【渋谷天外、高田次郎、藤山扇治郎、久本雅美が意気込みを語る】劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」


 大いに笑って、しみじみ泣いて──

 上方喜劇の伝統を継承する松竹新喜劇の劇団創立70周年公演! 

 昭和の喜劇王・藤山寛美の当たり役に、孫の藤山扇治郎さんが初挑戦する『人生双六』、渋谷天外さんと久本雅美さんが兄妹を演じるドタバタ喜劇『峠の茶屋は大騒ぎ!!』の二本立て。劇団員勢揃いの『口上』も楽しみな7月新橋演舞場公演に向けて、出演者が意気込みを語りました。



「曽我廼家、藤山、渋谷─この3つの名前がある限り松竹新喜劇を守り続けたい」
力強く語る劇団代表の渋谷天外さん。


「最近そこに“久本”という名が喰いついてきている気がするんですわ(笑)。この人、うちの劇団員のくせによその芝居に出たりして…(笑)」
「逆、逆(笑)。もともとはワハハ本舗ですから!」

 「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや、ディズニーランドのような遊園地だと思って、劇場に遊びに来ていただきたい」(渋谷天外さん)

 久本雅美さんと大工の兄・妹を演じる『峠の茶屋は大騒ぎ!!』では、“峠”といえば思い出す有名なお弁当を「あっちゃ、こっちゃで販売します!」との宣言も。むむ、これはどんな演出(?)になるのか。ぜひ劇場で確かめましょう!



「入団から5年、あっという間の夢のような日々だった」と語る藤山扇治郎さん。
『人生双六』で祖父・藤山寛美さんの当たり役に挑みます!

 先輩の芝居、生き方から学ぶことが多いという扇治郎さん。

 「祖父の映像も残っていますが、自分が同じ役をさせていただき、今のお客様に見ていただくとなると、先輩方から教えていただいた根本は変えずに、自分自身の心から出るものと融合させていくことが大事だと思う」と若い世代ならではの決意を語ってくれました。


「先月の『蘭~緒方洪庵 浪華の事件帳』に引き続き、共演させていただく久本さん。もうお母さんと思って…あ、お姉さん、ですね(笑)」(扇治郎さん)



この方が登場すると舞台がピリッと引き締まります。
大ベテラン・高田次郎さん、86歳!

 「藤山(寛美)先生に誘われ、松竹新喜劇に入団してから30数年、あっというまでございました」という高田次郎さん。今回出演する『人生双六』は「藤山先生と共演した思い出の作品」とのこと。短い出演時間のなかで「“高田次郎、ここにあり”と、存在感を示したい」と意気込みます。

 「ええかげんな社長の役。毎日スタイルを変えて、いろんな社長になって出たろ、と思っています。それくらいしないと(出演時間が短すぎて)正直、給料がもらいにくいんですわ(笑)」と取材陣の笑いを誘いました。



「松竹新喜劇の魅力は“笑わせながら泣かせる、泣かせながら笑わせる”こと。初めての出演時、観劇した友人が感動して号泣しながら楽屋に飛び込んできた」
こんなエピソードを明かしてくれたのは、6公演連続で松竹新喜劇公演に参加する久本雅美さん。

 「幼い頃から見ていた」という松竹新喜劇の作品への出演に「感謝と、感動と、光栄な気持でいっぱい」と語る久本さん。女芸人の元祖ともいわれるミヤコ蝶々が演じた役に挑戦します。「じぶんにできるのかという緊張感でいっぱい」と神妙な顔を見せながら、「どこまでもお客様に喜んでいただけるよう、松竹新喜劇を見にきてよかったと思っていただけるように」と“真面目に”意気込みを語ってくれました。

 「なにかおもしろいことを言いたかったのですが、思いつきません(笑)。松竹新喜劇から、たくさんの笑いの引き出し・学びをいただいていますので、その恩返しのつもりで全力でつとめたいと思います」





 終始、和やかに進んだ取材会。最後の最後に、扇治郎さんの“笑いのポテンシャル”、そして“昭和の喜劇王のDNA”を感じさせる出来事が…

 ベテラン記者:
「将来、扇治郎さんが藤山寛美の名前を継ぐ予定は?」

 扇治郎さん:
「こればっかりは周りの方に決めていただくことで、自分では答えられません。祖父は神様のような存在で、大尊敬していますが、例えるなら少年野球をはじめたばかりの僕が、王貞治さんになりたいというようなものですので…。でも、そう質問していただけるだけでも嬉しいです! いつかみなさんにそう思っていただけるようになりたいです。
(質問した記者に向かって)…長生きしてくださいね!

