2014/08/01 宝塚歌劇月組シアター・ドラマシティ公演 『THE KINGDOM』公開舞台稽古レポート


ダブル主演を果たした月組同期コンビ
凪七瑠海さん(写真右)と美弥るりかさん(写真左)
東京・日本青年館公演に続いていよいよ幕を開けた、宝塚歌劇月組シアター・ドラマシティ公演『THE KINGDOM』。大阪公演初日に先駆けて行われた舞台稽古の様子をお伝えいたします!

月組期待の男役スターふたりがダブル主演する本公演は、昨年に月組大劇場公演として上演されたミュージカル『ルパン-ARSÈNE LUPIN-』のスピンオフ作品。

歌劇のイメージをひとひねりした、ハードボイルドな作風に定評ある正塚晴彦氏が書き下ろしたのは、『ルパン-ARSÈNE LUPIN-』作中に登場した人物、ドナルド・ドーソン(凪七瑠海さん)とヘアフォール伯爵(美弥るりかさん)の若き日の物語です。

…といっても、直接『ルパン』の世界につながるわけではなく、“あの登場人物にはこんな過去があったんだ! (だから…)” という楽しみ方もできる、というくらいの関連性ですので、前作を観ていない方もご安心を。
(これぞ、まさしくスピンオフ作品の醍醐味! )

正塚作品らしい美学に彩られた粋な展開をみせるストーリーは、主人公ふたりだけではなく、さまざまな立場の人物をクールにそしてどこか優しいまなざしで描いていきます。


写真手前:サーシャ役の早乙女わかばさん
写真右奥は暁千星さん
学生時代最後の夏休みに偶然出会った青年ドナルドと、伯爵家の次男パーシバル・ヘアフォール、そしてロマノフ家に繋がる血筋のロシア人留学生サーシャ(早乙女わかばさん)。

爽やかな初恋の記憶を残して、それぞれの道に進んだ彼らですが、英国そしてロシアが迎えた激動の時代を背景に、運命が彼らを再び引き寄せます。

恋愛の三角関係にのめり込まないキャラクター設定、物語の展開がいかにも正塚作品らしく、また主役を演じるおふたりが、そのテイストをよく理解して演じているのがさすが!
一度演じた役、その過去を再び演じるからこそ生まれる深み。これもやはりスピンオフ作品だからこその味わいなのでしょうか。

熱くなりすぎず軽妙に男の美学を演じる凪七瑠海さんと、貴族的な優しさと強さを感じさせた美弥るりかさん。
それぞれ宙組・星組から移動してきて、今ではすっかりこれからの月組に欠かせない男役スターの地位を担うようになったおふたり。
スラっとしたビジュアルはもちろん、男役としての演技にもますます磨きがかかり、個性の違いもくっきりと出てきたおふたりのこれからの共演も楽しみです。

サーシャ役を演じるのは、美弥さんと同じく星組から組替えとなり、この作品が月組生としてのデビューとなる娘役・早乙女わかばさん。
貴族として生まれた自らの立場を理解し、その責務を果たそうとするサーシャ役を凛とした立ち姿でみせてくれました。信念を持った美しく強いヒロイン像が新鮮!

写真左:危険な匂いを感じるイワノフ役の紫門ゆりやさん
写真右:情報部員として男たち以上に腕の立つジェニファー役の海乃美月さん
このサーシャ役をはじめ、主役ふたり以外にもスポットがあたるのもこの作品の嬉しいポイント。

英国の情報部員となって働くドーソンの同僚・ジェニファーを演じる海乃美月さんは、気が強く威勢のよい中に時折見える心の揺れを的確に表現してお見事!フィナーレでも凪七さんと組んで切れの良いデュエットダンスをみせてくれました。

爽やかで高貴な役のイメージが強かった紫門ゆりやさんがみせる色悪っぷりは、客席で心奪われる方が続出する予感…。
紫門さん演じる亡命ロシア人・イワノフが起こした事件が物語を急展開させていきます。

