリーゼ

<スタッフ>
作・演出:小林香
音楽:堀倉彰

<キャスト>
平間壮一 溝口琢矢 大山真志 安藤聖 剣幸 彩吹真央

公演HPはこちらから

舞台写真提供:atlas
おけぴ取材班:chiaki(取材・文) 監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』市川染五郎さん&市川團子さんご登壇 「父の日」舞台挨拶レポ

【公演NEWS】世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎プロデュース企画MANSAI◉解体新書 その弐拾八 出演者決定!

堂本光一さんと井上芳雄さん、2人のトップランナーの願いが帝国劇場で結実!ミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』製作発表レポート

【三越劇場にて上演中!】6月花形新派公演『黒蜥蜴―全美版―』出演者コメント&会員感想コメントが届きました!

【公演NEWS】新国立劇場『夢の裂け目』開幕~まさに、私たちが今、向き合うべき「記憶についての劇」~(栗山民也さん)

【渋谷天外、高田次郎、藤山扇治郎、久本雅美が意気込みを語る】劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」

ミュージカル『マリー・アントワネット』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『マイ・フェア・レディ』製作発表レポート

南座 新開場記念2018~2019公演ラインナップ発表!

道頓堀presentsフードミュージカル『Gotta(ゴッタ)』プレビュー開幕!

ミュージカル『シークレット・ガーデン』おけぴ観劇会 開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)