2015/03/17 「レ・ミゼラブル×帝劇 のどじまん・思い出じまん大会」レポ

新演出版の初演から2年、いよいよ開幕が近づいた2015年の「レ・ミゼラブル」!

世代を越えてますますたくさんの人々に愛される、ミュージカル作品の金字塔とも呼べるこの作品。
今年はロンドン初演(1985年)から30周年のメモリアル・イヤーということもあり、「ファンの方たち自身がパフォーマンスする場を」と、去る3月17日に「レ・ミゼラブル×帝劇 のどじまん・思い出じまん大会」が開催されました!

なんでも、帝国劇場の舞台で一般の方がパフォーマンスを披露するのは、開場以来104年の歴史で初の出来事なのだとか。

そんな貴重な機会に、「我こそは」と手を挙げたのは、3歳(!)から74歳(!!)まで、なんと1823組のレミゼファン!中にはアメリカ、韓国、ドバイなど海外からの応募もあったそうです。
(ちなみに応募の多かった楽曲BEST3は、1.「夢やぶれて」2.「オン・マイ・オウン」3.「民衆の歌」だったとか)


司会はおなじみ、森公美子さんと駒田一さん。舞台のみならず、
数々のレミゼ関連イベントでも司会コンビを組んできただけに、息もピッタリ。

当日晴れて帝国劇場の舞台に立ったのは、1次審査、2次審査を経て選ばれた25組の皆さん。
歌のみならず、今回のイベントに賭ける思いや、発想の面白さ、熱意などを加味して選ばれたファイナリストは、個性豊かな面々となりました。
それにしても、「のどじまん」というゆる〜いタイトルに反して、なんと狭き門なのでしょうか(笑)

それでは、美声を披露されたファイナリストの中から、受賞者の方々と、おけぴ的注目の方々をご紹介!


受賞された方々

優勝したのは、「ワン・デイ・モア」を歌った東京芸大・芸大院生のグループ「スロイ歌劇団」の皆さん。
普段は声楽家として活動しているそうですが、友人の結婚披露宴で「レミゼ」を披露してやみつきになったのだとか。
圧巻の歌唱力とアンサンブルは、さすが、の一言!


スロイ歌劇団のみなさん

読売新聞社賞は、「星よ」を歌った芸大生、竹内將人さん。
甘いマスクと観客の皆さんも納得の渋い声で、堂々ミュージカル俳優への扉を開きました!!


竹内將人さん

パフォーマンス賞は、「一日の終わり」をキレのよい振り付きで披露した「ホット・ジェネレーション」の皆さん。
障がいの有無を越えて、皆でオリジナルミュージカルを作っている団体とのこと。子どもたちの熱演が光りました!



ホット・ジェネレーションの皆さん

思い出じまん賞は、お母様のピアノ伴奏で「オン・マイ・オウン」を歌った医大生、小野寺奏さん。
小学生の頃、交通事故に遭い、後遺症に悩まされながらも、大検を経て医学部に入学した頑張り屋さんです。


小野寺奏さん

おけぴ的注目の方々!!

清水章敬さんは、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、韓国語、そして日本語の計六カ国語で「ワンデイモア」を熱唱。
外国語はまったく喋れないながらも、国旗を掲げながら言葉を自在に切り替えての熱唱に、会場も大興奮!
おけぴ的「ユニークで賞」を差し上げたい♪


清水章敬さん

松崎莉沙さんとお父様の和弘さんが披露したのは「プリュメ街」。
ミュージカル女優をめざす娘さんのためにと、ヒゲとカツラでバルジャンに扮装して登場した和弘さん。途中でマリウスに大変身して「親子」から「恋人同士」に(笑)。
夢に向かって羽ばたこうとする娘さん、そしてその夢を優しく後押しするお父様の気持ちが伝わってくる名演でした!

*公開時に松崎さんのお名前が間違っておりました。お詫びして訂正いたします。(3/30)


松崎莉沙さん


松崎和弘さん

サプライズで登場、「星よ」を披露したフジテレビアナウンサーの軽部真一さん。
「フジテレビ衣装部完全協力(ご本人談)」の衣装に、オリジナルのもみあげ、といういでたち。「レミゼ愛」たっぷりにジャベールの名ナンバーを歌いあげました。


軽部真一さん


感想を話す吉原光夫さん、福井晶一さん


ヤン・ジュンモさん

ファイナリストたちのパフォーマンスが終わった後、レ・ミゼラブルの出演者75人がステージに登場して「ワン・デイ・モア」を披露すると会場は大盛り上がり! そして最後に今日のファイナリストと出演者、観客が全員で「民衆の歌」を歌ってお開きになりました。


2000人の歌声が帝劇にこだまする!

