【舞台写真が届きました!】『ナミヤ雑貨店の奇蹟』稽古場レポート

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東京公演上演中! <舞台写真が届きました♪>

詳細はレポ後半へ…GO!!






【稽古場レポート】


(写真左から:多田直人さん、松田凌さん、鮎川太陽さん)


 東野圭吾さんの心温まるタイムトラベル・ファンタジー小説が、さらに完成度を高めた“決定版”として再舞台化!
 
 多田直人さん松田凌さん鮎川太陽さん、そして4年ぶりの舞台出演となる川原和久さんら魅力的なキャストが集まった舞台『ナミヤ雑貨店』が、いよいよ4月21日にZeppブルーシアター六本木にて初日を迎えます(大阪公演は5月6日よりシアターBRAVA!)。

 時を超えて届いた、悩み事相談の手紙。それぞれに事情を抱える登場人物たち。その想いが重なるときにおこる奇蹟とは…?

 初日目前! 舞台『ナミヤ雑貨店の奇蹟』稽古場レポートをお届けいたします。


年齢の離れた恋人同士
(写真左から:川原和久さん、菊地美香さん)
この2人の出会いがすべての始まりだった…


【ストーリー】
敦也、翔太、幸平は、同じ養護施設で育った仲間。
ある夜、ある家にコソ泥に入り、逃亡の途中で、廃屋になった雑貨店に逃げ込む。すると、表の方で微かな物音。
シャッターの郵便口から、誰かが封筒を入れたのだ。中の便箋には、悩み事の相談が書かれていた。
この雑貨店は、店主が生きていた頃、近隣の住人の悩み事の相談に答えていたのだ。
3人はほんの遊び心から、返事を書いて、牛乳箱に入れる。
すると、またシャッターの郵便口から封筒が。そこには、3人の返事に対する、さらなる質問が書かれていた。
しかも、差出人は、数十年前の時代の人間らしい……。






 2013年に演劇集団キャラメルボックスが上演した本作。

 脚本・演出の成井豊さんが、より原作のイメージに沿うキャスト、スタッフを集め、さらなる完成度を目指すプロデュース公演として、今回の再演が決定しました。

 物語の中心となる、同じ養護施設育ちの幼馴染み仲間を演じるのは、ただ一人だけ初演と同役を演じる多田直人さんと、松田凌さん、鮎川太陽さんのお三方!


お世辞にも“知能犯”とはいえない“コソ泥3人組”ですが…
【伊勢崎幸平役・鮎川太陽さん】


そのがむしゃらさが、なんだかとっても…
【太田翔太役・松田凌さん】


愛おしくなるんです!
【桐生敦也役・多田直人さん】


 もう誰も住んでいない雑貨店。郵便受けに届く悩み相談の手紙に、最初は冷やかし半分で返事を書きはじめる3人。

 リーダー格の敦也(多田直人さん)、子供っぽさをのこした翔太(松田凌さん)と幸平(鮎川太陽さん)の醸し出す空気感は、まさに幼馴染そのもの。わちゃわちゃと騒ぎながらも、それぞれに抱えた過去の傷をふっと感じさせる繊細な演技は、ぜひ劇場で実際に見て、感じてほしいところ。


 「歌手になる夢を追うべきか、家業の魚屋を継ぐべきか」

 そんな悩みをナミヤ雑貨店に相談してきたのは、鯨井康介さん演じる“魚屋ミュージシャン”こと松岡克郎。


「ずっと自分の“レコード”を出すのが夢でした!」
…って、この人いったいいつの時代の人!?
鯨井さん、独特の声質がミュージシャン志望の役にぴったりです。


克郎の心を動かした姉弟の言葉とは…?
劇中、菊地美香さんの透明感溢れる歌声が響く場面も!
(役柄はあえて…秘密です!)


キャラメルボックス旗揚げメンバーのひとりでもある大森美紀子さん。
舞台の上での“安心感”はさすが! のひとこと。



 近所の人々の“悩み相談”を引き受けていた、ナミヤ雑貨店の店主・浪矢雄治に宛てて届く手紙。

 人生の悩みを相談した人、その周囲の人々。それぞれの人生が絡み合い、見えてくる“真実”、そして“未来”とは? 



「自分の回答は、相談者を幸せにしていたのだろうか?」
人生の終末期に、ふと疑問を抱き始めるナミヤ雑貨店のあるじ・雄治。
ひとりの男の人生を、年代によって演じ分ける川原和久さん。
劇団ショーマ作品の数々、そして大ヒットドラマ『相棒』…
そのどれとも味わいの違う本作で、また新たな魅力を見せてくれています!
(おじさん役、のなかに漂う“抑えた色気”が素敵なんです♪)

 

 

 ナミヤ雑貨店と、3人を繋ぐ糸とは? どうして、時を超えて3人のもとに手紙が届くのか? そして、人生を諦めかけている3人におこる“奇蹟”とは…?



