【公演NEWS】思春期特有の疾走感と切なさがつまった、ひと夏の冒険譚『チック』2019年夏、再演決定!

夏休み、少年2人は車で旅に出る。
思春期特有の疾走感と切なさがつまった、ひと夏の冒険譚。


『チック Tschick』

2019年夏再演決定!




2017年に日本初演し数々の賞を受賞した
ドイツ発ロードムービー感あふれる舞台が待望の再演!

原作=ヴォルフガング・ヘルンドルフ 上演台本=ロベルト・コアル
翻訳・演出=小山ゆうな

出演=柄本時生 篠山輝信 土井ケイト 那須佐代子 大鷹明良




 ドイツ国内でミリオンセラーを誇るドイツ児童文学賞受賞小説「Tschick」を舞台化した『チック』は、14歳の冴えない少年マイクとロシア移民の転校生チックの2人の少年が、夏休みに無断で借りた車で旅をするというロード・ムービーさながらの物語です。

 2011年にドイツで初演、翌シーズンではドイツ国内で最も上演された舞台作品となり、現在でもなお上演の度にチケット完売が続くなど、大成功を収めています。また16年には同原作の映画版がドイツにて封切られ、2017年9月には日本でも公開されました。

 初演同様に、翻訳・演出を手掛けるのはドイツ出身の演出家小山ゆうな。2017年にはその功績が評価され数々の賞を受賞しました。14歳の少年役はドイツ版と同じように、その年齢を通りすぎてきた大人の俳優が演じることで、思春期特有の胸の痛みや、ピュアな感情が様々な年齢の方の心に響く作品となり、ご観劇されたお客様からも再演を希望する声が多く寄せられました。
 その『チック』が皆様の熱い声にお応えして2019年夏、シアタートラムに帰ってきます。

 チックとマイクを演じるのは、初演時にピュアでありながら“出口のない”思春期まっただ中の少年を演じ、等身大の演技で評価を得た柄本時生篠山輝信。また、チックとマイクを取り巻く風変わりな登場人物たちには土井ケイト大鷹明良が引き続き出演、そしてマイクの母親役には新たに那須佐代子を迎えます。
 世界中で愛される『チック』の再演にどうぞご期待ください。


【受賞歴】

第25回読売演劇大賞優秀演出家賞
第10回小田島雄志・翻訳戯曲賞(小山ゆうな)
第25回読売演劇大賞優秀スタッフ賞(乘峯雅寛)


【ストーリー】

 マイク(篠山輝信)は14歳、ベルリンのギムナジウムに通う8年生。アルコール依存症の母(那須佐代子)と、その母と喧嘩ばかりで家庭を顧みない父(大鷹明良)、そして気になる女の子だけでなく誰からも見向きもされない、あだ名もつけられない退屈な学校生活……“出口なし”の日常に嫌気がさしている。

 ある日そんな生活に大きな風穴をあける、転校生チック(柄本時生)がやってくる。彼はロシアからの移民らしく、風変りで得体のしれない雰囲気をかもしだしている。夏休みが始まり、いつにも増して最悪な気分のマイクの元に、チックは突然車を乗りつけてきた。

―どっか連れて行こうか?乗れよ―

 チックいわく“借りた”というオンボロなラーダ・ニーヴァ(ロシアのSUV)に乗り込み、チックのおじいさんが住んでいるというワラキア(ルーマニアの地方、またはドイツ語で「僻地」という意味)を目指し、2人だけの旅が始まる。

 見知らぬ大家族の家で味わう見たことも聞いたこともないけど“めちゃめちゃ美味い”料理、ゴミ山で出会う格好は汚いけど利発な少女イザ(土井ケイト)、いきなり銃撃してきたあとに昔話をするフリッケじいさん……旅先で出会う、一癖も二癖もある人たち。
 チックとマイクは、旅の中で、これまで見えていた世界とは違う新しい景色と出会っていく。


【公演情報】

世田谷パブリックシアター『チック』
2019年夏上演@シアタートラム

原作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ
上演台本:ロベルト・コアル
翻訳・演出:小山ゆうな
出演:柄本時生、篠山輝信、土井ケイト、那須佐代子、大鷹明良


【初演時に、おけぴ会員のみなさんから寄せられた感想】

「とにかくまず脚本がよいです。見る人によって、寄り添うキャラクターも突き刺さるポイントも違うでしょうが、だからこそ誰もが劇場を出る時に小さなお土産を貰ったような気持ちになると思います。舞台や映像化の使い方も面白かったですよ。オススメします!」

「この舞台に出会えてよかった!まさに現在ただ今を生きている少年たちと、彼らを取り巻く世界のリアリティが直接的現実感をもって身に迫って感じられます。過酷な状況をたくましく生き抜く若者の存在感が頼もしい。シンプルな舞台装置にミニチュアの自動車、スクリーンの映像の使い方も見事な演出。キャスト全員の素晴らしい演技にも拍手!」

「少年二人のひと夏の冒険が瑞々しく描かれ、今の時期にぴったりな作品。
 小道具や映像を使った楽しい演出はあれど、「青春はかくあるべき」的な説明臭い台詞がない点。二人を取り巻く厳しい現実も描かれている点が素敵でした。子供時代を知る、あらゆる世代に受け入れられると思います」

「チックとマイク、2人の旅で現実は何も変わっていないけれど、2人の中で何かが変わっているというのが素敵でした。ビデオカメラやラジコンなどを使った演出も斬新で楽しめます!一人称で語るところと俯瞰した視点で進んでいくところの切り替えも見所です!
 楽しすぎて一度も現実に戻らずに最後まで一緒に旅をできました」

「今年1番面白かった舞台!劇場に入った瞬間に今からこの舞台で何が起こるんだろうとワクワクしました。大きな転換がなくとも場面が変わるごとにその場所を想像でき、そうきたか!と一瞬一瞬がとても面白かった」



 初演と同じ、物語と同じ、夏に再演というのもうれしいですね。幅広い年代の方にご覧いただき、そして、語りたい!そんな作品です。続報に期待!!


この記事は公演主催者からの提供により、おけぴネットが製作しました

おすすめ PICK UP

ミュージカル『シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ』 おけぴ観劇会2日程開催!

新作ミュージカル『怪人と探偵』中川晃教さんインタビュー

【公演NEWS】世田谷パブリックシアター+ エッチビイ『終わりのない』チラシビジュアル公開&ポストトーク開催決定

【公演NEWS】METライブビューイングアンコール 濱田めぐみさん登壇トークイベントレポ

ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』霧矢大夢さんインタビュー

【公演NEWS】スリリングな女たちのミステリー・コメディ!KERA CROSS 第一弾『フローズン・ビーチ』神奈川・橋本プレビュー公演開幕!

【「八月南座超歌舞伎」】中村獅童さん、澤村國矢さんが意気込みを語りました【前編・獅童さん取材会】

【「八月南座超歌舞伎」出演】中村獅童さん、澤村國矢さんが意気込みを語りました【後編・國矢さん取材会&インタビュー】

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)