写真右:芝居巧者ぶりをみせてくれた鳳月杏さん 写真左は蓮つかささん
ドーソンの上司である情報部部長を演じるのは、今年いっぱいで花組への組み替えが発表されている鳳月杏さん。
これまでも学年に似合わぬ色気を感じさせる男役ぶりでしたが、今回はなんと髭をつけての中年役。飄々としたコメディ演技の中にふっとみせる冷酷な表情…怖いです! うまいです! これからどんな男役像をみせてくれるのか期待が膨らむ好演でした。

そして2012年に初舞台を踏んだばかりの若手ながら抜擢の続く暁千星さん。
これまでは若さ、可愛らしさが全面に出た役が多かったのですが、今回はサーシャのお目付け役というひたすら抑えた演技が続く役柄。後半の見せ場で一瞬だけみせる熱さに注目ですよ!

そして! おけぴスタッフ的 MVP は、この公演の長として座組をまとめた憧花ゆりのさん。
その巧さはいまさら言うまでもないほどですが、今回は特に物語の謎、そして前作『ルパン-ARSÈNE LUPIN-』へとつながる鍵をにぎる役柄で、登場シーンは少ないながら舞台をビシッと引き締める存在感をみせてくれました。






それぞれの立場で、それぞれの信念を持って生きる人々を、いくつかの事件・謎解きとあわせて描く『THE KINGDOM』。

台詞から流れるようにつながる歌や、ふんだんに盛り込まれたダンス・群衆シーン、シンプルながら効果的な動きを見せる舞台セット、そしてもちろん自然体のようでいて現実世界には絶対にいない(!)、絶妙なかっこよさを持つ “正塚キャラクター” 。

その全てが絡みあい、幕が下りたあとにひろがる一枚の絵のような光景。
バラバラに思えたシーン、台詞がふっとつながる瞬間の快感をぜひ劇場で味わってください!

宝塚歌劇月組シアタードラマシティ公演『THE KINGDOM』は8月10日まで上演中。

千秋楽を除く各公演では、ドースン&ヘアフォール伯爵姿の公演オリジナルキューピーが当たる抽選会も開催されます。
公演詳細はこちら

月組若手パワーを感じる意欲作『THE KINGDOM』、お見逃しなく!!


【公演情報】
宝塚歌劇月組シアター・ドラマシティ公演『THE KINGDOM』
2014年8月2日-10日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

出演:凪七瑠海/美弥るりか/他、宝塚歌劇団月組

梅田芸術劇場HP
公演詳細



おけぴ取材班:mamiko(撮影/文)  監修:おけぴ管理人






おすすめ PICK UP

ミュージカル『グレート・ギャツビー』稽古場レポート

ミュージカル『ビューティフル』製作発表レポート

ミュージカル『RENT』おけぴ観劇会決定!

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演関連レポご紹介!

<感想追記4/26>【公演NEWS】新国立劇場『城塞』が開幕!山西惇さんからのコメントが届きました。

【公演NEWS】『美女と野獣』の世界展開催(三越伊勢丹)

『明治座五月花形歌舞伎』片岡愛之助さん取材会レポート

ミュージカル『RENT』2017 製作発表レポ<コメント編>

ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』ゲネプロレポート

ミュージカル『王家の紋章』初日前日囲み取材レポ

【ただいま上演中!】『コメディ・トゥナイト!』大阪公演観劇レポート

瀬奈じゅんさん&東山義久さん&小野武彦さん競演『エジソン最後の発明』開幕レポートが届きました!

『明治座 五月花形歌舞伎』制作発表会見レポート

ミュージカル『キューティ・ブロンド』観劇レポ!

大阪松竹座新築開場二十周年記念『五月花形歌舞伎』猿之助さん、勘九郎さん、七之助さん取材会レポート

ミュージカル『ビューティフル』おけぴ観劇会決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)