【公演NEWS】世界中で大絶賛を浴びた坂東玉三郎伝説の舞台 シネマ歌舞伎『鷺娘(さぎむすめ)』 世界最高峰のアーティストから称賛コメント到着!

★シネマ歌舞伎『鷺娘/日高川入相花王』★
6月21日(金)~7月4日(木)
東劇ほか全国の映画館で2週間限定上映






世界中で大絶賛を浴びた坂東玉三郎伝説の舞台
シネマ歌舞伎『鷺娘(さぎむすめ)』
世界最高峰のアーティストから称賛コメント到着!



 歌舞伎の舞台を撮影し、映画館で上映するシネマ歌舞伎。6月21日より2週間限定で、坂東玉三郎主演『鷺娘(さぎむすめ)』(「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」との2本立て上映)を上映いたします。

 狂おしい一途な恋心を、時に静かに時に華やかに踊り上げる「鷺娘」は女方の魅力が詰まったドラマティックな作品です。坂東玉三郎は、錚々たる世界的アーティストが顔をそろえたメトロポリタン・オペラハウス100周年記念ガラコンサート(1984年)など国内外で上演を重ね、大絶賛を浴びてきました。しかし高度な技術に加え、数十キロにも及ぶ衣裳・鬘をつけ踊り続ける体力を要するため2009年の上演を最後とし、以降全編を踊ることはないと明言しています。そんな伝説の名舞台がシネマ歌舞伎として再びよみがえります。今回は2006年に公開した作品を、坂東玉三郎自身の監修のもと補正・調整を行ったサウンドリマスター版として映画館で初公開いたします。

 公開に際し、玉三郎とも親交のあるミハイル・バリシニコフ氏シルヴィ・ギエム氏からコメントが到着しました。

 現代の最も偉大なダンサーの一人と称されるミハイル・バリシニコフ氏は、アメリカン・バレエ・シアターでプリンシパル・芸術監督を務めるなど世界的に活躍。映像作品にも挑戦し『愛と喝采の日々』(1977)ではアカデミー助演男優賞にノミネートされました。玉三郎とは、1998年に舞踊公演で共演しています。また、シルヴィ・ギエム氏も100年に一人と称される世界最高峰のバレリーナで、パリ・オペラ座や英国ロイヤル・バレエ団などで活躍。大の親日家としても知られ、歌舞伎の女方へのオマージュを込めた作品「エオンナガタ」を2011年に発表しています。2015年に現役引退。





美が、完璧な人間という器を得ることはまずない。

坂東玉三郎の『鷺娘』を除いては。

彼のパフォーマンスでは優雅さ、テクニック、ビジョン、

そしてドラマがその不滅の肉体において一つになっている。

すべての瞬間は感情に満ち溢れ――時に抑制され、時に解放され――、

しかしながら常に、この現代最高峰の女方の圧倒的なコントロールのもとにおかれている。

ミハイル・バリシニコフ








『鷺娘』を観た日、一緒に鑑賞した姪にこう言った。

「今まさに『美』を観たのよ。」

人生には、シンプルで純粋な感情を目撃した衝撃で、自分が永遠に変えられてしまう瞬間がある。

この舞台はそんな瞬間だった。

シルヴィ・ギエム





シネマ歌舞伎『鷺娘/日高川入相花王』(2本立て上映)本編尺61分【鑑賞料金(税込)】1,100円均一

出演:「鷺娘」坂東玉三郎(2005年5月歌舞伎座)「日高川入相花王」坂東玉三郎尾上菊之助市川九團次(2005年10月歌舞伎座)

シネマ歌舞伎『鷺娘/日高川入相花王』作品ページ


【 予告 】



この記事は公演主催者からの情報提供によりおけぴネットが作成しました

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)