真夏のソウルで熱狂の感激観劇!ソウル観劇レポ

連日35度を超える猛暑の東京を飛び出して、やって来たのは韓国・ソウル!
到着しての感想は、いやはや…どこも暑いは暑い(汗)。

そんなときはやはりここが一番!(そんなときでなくとも一番?!)
身体はクール、心はホットにさせてくれる劇場へGOです。
日本の劇場でもそうですが、韓国の劇場のクーラーもかなり気合入っています。羽織もの、巻きものなど調整の一枚はお忘れなく。

さて、今回のラインアップは『エリザベート』『ラ・マンチャの男』『ジーザス・クライスト・スーパースター』そして『デスノートTHE MUSICAL』と日本でもおなじみの作品が並びました!


【エリザベート】


2012年の初演以来、韓国でも人気のこの作品。今年は新演出が大フィーバーの日本と韓国同時上演という見比べも楽しい演目です。

観劇した回はタイトルロールには初演からこの作品の看板をはるオク・ジュヒョンさん


オク・ジュヒョンさんのエリザベートはもう仁王立ちの迫力の圧倒的存在感と2幕に老いと孤独をまとったときの独りにしてオーラの強さ、悲しみの深さが際立ちます!
♪私が踊る時の強さ、♪魂の世界の絶望などエリザベートの精神世界を印象付けるナンバーでの豊かな表現力もさすがのひと言!

トート役は舞台、映像で活躍するシン・ソンロクさん


歌唱は低音を響かせ、高音を歌い上げ&シャウトと変幻自在。
気が付くと死がそこにいるような…誰もが逃れられない死を具現化=トートというキャラクターを誠実に演じている印象です。

そして、特筆すべきは初演以来の復活を心待ちにしていたルキーニ役のチェ・ミンチョルさん!キャラクターが持つ闇の部分とストリーテラーとしてのエンタテインメント性のバランスに悶絶。



♪ミルクや♪キッチュなどではショーストップ状態の盛り上がりです!


物語をぐいぐいけん引しつつ(韓国版のルキーニは特に第一幕は働きに働くのです。お見合いの場面♪計画通りではティーサーブをし、その直後、はけたと思ったら、♪あなたが側にいればでは二人が乗るボートの船頭さんに!!など)、それでもルキーニとしてのトートの存在に対する受けの芝居に余念がないミンチョルルキーニなのです。

残念ながら今回見ることはできなかったのですが、エリザベートには今回初役となるチョ・ジョンウンさん、トートには日本でもおなじみのチョン・ドンソクさんと初役SE7ENことチェ・ドンウクさんがキャスティングされています。
あー、いろいろな組み合わせで見たい!!


チョ・ジョンウンさんはこれまでにも『レ・ミゼラブル』ファンテーヌ役や『ラ・マンチャの男』アルドンザ役などのキャリアを持つ実力派!



ドンソクさんは9月12日に東京でのコンサートも予定されています!詳細別記



SE7ENことチェ・ドンウクさんの♪闇が広がるPVが公開されたときの衝撃と言ったら…もう…


このようにセットも演出も日本版とは異なる韓国版『エリザベート』。
セットでは回り盆やウィーン版のように殺害の凶器となったやすりをイメージした可動式のスロープがあるところなどが特徴的です。
ミュージカルナンバーも♪Hass(憎しみ)がなかったり(芝居としては闇が広がるの中で表現されている)、今期は♪愛と死の輪舞もカット(ここの「あっ…」という状態のトートが盆で流される(?!)演出は好き)、ハンガリー関連の描き方の違いなども面白いです。
日韓の良いところをそれぞれ楽しめる幸せな夏です。(公演は9月6日まで)

続いては、今年韓国上演10周年を向けた『ラ・マンチャの男』。


【ラ・マンチャの男】




セルバンテスには初演キャストのリュ・ジョンハンさん、そしてチョ・スンウさんという韓国ミュージカルをけん引してきた双璧ともいえる10周年にふさわしいお二人!

