『MANSAI ◉ 解体新書 その弐拾八』 「日本」~この国の仮想と現実(バーチャル・リアリティー)~テーマおよび2人目のゲスト決定!

世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎プロデュース企画MANSAI◉解体新書 その弐拾八、テーマおよび2人目のゲストが決定いたしました!



野村萬斎(撮影:江森康之)落合陽一 佐藤オオキ

第一報おけぴNEWSはこちらから


◆今回のテーマは 「日本」~この国の仮想と現実(バーチャル・リアリティー)~

「日本」のことを話しましょう。
この国のイメージ、その見えるものと見えざるものの存在。もののあはれ、幽玄、わび、さび、いき…等々、さまざまな美意識表現にみる「日本」とは何か?
日本のみならず海外でも活躍するアーティスト二人と、「日本」の“かたち”について考えてみます。


◆ゲストは世界の最先端を走るアーティストふたり!

まずは、昨年11月に「情熱大陸」(MBS)でも取り上げられ話題を呼んだ、科学者でメディアアーティストの落合陽一です。

コンピュータの未来をアートと研究の両面から追求することをライフワークに、さまざまな開発を重ねている彼は、自然な形で機械と人間が融合する“デジタルネイチャー”という新たな世界観を説き、“現代の魔法使い”と称されています。

そしてもう一人は、多方面での活躍により、各種メディアでも広く注目を集めているデザイナー、佐藤オオキに決定しました!

彼は、「小さな“!”を感じてもらうこと」をコンセプトに、東京・ミラノを拠点として、建築・インテリア・プロダクト・グラフィックと多岐にわたるデザインを手掛けており、その代表作はニューヨーク近代美術館をはじめ、世界の主要な美術館・博物館に収蔵されています。

世界的に活躍する二人と萬斎からどんな話題が飛び出すのか、どうぞお楽しみに!

『MANSAI ◉ 解体新書 その弐拾八』 ホームページはこちら


『MANSAI ◉ 解体新書 その弐拾八』
「日本」~この国の仮想と現実(バーチャル・リアリティー)~


【日程】2018年10月10日(水)19:00
【会場】世田谷パブリックシアター
【出演】野村萬斎 落合陽一 佐藤オオキ
【料金】一般 4,000円 ほか各種割引あり
【一般発売】2018年8月26日(日)10:00~
この記事は公演主催者からの提供により、おけぴネットが製作しました

おすすめ PICK UP

ミュージカル『最終陳述 -それでも地球は回る-』開幕レポ…夜空を~見上げて~♪

【公演NEWS】中川晃教新譜「中川晃教 弾き語りコンサート2016 in Hakuju Hall」2019/2/20発売!初の弾き語りライヴ!広がるピアノと歌の美が蘇る!

【公演NEWS】ストップギャップダンスカンパニー『エノーマスルーム』日本初公演まで約2週間!

【芹香斗亜さん主演】宝塚宙組『群盗-Die Räuber-』観劇レポート

【公演NEWS】世田谷パブリックシアター×パソナグループ 『CHIMERICAチャイメリカ』ついに開幕!初日コメント・舞台写真が届きました

BSP『新選組 完結編』舞台写真&コメントが届きました!(会員感想コメントも♪)

【宝塚歌劇宙組 花音舞さん 芹香斗亜さんコメントも】梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 新緞帳お披露目!

ミュージカル『レ・ミゼラブル』2019 製作発表記者会見レポート

ミュージカル『エリザベート』おけぴ観劇会 開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)