シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』福士誠治さんインタビュー

 大人気マンガ『ONE PIECE』と歌舞伎の融合は予想をはるかに超える極上エンタメになった!!2015年10月に新橋演舞場にて開幕し、大旋風を巻き起こしたスーパー歌舞伎Ⅱ 『ワンピース』が、シネマ歌舞伎となって全国95館の映画館で公開中!
 主人公ルフィの兄・エース役でご出演された福士誠治さんにお話を伺いました。


【稽古場では、まるで何もわからない子供のようでした】


──スーパー歌舞伎Ⅱ 『ワンピース』上演から1年、あの頃を振り返っていかがですか。

 疲れましたね。あれ、そういうことじゃなくて(笑)? でも、楽しい幸せな時間でしたよ。




──お疲れ、ごもっともだと思います(笑)。
 では、そんな楽しく幸せな公演、その稽古段階で一番苦心されたことは。


 やはり歌舞伎ならではの“見得”ですね。これまでにもスーパー歌舞伎Ⅱなどに参加させていただきましたが、その時は見得はなくて。今回、初めて見得を切る役をいただき、勉強になったというか、かなり苦労しました。
 歌舞伎役者のみなさんは当たり前のように見得を切るじゃないですか、でも、はじめは本当にできなくて。

※福士さんは、亀治郎の会『上州土産百両首』(2010年8月国立劇場)、スーパー歌舞伎Ⅱ『空ヲ刻ム者』(2014年3月新橋演舞場、同4月大阪松竹座)に続く歌舞伎公演ご出演となります



おけぴ開幕速報レポより


──最初はどのような指導があるのですか。手とり足とり?

 ないですね!全くないです、(待っているだけでしてもらえる)指導は(笑)。
 それどころか、最初はまず、みなさんがおっしゃっている言葉がわからない!「はい、ここでアクションね。かんかんかん、そこで“ばーったり”、また動いて“ばーったり”」そうやって稽古が進むのですが、僕は「ばーったり」って何ですか?そこから始まって(笑)。見得であることを教えてもらったら、今度は、「福ちゃんもここで見得切って、“ばーったり”でしょ。こっちは“ばったり”ね」「え、また違うのが出た!」終始そんな調子でした(笑)。

豆知識(歌舞伎美人より)
“ばたばた”“ばーったり”は「ツケ」
見得をするとき(決め姿の瞬間)、重要人物が登場する足音、物が落ちたときなどのアクセントとなる音が「ツケ」。上手(かみて)の端でこの音を出す人を「ツケ打ち」といい、俳優と呼吸を合わせてタイミングよく打ちます。


──そうなると、習得するには「見て盗む」ということになるのですか。

 そういうことになるのですが、稽古場ではみなさん本意気(全力)では見得を切らないんですよ(笑)。
 でも、エースという二枚目の役をいただいたわけですし、僕もやるからにはしっかりと勉強したかったので、いろんな方に聞きまくりました。そこは恥も外聞も捨てて!門之助さんにも右近さんにも、春猿さん、みっくん(巳之助さん)、隼人くんにも聞きましたね。

 あとは、稽古が進むとツケ打ちさんもいらしたので、ほかの人の見得のツケに合わせて稽古場の隅っこで練習したりしましたが、なかなか合わないんですよ。そうしていると、みなさんが声をかけてくれてアドバイスをくださったんです。たぶん、“一生懸命頑張っている子供”のように見えたんでしょうね(笑)。
 もちろん、ツケ打ちさんともたくさん話をしました。基本的にタイミングはツケ打ちさんが合わせてくれるのですが、こちらが素人なので合わせづらかったり、合わなかったり。そこを埋めるべく基本となる形というか、呼吸の合わせ方を聞きながら徐々にわかっていった感じです。




──その努力が見事に実を結び、クライマックスの花道で猿之助さんとお二人で見得を切る場面はとても印象的なものになっています。(シネマ歌舞伎でもバッチリご堪能いただけますよ!)

 あの場面は一番大変でした。猿之助さんの呼吸を感じながらやるのですが、猿之助さんも本意気で見得を切り始めるのは本番なので(笑)。それまでは…。

──そんなに違うんですか(笑)、明らかに何かのスイッチが入るような?

 そうですね。明らかに違いますね(笑)!
 歌舞伎のみなさんは明らかにエンジンが変わります、不思議なくらい。

──でも、それだけに見得が本番でバチッと決まったときは気持ちいいものですか。

 気持ちがいいものですね!
 そして、自分の中で苦しんだ分、本番途中からすごく楽しみになりました。そんな本番中も、ふすまで隔たれた隣の部屋が隼人くんだったのですが、そのふすまをいつも開けっぱなして「隼人、教えて!ここはどう?」なんていろいろとこと細かく聞いていました。
 見得は一番苦労しましたが、思い出もいっぱいありますね。




──もうひとつ、シネマ歌舞伎でも余すところなくご覧いただけるところとしてはエースのアクションもございます!“反り”もすごかったです。



マグマを操るサカズキとメラメラの実の能力者にして炎となるエース(福士誠治さん)の闘い!(おけぴ観劇レポより)


 反りも歌舞伎的で見ていて楽しいですよね。メチャメチャ動いた後にあれ…大変なんですよ(笑)。歌舞伎役者のみなさんに、あのまま倒れたりしないんですかと聞きましたが、ひと言、「倒れないね」と言われました(笑)。
 やってみると、なるほどなと思いました。やはり注目されているところなので、意地でも倒れない。そこはもう、気合とか、目に見えない力です(笑)。だって、エースは一幕、二幕は鎖につながれていますからね。三幕は大運動会です、あそこで力出さないと!!

これ以降のコンテンツは おけぴ会員限定です
会員登録・ログインの後にご覧ください

衣装協力:TOMORROW LAND
スタイリスト:吉田ナオキ
ヘアメイク:最知明日香

おけぴ取材班:chiaki(インタビュー・文・撮影) 監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

ミュージカル『にんじん』製作発表記者会見レポート

【公演NEWS】TAIYO MAGIC FILM 第12回公演『時分自間旅行(ジブン ジカン リョコウ)』

新国立劇場バレエ団『ジゼル』主役インタビュー 木村優里さん&渡邊峻郁さん

【西川大貴さんインタビュー】映画『TAP -THE LAST SHOW-』公開&かららんNEWアルバムリリース記念ライブ&西川演出版ミュージカル開幕!

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念日スペシャル・カーテンコールレポート

こまつ座第118回公演『イヌの仇討』演出 東憲司さんインタビュー

新国立劇場「JAPAN MEETS...―現代劇の系譜をひもとく―」シリーズ第11弾『君が人生の時』初日前囲み取材&フォトコールレポート

ミュージカル『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演観劇レポート

“ハロー・ミュージカル!プロジェクト” ミュージカル『キス・ミー・ケイト』製作発表レポート

『CLUB SEVEN-ZERO-』蘭乃はなさんインタビュー

ミュージカル『ビューティフル』おけぴ観劇会決定!

六月花形新派公演『黒蜥蜴』開幕レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)