 

「うちの扇治郎が…失礼しました!」
天外さんと久本さんが本物の両親のように平謝り。場内が大爆笑に包まれました♪

 
 笑って、泣いて、ずっこけて♪ 見れば心がホカホカあたたまる、レトロな魅力いっぱいの人情喜劇。劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」は、7月13日から新橋演舞場にて上演。9月には一部演目・出演者を入れ替えて大阪松竹座でも上演されます。

 

悪者が出てこない(出てきてもそんなに悪くない♪)、それもまた松竹新喜劇の魅力です。
皆さんのこの笑顔を見れば、伝わりますよね!

※高田次郎さんの「高」は、正しくは「はしごだか」です。



【公演情報】
劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」
新橋演舞場
2018年7月13日(金)〜22日(日)

【演目】
一、人生双六
二、七十周年御礼 口上
三、峠の茶屋は大騒ぎ!!

笑いと涙で贈る上方喜劇の真骨頂!!
70年の感謝を込めて、心温まる人情喜劇をお届けします!!!

松竹新喜劇裏表十八番の内
一、人生双六
大阪のとある高架下。職を失い雪の中をさまよっていた宇田信吉は、
ホームレスに絡まれているところを同じく失業で悩む浜本啓一に助けられる。
浜本は苦しさのあまり拾った財布に手をつけそうになるが、
宇田の純粋な人柄にふれ、持ち主に返す決心をする。
意気投合した二人はお互いの成功を祈り、五年後にこの場所で再び出会うことを約束するのだった。
そして時は流れ、約束の日。二人の人生双六はどうなったか…

宇田信吉を藤山扇治郎が、浜本啓一を曽我廼家八十吉が勤め、
人の心の温かさの詰まった人情劇をお楽しみいただきます。

二、70周年御礼口上
記念すべき劇団創立70周年!
お客様のご贔屓に感謝して、劇団員勢揃いでご挨拶申し上げます!

三、峠の茶屋は大騒ぎ!!
経師屋の若旦那は、常盤津の師匠の文字菊に入れあげ店の大切な掛け軸を質入れしてしまう。
今日中に請け出せなければ掛け軸は質流れ。
そうなれば勘当されて死ぬしかないと思い詰める若旦那に、
大工の長兵衛はなんとか金を工面すると約束してしまう。
しかし長兵衛に金などない。考えあぐねた末に、芝居好きの妹のおかんを相方に、
ある計画を企む。
一方その頃、文字菊も茶屋を営む父に金の無心をしており…

兄長兵衛を渋谷天外が、妹おかんを久本雅美が演じ、
得意の爆笑喜劇をお届けします。

キャスト:
渋谷天外
曽我廼家八十吉
曽我廼家寛太郎
藤山扇治郎
久本雅美
大津嶺子
小島慶四郎 
井上惠美子 
髙田次郎

ほか

新橋演舞場・公演情報詳細
松竹新喜劇公式サイト

おけぴ取材班:hase , mamiko    監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

【開催決定!】ミュージカル『レベッカ』 おけぴ観劇会

【公演NEWS】豪華ラインナップ!南座 新開場記念 MOVIX京都にてシネマ歌舞伎特集上映 開催決定!(10/19~11/8)

ミュージカル『マリー・アントワネット』 田代万里生さんインタビュー

ミュージカル『ゴースト』開幕レポート~この物語は不朽~

【公演NEWS】ミュージカル『SMOKE』、日本版初上演決定(オリジナル演出!)~日野真一郎・木暮真一郎/大山真志/高垣彩陽・池田有希子~

劇団鹿殺し『俺の骨をあげる』相葉裕樹さんインタビュー&稽古場レポート

ミュージカル『あなたの初恋探します』開幕レポート

【公演NEWS】NTLive × 新国立劇場『誰もいない国』イベントレポート ~ピンターと『誰もいない国』~

ミュージカル『マリー・アントワネット』おけぴ観劇会 開催決定!

道頓堀presentsフードミュージカル『Gotta(ゴッタ)』プレビュー開幕!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)