観劇したのはこちらのキャスト!


セルバンテスのリュ・ジョンハンさんはその歌唱力については言わずもがな。劇中劇のキハーナ老人になってからの軽妙なタッチの芝居もとても魅力的、必見です!
(『フランケンシュタイン』のビクター以来、軽妙なジョンハンさんもツボなのです)

アルドンザには昨年末に見た『ジキル&ハイド』のルーシーで惚れたリナさん。美しさと歌唱力は期待通り!ラバ追たちの同類のあばずれ女というよりは、冒頭から掃き溜めに鶴な印象もちょっとありますが、それも魅力。そして、ひとりの女として絶望から立ち上がる芝居など、やはり好きな女優さんです。
(ただ、アルドンザがラバ追いたちに乱暴される場面の演出は…なにもそこまでリアリティをださなくても…という感じ。「劇中劇、劇中劇」と心で唱えてしまいました。日本版ではダンスシーンに置き換えていますが、それでも…という声は聞かれるあのシーンです)

でも、やっぱり好きな作品です。
カーテンコールでのみなさんの笑顔にも癒されました。(公演は11月1日まで)


★ここで韓国ミュージカル好きのみなさんへのお知らせです★

現在(~8/31締め切り)、衛星劇場サイト内で韓国ミュージカル認知度調査アンケートを実施中。★ご協力ありがとうございました★

韓国ミュージカルにスポットを当てた特番のスペシャルゲストは、なんと!上記レポ『ラ・マンチャの男』出演中の韓国ミュージカル界の皇帝、リュ・ジョンハンさん
ジョンハンさんへの質問も受付中、この超レアな機会を逃す手はありませんよ。

(アンケートご協力いただいたみなさま、ありがとうございしました。番組放映もお楽しみに!!)



★日本版は・・・★

【舞台写真が届きました】『エリザベート』初日前会見レポ
『ラ・マンチャの男』公開稽古&松本幸四郎さんバースデーイベントレポート
ミュージカル『ラ・マンチャの男』製作発表レポ

ドンソクさんご出演のコンサート情報
◆「チョン・ドンソク The Greatest Vocalist」
2015年9月12日(土)@東京文化会館 小ホール
13:30開場/14:00開演(予定)
ゲスト:キム・ジュンヒョン

◆「キム・ジュンヒョン The Greatest Vocalist」
2015年9月12日(土)@東京文化会館 小ホール
17:30開場/18:00開演(予定)
ゲスト:チョン・ドンソク

公演詳細はこちらから
公演情報(8月24日現在)
ミュージカル『エリザベート』
2015年6月13日(土)~9月6日(日)@ブルースクエア・ミュージカルホール

ミュージカル『ラ・マンチャの男』
2015年7月30日(木)~11月1日(日)@Dキューブアートセンター

『エリザベート』舞台写真提供:EMK MUSICAL COMPANY
おけぴ取材班:chiaki 監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

シネマ歌舞伎『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』市川染五郎さん&市川團子さんご登壇 「父の日」舞台挨拶レポ

【公演NEWS】世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎プロデュース企画MANSAI◉解体新書 その弐拾八 出演者決定!

堂本光一さんと井上芳雄さん、2人のトップランナーの願いが帝国劇場で結実!ミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』製作発表レポート

【三越劇場にて上演中!】6月花形新派公演『黒蜥蜴―全美版―』出演者コメント&会員感想コメントが届きました!

【公演NEWS】新国立劇場『夢の裂け目』開幕~まさに、私たちが今、向き合うべき「記憶についての劇」~(栗山民也さん)

【渋谷天外、高田次郎、藤山扇治郎、久本雅美が意気込みを語る】劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」

ミュージカル『マリー・アントワネット』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『マイ・フェア・レディ』製作発表レポート

南座 新開場記念2018~2019公演ラインナップ発表!

道頓堀presentsフードミュージカル『Gotta(ゴッタ)』プレビュー開幕!

ミュージカル『シークレット・ガーデン』おけぴ観劇会 開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)