【公演NEWS】新国立劇場では本日5月14日(火)に演劇 少年王者舘「1001」が開幕しました

芸術監督小川絵梨子がファンを公言。
天野天街率いる「少年王者舘」が新国立劇場に初登場!


 唯一無二の存在感を放つ集団のひとつ、少年王者舘は愛知県名古屋市で1982年3月に天野天街氏によって旗揚げされました。以来、50本以上の作品を世に出しています。
 天野氏の創りだす舞台は、郷愁と一抹の怖さが漂い、観る人の五感を揺さぶり、刺激し、高揚させずにおきません。

 今回は新国立劇場のために書き下ろされた完全新作。少年王者舘×新国立劇場の舞台にぜひご期待ください!





【公演概要】
少年王者舘「1001」
2019年5月14日(火)~26日(日)@新国立劇場 小劇場

作・演出:天野天街
出演:
珠水 夕沈 中村榮美子 山本亜手子 雪港 小林夢二 宮璃アリ
池田遼 る 岩本苑子 近藤樺楊 カシワナオミ 月宵水
井村 昂
寺十 吾 廻 飛呂男 海上学彦 石橋和也 飯塚克之 ほか

芸術監督:小川絵梨子  主催:新国立劇場 

公演詳細はこちらから

<ものがたり>
1、ある・0、ない・0、ない・1、ある、
あるけどない、ないけどある。二進法に置き換えられた世界。
生死を賭けて終わりなき物語を紡ぎ続けたシェヘラザードの話法を借り、少年王者舘が今まで吐き出した数々のエレメントを、撹拌させ、混沌させ、融合させ、分裂させ、物語の中の物語の中の物語の中の物語の中に詰め込んで、ヒトのまばたく間に現出させる、魔法のような、量子論的千夜一夜物語。

この記事は公演主催者からの情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)