ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』来日公演 開幕レポート!

ヤンチャだけど、最高に愛おしい、ボーイズ♪
ただそこに音楽があった。
そこから始まったアメリカンドリーム、その真実の物語。


愛と尊敬が詰まったジュークボックスミュージカルの人気作ブロードウェイミュージカル『ジャージー・ボーイズ』フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ、待望の来日公演が開幕しました。


1960年代を中心に全米ナンバーワンヒットを飛ばした最強ポップグループ“ザ・フォー・シーズンズ”。その名にピンとこなくても、♪シェリー♪君の瞳に恋してるといったナンバーを耳にすれば多くの方が「あ、この曲ね!」と、お馴染みのはず!

ニュージャージー出身の彼らの出会い、結成、栄光とその後…を数々のヒット曲で綴る作品は、特定のアーティストの楽曲で構成される数あるジュークボックス・ミュージカルでも独自の魅力を放ち、2006年のトニー賞4冠(作品賞、主演男優賞、助演男優賞、照明デザイン賞)、2008年オリヴィエ賞最優秀新作ミュージカル賞をはじめ多数の演劇、音楽賞に輝きました。
また、2014年、クリント・イーストウッド監督により映画化され、そちらも大ヒット!
さらには今年11月にブロードウェイ開幕10周年を迎える前祝いとばかりに、6月7日に行われたトニー賞授賞式で記念パフォーマンスが披露されたことも記憶に新しいですね!

このように開幕から10年の時を経て、ようやくようやくようやく来日を果たす『ジャージー・ボーイズ』ですからね、期待はマックス!初日公演の会場の熱気は相当なものでした。

物語はグループの創成期から、いよいよ最後のメンバーの加入、誓いの握手、ジャージー・シェイクハンドからグッと感動がこみ上げ、フォーシーズンズがカチッと組みあがった瞬間の歌ヂカラの爆発!これが4人のハーモニーなんだ!
そこからは、ところどころでショーストップするほどのドキドキ、これは“生”でこその興奮!

劇中での楽曲は芝居歌というよりは、物語の中でステージパフォーマンスシーンとして披露されることが多いこともあり、目の前で歌っている4人があたかも本人たちが蘇ってきたかのような…物語と現実が心地よく重なり合うのです。
物語にぐいぐい引き込まれ、やがてはイントロ数小節で「待ってました!」とばかりに拍手をしたり、ノリノリキレキレダンス(気持ちイイ!覚えたい!)に自然と体がスイングをしたり、生バンドのつくり出す空気もナイス!
まるでライブの観客として、彼らが生きた時代を追体験しているような感覚!

それだけに、成功と共にやってくる哀しい出来事は、より一層心に突き刺さり、やるせなさや、ときに憤り、さまざまな感情が押し寄せます。でも、彼らの人生同様に常に音楽が寄り添うんですよね。感情を増幅させたり、より心に浸透させたり、励ましてくれたり…あらためて音楽の力を体感する2時間半でした。

ストーリーテリングという点でも、物語を彼らの名にちなみ、4つの季節に分け、4人それぞれが過去を振り返るように語るスタイルもとてもユニーク。それぞれが「俺に言わせりゃ…」とカッコつけるイタリア系伊達男っぷりも、最高に愛おしいのです!!

これまで明かされることのなかった、ザ・フォー・シーズンズの真実!
ドラマ性、ライブ感、演劇のマジック…さまざまな魅力を味わえる待望の来日公演を逃す手はありませんよ!!


早速公演を観てきた方達の感想もご紹介!

誰もが知っている曲の数々。映画版もよかったけど、生歌はやっぱり最高です。

主役 フランキーがスカウトされた時は歌い方が未熟。
それがステージを重ねることで心震わせる歌になっていきます。
またダンスもとてもよい。
テレビで観たことある、当時の踊り方、ピシャッときれがありました

ボブ・ゴーディオの才能がズバ抜けているのが良くわかった。
彼が15歳で作ったという曲が、まさかタモリ倶楽部のオープニング曲だったと知った時には 椅子から滑り落ちそうになった(笑)

フォーシーズンズの名曲の数々、メンバーを取り巻くドラマ、全てに引き込まれました。
日本でこの素晴らしい作品を観られるとは!
本舞台終了後、客席全体が大興奮で拍手が鳴り止みませんでした


~おまけ~
本編はもちろん、カーテンコールも盛り上がりました!
中でも驚いたのは女性キャストのみなさん。スーパーマルチな活躍のジャージー・ガールズにもご注目くださいね。
そして、マフィアのボスのキレキレダンスもカーテンコールならでは!!弾けてます!

