【公演NEWS】世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009 『キネマと恋人』待望の再演決定!

映画に恋する一人の女性をめぐる心温まるロマンチック・コメディ
ケラリーノ・サンドロヴィッチとオリジナル・キャストが再び集結し
世田谷パブリックシアターにて待望の再演決定!

世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009
『キネマと恋人』
台本・演出=ケラリーノ・サンドロヴィッチ
2019年6月~7月再演へ(国内ツアーあり)


出演=妻夫木聡、緒川たまき、ともさかりえ、ほか
2019年6月~7月 会場=世田谷パブリックシアター
主催=公益財団法人せたがや文化財団 企画制作=世田谷パブリックシアター 後援=世田谷区




誰もが愛さずにはいられない、連日あたたかい拍手に包まれた『キネマと恋人』世田谷パブリックシアターにて再演決定!

2019年6月から7月、世田谷パブリックシアターは台本・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)による『キネマと恋人』を再演いたします(国内ツアーは5都市の予定)。2016年11月から12月にかけてシアタートラムにて初演された本作は、映画への愛にあふれたKERAの真骨頂ともいえるコメディーで、会場は連日あたたかい拍手に包まれました。初演時には数々の演劇賞を受賞し、再演の要望が最も高かった作品です。今回は会場をシアタートラム(約200席)から世田谷パブリックシアター(約600席)へ移し、オリジナル・キャストが勢ぞろいして、パワーアップした『キネマと恋人』をお届けいたします。




【概要】

ウディ・アレンによる映画「カイロの紫のバラ」にインスパイアされ、KERAが2016年に書き下ろした『キネマと恋人』。1930年代、架空の日本の港町に舞台を置き換え、映画が最大の娯楽だった時代に、映画に恋する一人の女性の銀幕俳優への淡い恋心をめぐって起こる騒動をロマンチック・コメディとして描き出しました。売れない映画俳優・高木高助役と、高助が映画の中で演じてスクリーンから現実の世界へ抜け出す間坂(まさか)寅蔵役の二役を妻夫木聡、映画に恋するヒロインの森口ハルコ役を緒川たまき、ハルコの妹ミチル役をともさかりえが演じるほか、映像監修に劇団☆新感線の『髑髏城の七人』シーズン「花」「鳥」「風」「月」「極」での映像も手がけた上田大樹、振付にカンパニー・デラシネラの小野寺修二も参加するなど初演時のキャスト・スタッフが再び集結し、夢の舞台が世田谷パブリックシアターに立ち上がります。

【あらすじ】

昭和11年(1936年)、秋。東京から遠く遠く離れた、日本のどこかにある小さな島の小さな港町。この町唯一の映画館では、東京で封切られてから半年遅れて、ようやく新作映画がかかる。今日もスクリーンを見つめるひとりの女性ハルコ(緒川たまき)。同じ映画を何度も鑑賞するハルコに気づいた登場人物・寅蔵(妻夫木聡)は、あろうことかスクリーンから現実の世界へと飛び出し、彼女を連れ出してしまう。寅蔵を演じた俳優の高木(妻夫木聡・二役)は騒動を聞きつけ、なんとか寅蔵を映画の中へ戻すべく2人を探し始めるが―――。


映画「カイロの紫のバラ」
1985年製作、1986年日本公開。監督・脚本ウディ・アレンによる映画。舞台は1930年代、アメリカのニュージャージー州。失業中の夫モンク(ダニー・アイエロ)に代わり、ウェイトレスをして家計を支えるセシリア(ミア・ファロー)。彼女のささやかな楽しみは映画館に通うこと。今は上映中の映画「カイロの紫のバラ」に夢中になって通い詰めています。そんなある日、映画の登場人物トム(ジェフ・ダニエルズ※トム役を演じる俳優ギルとの二役)は突如セシリアに語りかけます。さらにあろうことかモノクロのスクリーンから抜け出て、カラフルな現実の世界へと降り立ったことで、映画館や映画業界を巻き込んだ大騒動になります。そこにトムを演じた俳優ギル(ジェフ・ダニエルズ※二役)も現れて、セシリア、トム、ギルは不思議な三角関係に陥り、事態はますます混乱していき・・・。最終的にギルはセシリアを残してハリウッドに戻ってしまいます。失意のセシリアは、以前のように映画館の席に着いて、新作「トップ・ハット」のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのダンスを見つめます。



【2016年・初演時受賞歴】

第4回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞第51回紀伊國屋演劇賞個人賞(台本・演出ケラリーノ・サンドロヴィッチ)第68回読売文学賞(台本ケラリーノ・サンドロヴィッチ)


【プロフィール】


<台本・演出>ケラリーノ・サンドロヴィッチ(略称:KERA)
劇作家・演出家・映画監督・音楽家。1985年に劇団健康を立ち上げ、解散後の1993年にナイロン100℃を旗揚げ。2001年、KERA・MAPとオリガト・プラスティコを立ち上げる。1999年『フローズン・ビーチ』で第43回岸田國士戯曲賞受賞、現在は同賞の選考委員を務める。06年『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』の演出で翌年の第14回読売演劇大賞最優秀作品賞、15年、第40回菊田一夫演劇賞、そして16年、脚本・演出した『グッドバイ』で第23回読売演劇大賞最優秀作品賞、平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。本作『キネマと恋人』では第51回紀伊國屋演劇賞個人賞、第68回読売文学賞を受賞。2018年10月からはKERA・MAP『修道女たち』が開幕。チェーホフ四大戯曲全作品の演出からナンセンス・コメディまで、幅広い演劇活動を展開中。
<公演情報>
世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009
『キネマと恋人』

【台本・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【出演】
妻夫木聡 緒川たまき
ともさかりえ
三上市朗 佐藤誓 橋本淳
尾方宣久 廣川三憲 村岡希美
崎山莉奈 王下貴司 仁科幸 北川結 片山敦郎
【日程】2019年6月~7月※国内ツアーあり
【会場】世田谷パブリックシアター
【お問合せ】世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515
【主催】公益財団法人せたがや文化財団
【企画制作】世田谷パブリックシアター

この記事は公演主催者からの提供により、おけぴネットが製作しました

おすすめ PICK UP

ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』おけぴ観劇会 開催決定

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』2018大千穐楽カーテンコールコメント集&ライヴ録音盤CD発売決定!

【公演NEWS】芸歴20周年を迎える柚希礼音の記念企画!初挑戦となる一人舞台&ウーマンパワー炸裂の主演ミュージカル公演2作品「LEMONADE」&「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」上演決定!

【公演NEWS】新国立劇場『誰もいない国』開幕!舞台写真が届きました~一筋縄ではいかない実力派俳優たちの“怪演”も大きな見どころ~

中川晃教コンサート2018『I Sing~Wonderful Wonder~』ロングインタビュー

【イベントレポート】『伊礼彼方の部屋 vol.2~俺のフランキー、僕のフランキー、俺のフランキー~』

エディット・ピアフ 没後55年 大竹しのぶさん主演『ピアフ』開幕

井上芳雄さん主演『十二番目の天使』おけぴ観劇会 開催決定!

十一月新派特別公演「犬神家の一族」製作発表レポ

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)