すべてを繋ぐのは、3人が育った養護施設『愛光園』の存在。
そして、波矢雄治の若き日の恋…

 
 この日の取材では、稽古場スペースの関係から、舞台中央の一部でのパフォーマンスのみを写真でお伝えしましたが、実際の舞台では、成井豊さん演出作らしく、複雑なステージングで登場人物が、それぞれの場所で息づく様子を感じられるはず。

 石橋徹郎さん(文学座)、岡内美喜子さんら、本レポでご紹介できなかったキャストの皆さんも、複数役を巧みに演じ分け、ナミヤ雑貨店の“奇蹟”へといたるドラマを明快に見せてくれています。

 キャラメルボックス座付き作家・演出家の成井豊さんと、ベストセラー作家・東野圭吾さん。

 “ハートウォーミングなタイムトラベル・ファンタジー”

 まさにこの両者の共通ワードから生まれた、優しさが溢れる舞台『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、いよいよ4月21日にZeppブルーシアター六本木にて初日を迎えます。



成井作品としては初めての劇場となるZeppブルーシアター東京、
そして今春の閉館を前にしたカウントダウン公演となる大阪・シアターBRAVA!公演。
それぞれの劇場に、しっくりとなじむようなセット(松井るみさん)など、
“エンゲキ”を感じさせるスタッフワークもぜひお楽しみに!




【舞台写真&感想コメントが届きました!】


オープニングはクールなダンスから!


◆原作は未読のまま観劇しましたが、終演後すぐ原作を買い求める程の素晴らしい舞台でした。
ナミヤ雑貨店に訪れる人々のそれぞれの物語が絡み合い、過去と未来が繋がって一つのストーリーとなっていく過程がすごく面白かったです。





◆劇中で少しだけ演奏(歌唱)シーンがあるのですが、菊地美香さん、鯨井康介さんどちらも心に届く歌声、感動しました。


東野圭吾さん原作ということでまずストーリーは間違いありません。
そして、成井さんの分かりやすくもスピード感あふれる演出が、約2時間の観劇であったことを忘れるくらい濃い時間で、この舞台に出逢えたことの幸せを感じました。



◆ナミヤ雑貨店を通して結びつけられる人と人。一見バラバラに思われる悩み事の数々。
それらが実はつながりがあった。ナミヤ雑貨店店主の若き日の出来事にかれているのでしょうか。
悩み相談の手紙に答えるナミヤ氏の真摯さを通して、相手を慮り想像することの大切さを知らされました。
また、即時の反応を求められない手紙だからこそ可能となる、じっくり考え、言葉を選びながら返答することの力強さも感じました。



さまざまな人生、さまざまな悩み…
手紙に込められた“希望”とは…?

 
 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東京公演は5月1日までZeppブルーシアター六本木、大阪公演はシアターBRAVA!にて5月6日から8日までの上演です。お見逃しなく!




『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
2016年4月21日(木)-5月1日(日) 東京・Zeppブルーシアター六本木
2016年5月6日(金)-8日(日) 大阪・シアターBRAVA!

原案・原作:東野圭吾
劇作・脚本・演出:成井豊

出演:
多田直人/松田凌/鮎川太陽/菊地美香/鯨井康介/石橋徹郎/大森美紀子/岡内美喜子/左東広之/小林春世/金城あさみ/近藤利紘/川原和久

公演特設サイト

おけぴ取材班:mamiko(文、稽古場写真撮影)  監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

ミュージカル『あなたの初恋探します』開幕レポート

【公演NEWS】新国立劇場『消えていくなら朝』開幕!~時代をつかむ劇作家・蓬莱竜太と芸術監督・宮田慶子がタッグを組み、「現在」を描き出す~

シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』 くさやを気軽に楽しめる世界初のバー【くさやバー】とタイアップ決定!

【公演NEWS】NTLive × 新国立劇場『誰もいない国』イベントレポート ~ピンターと『誰もいない国』~

バレエダンサー宮尾俊太郎 × MET ライブビューイング オペラとバレエの《ロメオとジュリエット》を語るスペシャルトークイベント開催決定!

ついに開幕!成河さんによる一人芝居『フリー・コミティッド』~ちょっと風変わりな一人芝居?!~

【渋谷天外、高田次郎、藤山扇治郎、久本雅美が意気込みを語る】劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」

ミュージカル『マリー・アントワネット』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『マイ・フェア・レディ』製作発表レポート

道頓堀presentsフードミュージカル『Gotta(ゴッタ)』プレビュー開幕!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)