ブロードウェイミュージカル『ジャージー・ボーイズ』
~フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ~来日公演
2015年6月25日(木)~7月5日(日)@シアター・オーブ

<スタッフ>
作曲:ボブ・ゴーディオ
作詞:ボブ・クルー
劇作・脚本:マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
演出:デス・マカナフ
振付:セルジオ・トルヒーヨ

<概要>
“ザ・フォー・シーズンズ”
ザ・ビートルズ以前の 1960 年代に世界中で一大センセーションを起こし、音楽界の伝説となった奇跡のヴォーカル・グループ。
彼らの栄光の果てには、苦い想い出と挫折、そして再起への希望があった。
“シェリー (Sherry)”、“恋はヤセがまん (Big Girls Don't Cry)”、“君の瞳に恋してる (Can't Take My Eyes Off You)”など全 33 曲ものヒット曲に彩られ、ヴェールに包まれていたフランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズ ンズの真実の姿が熱く、ときに哀しみとともに綴られるブロードウェイミュージカル『ジャージー・ボーイズ』。
トニー賞最優秀ミュージカル賞やグラミー賞をはじめ、世界中の賞を総なめにし、2014年には巨匠クリント・イーストウッド監督による映画化が、日本でも大反響を呼んだ。
音楽、ミュージカル、演劇、映画…エンターテイン メントを愛するすべての人々に贈る、最大の話題作!

<あらすじ>
この街を抜け出す方法が3つ。
1・陸軍入隊
2・マフィアに入る
3・スターになる。
ニュージャージーの貧しい地区に生まれたフランキーは、同じ労働者階級で兄貴分のトミーとニックに誘われてバンド活動を開始。彼には、唯一無二の美しいファルセットで歌う天賦の才があった。下積みが続く中、彼の歌声に魅了されたシンガーソングライターのボブ・ゴーディオが加入し、4人はやがて“ザ・フォー・シーズンズ”としてスター街道を駆け上る。世界を席巻し、栄光の座についた矢先に直面するのは、トミーの借金、メンバー間の確執、愛しい家族とのすれ違い、そして挫折と崩壊。それでも歌い続けるフランキーが、その先に見るものとは─。

『ジャージー・ボーイズ』公式ブログ
『ジャージー・ボーイズ』公式HP

写真提供:キョードー東京
おけぴ取材班:chiaki(文) 監修:おけぴ管理人

ジャージー・ボーイズ

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

【おけぴ観劇会 開催決定!】ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』 井上ひさし誕生日特別トークショーレポート~辻萬長さん、木場勝己さん、久保酎吉さん、後藤浩明さん~

『Pukul(プクル)~時を刻む愛の鼓動~』公開稽古レポート

日韓文化交流企画『ペール・ギュント』制作発表レポート~「劇団ペール・ギュント」の航海はすでに始まっています(浦井健治さん)~

【公演NEWS】2018年2月“あの男たち”が、Bunkamuraオーチャードホールに立つ! cube三銃士『Mon STARS Concert ~Again~』開催決定!!

『成河さんインタビュー 2017晩秋』人間風車とこれから…

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 開幕!

ミュージカル『マディソン郡の橋』おけぴ観劇会 開催決定!

第1回 フランチャコルタ イタリア アワード授賞式レポート~鈴木保奈美さん(味わい深い大人の女性)、中川晃教さん(フレッシュな男性)、徳岡邦夫さん(特別賞)~

新国立劇場『プライムたちの夜』開幕レポート~舞台写真&感想~

★日本初上陸★ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』浦井健治さん&城田優さん取材会レポート

ミュージカル『HEADS UP !』製作発表レポート

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)