ミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』開幕!!



 いよいよミュージカル『HEADS UP!』再演の幕が上がります。開幕の地は、本作の誕生の地 KAAT神奈川芸術劇場!今期は、ここから日本各地へ飛び出す『HEADS UP!』初日を前に、囲み取材と公開ゲネプロが行われました。



後列)池田純矢さん、橋本じゅんさん、青木さやかさん
前列)大空ゆうひさん、相葉裕樹さん、哀川翔さん、中川晃教さん、ラサール石井さん

ラサール石井さん(原案・作詞・演出)

「基本線は変わっておりませんが、随所で細かく変わっています。稽古場で作り上げてきたものに、さらに役者のみなさんは本番へギアを上げて、そして客席にお客様が入って完成すると思います。ここまで、初演同様にバタバタでね(笑)。リアルなヘッズ・アップ状態でした。ここからはトラブルは劇中だけでと願っています(笑)」



橋本じゅんさんごめんなさいということで、こちらも!



──キャストのみなさん、役どころと意気込みを!

<劇場付雑用係 熊川義男役:中川晃教さん>


中川さん)
 (舞台の)幕を開けること、そしてちゃんと幕を下ろすことまでの物語。裏で支えている人たちのドラマがメインで描かれるので、幕が上がるまでに、こんなにたくさんの人たちの思いがあるんだということに気づかされた初演でした。再演でも、そこを“実”に持ちながら、劇場付雑用係はどういう人間なのかということも含めて、興味深く見ていただけるように熊川の機微を表現したいと思います。


──ラサールさんの演出の特徴は。

中川さん)
 喜劇のセンス、これはすごいですね。まず、台本に書いてある台詞に熱量があり、想いが深い。さらにそれを生身の俳優が演じていくのですが、稽古でも、その場でひらめいたことをどんどん試される。そうやって出来上がった、作品の喜劇的要素、それは格別です。日本オリジナルミュージカル『HEADS UP!』が生まれた、そのすべての起源がそこにあることを実感しています。



<舞台監督 加賀美賢治役:哀川翔さん>



哀川さん)
 初演は、普段ミュージカルをご覧になったことのない方々も満足して帰られたと聞きました。2回目をやるということでドキッとしましたが、なんとか怪我なく、ここまで来ました。僕自身、舞台上でも楽しませてもらっています。(共演者は)ミュージカルのプロフェッショナルの方々、その中で自分はド素人(笑)。そこで、自分がどれだけお客様を納得させられるのか、そこを心がけて、3月までの長丁場、最後まで走り切ります!



<舞台監督 新藤祐介役:相葉裕樹さん>



相葉さん)
 初演で、お客様が入って作品が完成するということを強く感じました。ですので、早く本番でお客様に出会って反応をいただいて、『HEADS UP!』を作りあげたいです。


──ラサールさんからのアドバイスは。

相葉さん)
 「あまりちゃんとしないでくれ」って(笑)。初演から2つ年をとってしまい…なんていうか。


大空さん)
 しっかりしてしまったのかな。


相葉さん)
 ありがとうございます。でも、この役ではあまりしっかりしなくていい。そこを心がけました。



<女優 真昼野ひかる役:大空ゆうひさん>



大空さん)
 この2年間女優をやってきて、より一層“女優・真昼野ひかる”の気持ちと向き合うことができました。舞台に関わる人間にとって心に染みる歌詞、台詞がたくさんある作品、再演ではさらに深いところにたどり着けたように感じます。あとはお客様が入って劇場が温まり、みんなで作品の温度を作るのが楽しみです。



<アルバイト青年 佐野慎也役:池田純矢さん>



池田さん)
 僕が演じるのは、舞台にはなんの思い入れもないアルバイト青年。舞台のプロフェッショナルな登場人物の中で、一番お客さんに近い役になります。僕自身、初演は客席で観ていて、純粋にとても素敵な作品だと思いました。2年の時を経て、こちら側に立っていることは感慨深いです。あと、製作発表で目標に掲げた、“翔さんからカブトムシをいただく”ですが、稽古2日目でいただくことができました。早々に達成し、そこからは役を深めることに集中できました。ありがたいです。



<演出部 久米長一郎役:橋本じゅんさん>



橋本さん)
 頑張ります!お客様に早く観ていただきたいです。以上!



