2014/11/01 明治座 十一月花形歌舞伎『市川猿之助奮闘連続公演』公開稽古レポ

この秋話題の『市川猿之助奮闘連続公演』
新橋演舞場から明治座に劇場を移して、連日絶賛上演中です。
初日を目前にした公開舞台稽古におじゃましてきました。




この日披露されたのは、昼に上演される2演目のうちのひとつ『夏姿女團七(なつすがたおんなだんしち)』。上方歌舞伎の代表作で、これまでに数多くの名優たちが演じてきたあの傑作『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』。その舞台を大阪から江戸に移し、おもな登場人物を男から女に書きかえてみたら? という、発想からして実に面白いお芝居です。
昔の人が考えた一種のパロディともいえるでしょう。
主役はもちろん、市川猿之助さん。オリジナルの男くさく凄絶な團七の世界が「女性版」「猿之助版」ではどう描かれるのか? 開幕前からワクワクです。



序幕は柳橋草加屋の場。
かけおちカップルの清七とおはつのもとに、突然、見ず知らずの老お局様がやってきて、おはつを姫君と呼びます。「あなた様はもとをただせばお大名家のお嬢様。私と一緒に屋敷に参りましょう」。でもなんだか怪しい感じ。連れて行かれて大丈夫?



まさにそのとき「あ~もし、ちょっと待ってくだしゃんせ~な」の台詞とともに現れたのが、タイトルロールの團七縞のお梶(猿之助さん)
思わず“澤瀉屋っ”と掛け声をかけたくなるような粋な姐さん、艶姿。最近は‘人間以外の役‘を演じることも多い猿之助さんですが、もともと女方が得意。すっきりとした美しさが目に沁みます。



お大名家のお局様とは真っ赤な嘘、義理の娘でもあるお梶に正体を見破られたおとら婆さんは、悪態をついて去っていきます。名優・阪東竹三郎さん演じるおとら婆さんの笑いを誘うほどの憎々しさも、このお芝居の大きな見どころのひとつ。

つづく二幕目 両国橋橋詰錨床の場は、うっとりするほど美しく、かつ痛快で、その上ユーモラスな見せ場のてんこ盛り。



芸者お梶と一寸お辰。気風のいい女同士の、惚れ惚れするような達引きがあったり。




そこに割ってはいる釣船の三婦親方、市川猿弥さんの面白い台詞があったり。ムードメーカーの猿弥さん、どんなアドリブかは当日のお楽しみ。



人気芸者のお梶姐さん。芸は芸でも武芸の達人。男勝りの啖呵をきって、胸のすくような活躍があったり。



それにしても一寸お辰を演じる市川春猿さんのこの色気。まるで絵から抜け出たようですね。

そして大詰 浜町河岸の場

團七の物語といったら、最大の見せ場は雨と泥にまみれた舅殺し。
継母おとらVSお梶の戦いも、女同士といえどいっさい容赦はありません。



恩ある清七を助けようと追ってきたお梶を、ねちねちといじめるおとら婆さん。



義理とはいえども育ての親。性悪おとらのしつこい挑発に、なんとか耐えようとするお梶ですが、ついには堪忍袋の尾が切れて……


おりから振り出した大雨のなか、やるかやられるかの壮絶なバトルに発展!
客席にも飛び散る水しぶき。これは前方のお席は確実に要注意です。
本水使った舞台の迫力、名優ふたりの渾身の名場面。稽古といえども本番さながら、手抜きなしのお2人の熱演にぐいぐい引き込まれてしまいました。この続きはぜひ劇場で! 

ちなみに大詰めの舞台になった浜町河岸とは、まさに明治座がある界隈。
不思議な縁を感じます。

本公演としては、実に56年ぶりの上演となった『夏姿女團七』
わかりやすいストーリー、華やかな見せ場の連続、猿之助さんの粋な女方の圧倒的な魅力、本水を使ったスペクタクル性がみごとにミックスされています。歌舞伎好き、猿之助さんファンはもちろんのこと、「歌舞伎は興味あるけどみたことがない」「敷居が高いと思ってたけど一度見てみようかな」「TVで見ている猿之助さんの歌舞伎姿を生で見たい」と思っているビギナーさんにも、おすすめの演目といえるでしょう。いま乗りに乗っている市川猿之助さんが演じるレアで美しい“女版團七”をどうぞお見逃しなく。




これが本当のチェックポイント!?
ヒロインが着ている鮮やかなオレンジ色のチェックの着物。またずいぶんモダンなデザインだな、と思った方も多いのでは? 
これは團七縞といって、もともとは『夏祭浪花鑑』の主人公、團七が着た衣装。團七人気をうけ、当時ちまたでも大流行したそうです。『夏姿女團七』のヒロイン、團七縞のお梶ももちろん、この衣装を着用。女だてらに脇差さしたその姿は「粋」の一言です。


【11月明治座・昼の部】
一、新歌舞伎十八番の内 『高時(たかとき)』
市川右近/市川猿弥/市川弘太郎/市川寿猿/市川笑也
二、『夏姿女團七(なつすがたおんなだんしち)』
市川猿之助/市川門之助/尾上右近/市川春猿/市川猿弥/坂東竹三郎

~プチ解説
上方歌舞伎の代表作『夏祭浪花鑑』の舞台を
大阪から東京に移し、おもだった登場人物も男から女に書き換えた傑作!
明治座界隈を舞台に、猿之助が気風のよい芸者お梶を勤めます!

【11月明治座・夜の部】
『四天王楓江戸粧(してんのうもみじのえどぐま)』
市川猿之助/市川右近/市川笑也/市川猿弥/市川團子/市川笑三郎
市川春猿/市川寿猿/市川弘太郎/尾上右近/坂東亀三郎/坂東竹三郎
市川門之助/片岡秀太郎

~プチ解説
宙乗りや早替りをはじめ劇空間を駆使した新たな構成により上演。
源頼光と四天王らによる、平将門の残党の謀反討伐を主軸に据え、
狐や蜘蛛の物語を織り交ぜた鶴屋南北の奇想天外な大作の四役に猿之助が挑みます!

【公演情報】
市川猿之助奮闘連続公演
明治座 十一月花形歌舞伎
2014年11月1日(土)~25日(火)

演目見どころは公式HPにてご確認ください。
明治座 十一月花形歌舞伎


おけぴ取材班:mochi(撮影・文)監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

ミュージカル『マディソン郡の橋』おけぴ観劇会 開催決定!

【公演NEWS】2018年2月“あの男たち”が、Bunkamuraオーチャードホールに立つ! cube三銃士『Mon STARS Concert ~Again~』開催決定!!

『成河さんインタビュー 2017晩秋』人間風車とこれから…

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 開幕!

第1回 フランチャコルタ イタリア アワード授賞式レポート~鈴木保奈美さん(味わい深い大人の女性)、中川晃教さん(フレッシュな男性)、徳岡邦夫さん(特別賞)~

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』開幕レポート~栗山民也さん&キャストコメント&舞台写真&感想が届きました~

新国立劇場『プライムたちの夜』開幕レポート~舞台写真&感想~

【公演NEWS&観劇プチレポ】ナイロン100℃ 44th SESSION 『ちょっと、まってください』開幕!

おけぴ観劇会御礼♪ ミュージカル『レディベス』七人の騎士特集!

★日本初上陸★ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』浦井健治さん&城田優さん取材会レポート

【公演NEWS】『TERROR テロ』シーラッハ(作)×森新太郎(演出)×橋爪功…そして観客のあなた

ミュージカル『HEADS UP !』製作発表レポート

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)