「民衆の歌」「夢やぶれて」「オン・マイ・オウン」などの代表曲のみならず、「星よ」「彼を帰して」「独白」「カフェソング」……等々、どの曲をとっても名曲ぞろいの稀有なミュージカル、「レ・ミゼラブル」。

それぞれの曲が発するメッセージは多種多様で、どんな人でも、どこかのフレーズに自らの人生を重ね合わせることができる──そんな“懐の深さ”が、これだけたくさんの人をとらえて離さない魅力なのかもしれませんね。

ファイナリストの皆さん、そして観客のみなさんの「レミゼ愛」に圧倒された3時間、本公演の開幕がますます楽しみになるイベントでした♪


受賞者の皆さんと司会の森さん、駒田さん

【おけぴ関連情報】

★おけぴミュージカル『レ・ミゼラブル』おけぴ キャスト組み合わせ検索ページ
★「レ・ミゼラブル×帝劇 のどじまん・思い出じまん大会」レポ
★おけぴミュージカル『レ・ミゼラブル』2015製作発表レポ
★ミュージカル『レ・ミゼラブル』2015おけぴ観劇会のお知らせ※たくさんのお申込みありがとうございました
★ミュージカル『レ・ミゼラブル』福井晶一さん・吉原光夫さん・ヤン・ジュンモさん“3バルジャンインタビュー”
★『レ・ミゼラブル』2015製作発表おけぴフォトギャラリー

【公演情報】
ミュージカル『レ・ミゼラブル』
2015年4月13日(月)~16日(木)プレビュー公演
【東京公演】2015年4月17日(金)~6月1日(月)@帝国劇場
【名古屋公演】6月@中日劇場
【福岡公演】7月@博多座
【大阪公演】8月@梅田芸術劇場
【富山公演】9月@オーバード・ホール
【静岡公演】9月@静岡市清水文化会館 マリナート

<スタッフ>
作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
原作:ヴィクトル・ユゴー
作詞:ハーバート・クレッツマー
オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
演出:ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル
翻訳:酒井洋子
訳詞:岩谷時子

<キャスト>
【ジャン・バルジャン】
福井晶一/吉原光夫/ヤン・ジュンモ
【ジャベール】
川口竜也/吉原光夫/岸 祐二/鎌田誠樹
【ファンテーヌ】
知念里奈/和音美桜/里アンナ
【エポニーヌ】
笹本玲奈/昆夏美/平野綾/綿引さやか
【コゼット】
若井久美子/磯貝レイナ/清水彩花
【マリウス】
原田優一/田村良太/海宝直人
【テナルディエ】
駒田一/KENTARO/萬谷法英
【マダム・テナルディエ】
森公美子/浦嶋りんこ/谷口ゆうな
【アンジョルラス】
上原理生/野島直人/上山竜治

【男性アンサンブル】
安部三博/石飛幸治/伊藤潤一郎/上野哲也/宇部洋之/大津裕哉/鎌田誠樹
川島大典/神田恭兵/菊地まさはる/北村がく/櫻井太郎/篠田裕介/杉山有大
高舛裕一/田村雄一/丹宗立峰/照井裕隆/土倉有貴/中西勝之/西川大貴
原慎一郎/日浦眞矩/藤田光之/萬谷法英/持木悠/森山大輔/立崇なおと
【女性アンサンブル】
浅野実奈子/池谷祐子/石田佳名子/王子菜摘子/吉川恭子/児玉奈々子/小南満佑子
島田彩/中西彩加/華花/般若愛実/廣野有紀/藤咲みどり/穂積由香
本田育代/松本ほなみ/三森千愛/三戸亜耶/柳本奈都子/山岸麻美子/綿引さやか

公演HPはこちらから


おけぴ取材班:hase(文・撮影)、監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

【おけぴ観劇会 開催決定!】ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』 井上ひさし誕生日特別トークショーレポート~辻萬長さん、木場勝己さん、久保酎吉さん、後藤浩明さん~

『Pukul(プクル)~時を刻む愛の鼓動~』公開稽古レポート

日韓文化交流企画『ペール・ギュント』制作発表レポート~「劇団ペール・ギュント」の航海はすでに始まっています(浦井健治さん)~

【公演NEWS】2018年2月“あの男たち”が、Bunkamuraオーチャードホールに立つ! cube三銃士『Mon STARS Concert ~Again~』開催決定!!

『成河さんインタビュー 2017晩秋』人間風車とこれから…

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 開幕!

ミュージカル『マディソン郡の橋』おけぴ観劇会 開催決定!

第1回 フランチャコルタ イタリア アワード授賞式レポート~鈴木保奈美さん(味わい深い大人の女性)、中川晃教さん(フレッシュな男性)、徳岡邦夫さん(特別賞)~

新国立劇場『プライムたちの夜』開幕レポート~舞台写真&感想~

★日本初上陸★ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』浦井健治さん&城田優さん取材会レポート

ミュージカル『HEADS UP !』製作発表レポート

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)