<制作 本庄まさこ役:青木さやかさん>


青木さん)
 舞台をやるスタッフさんの大変さ、熱を感じる作品です。制作は、客入りやお金のことなど現実的なことを考えます。本当に舞台をキャストとしても裏方としても作っている感じがするんです。子供からお年寄りまで楽しめるお芝居です、子供たちの笑い声がうれしいんです!



【気になる舞台写真を!!】



劇場スタッフの存在って、その日の観劇の大切な要素ですよね♪
熊川さんを見ていて、そんなことも感じます。


舞台を支えるプロフェショナルたち!!カッコイイ!!


こちらもプロフェッショナル!!ショー・マスト・ゴー・オン!!


若者たちの成長物語でもあります


劇中劇『ドルガンチェの馬』、名作です(きっと)


 舞台への情熱、スタッフやお客様への愛情もいっぱい詰まった『HEADS UP!』が開幕。ここから、富山、長野、大阪、名古屋、そして東京へ。
 劇場で、泣いて笑って、楽しい時間を過ごしましょう♪

『HEADS UP!』おけぴ製作発表レポ

『HEADS UP!』おけぴ初演観劇レポ



【公演情報】
ミュージカル『HEADS UP !』
[神奈川公演]2017年12月14日(木)~12月17日(日) @KAAT神奈川芸術劇場ホール
[東京公演]2018年3月2日(金)~3月12日(月)@TBS赤坂ACTシアター

[富山公演]2018年1月20日(土)@オーバードホール
[長野公演]2018年1月26日(金)・1月27日(土)@上田サントミューゼ
[大阪公演]2018年2月2日(金)~2月4日(日)@新歌舞伎座
[名古屋公演]2018年2月15日(木)・2月16日(金)@刈谷市総合文化センターアイリス

<スタッフ>
脚本:倉持裕
原案・作詞・演出:ラサール石井
作曲・音楽監督:玉麻尚一
振付:川崎悦子

<キャスト>
哀川翔/相葉裕樹 橋本じゅん 青木さやか 池田純矢
今拓哉 芋洗坂係長 オレノグラフィティ 陰山泰
岡田誠 河本章宏 井上珠美 新良エツ子 外岡えりか
福永吉洋 大竹浩一 森内翔太 香月彩里 谷須美子 伊藤結花 小林佑里花
大空ゆうひ 中川晃教

<あらすじ>
ミュージカルファンなら誰もが知る”あの名作”が1000回目の公演を終え、華々しく終了する、はず…だった。
しかし、主演俳優の鶴の一声で、某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することに!
さあ、現場はてんやわんや。舞台美術は廃棄済み、スタッフの人手も足りない、キャストのスケジュールも押さえていない…、
さらに、舞台の総指揮を執るのはこの作品が初めて、という新人舞台監督!
とんでもない条件の中でもスタッフたちは必死に幕を開けようと奮闘する。
幸か不幸か、チケットは完売、つまり観客が待っている!!
舞台本番当日、新米“舞台監督”のデビュー作は問題山積!
果たして幕は無事に開けられるのか…。

公演HPはこちら

おけぴ取材班:chiaki(撮影・文) 監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

ミュージカル『キューティ・ブロンド』おけぴ観劇会開催決定!

ミュージカル『SMOKE』開幕レポート~感想と舞台写真で綴る~

ミュージカル『レ・ミゼラブル』2019年新キャスト発表記者会見レポート

十一月新派特別公演「犬神家の一族」製作発表レポ

【舞台写真&感想も掲載!】こまつ座『母と暮せば』囲み取材レポ

【公演NEWS】新国立劇場『誰もいない国』公開トークイベントレポートが届きました

【公演NEWS】『伊礼彼方の部屋 Vol.2~俺のフランキー、僕のフランキー、俺のフランキー~』

【舞台写真が届きました!10/4追記】新国立劇場『誤解』稽古場レポート~美しくシンプルな舞台で5人の登場人物が奏でるカミュの世界~

若き天才指揮者ヤニック・ネゼ=セガン MET 新音楽監督就任!METライブビューイング豪華ラインナップご紹介( 《サムソンとデリラ》東劇限定ペアご鑑賞券プレゼントも)

新生MAついに開幕! ミュージカル『マリー・アントワネット』博多座公演 観劇レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)