渋谷の街にシスターたちが舞い降りる!ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』いよいよ開幕!初日前囲み取材レポート♪



 観客を熱狂の渦に巻き込んだミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』がいよいよ開幕!あの力強くてチャーミングで敬虔なシスターたちが帰ってきます。渋谷・東急シアターオーブを皮切りに、富山・オーバード・ホール、静岡・静岡市清水文化会館(マリナート)、大阪・梅田芸術劇場メインホール、名古屋・愛知県芸術劇場 大ホール、福岡・博多座、そして2020年2月の長野・まつもと市民芸術館まで、シスターたちがみなさまに愛を届けます♪



森公美子さん、朝夏まなとさん


 開幕を前に、主人公・歌手のデロリス役の森公美子さん、朝夏まなとさんの囲み取材が行われました。

──まずはご挨拶から。



森さん)
 2014年の初演以来デロリス役を務めております、森公美子です。今回は帝劇ではなく、変わりゆく渋谷の街が一望できるシアターオーブでの上演です。まずなにより、渋谷の変わりように驚いております(笑)。


朝夏さん)
 本日はお集まりいただきありがとうございます。同じくデロリス役の朝夏まなとです。


森さん)
 (朝夏さんを見て)ちゃんとしてる!!




朝夏さん)
 今回からの参加となりますが、大先輩の森さんからたくさんのことを学んでおります。キャストのみなさんも本当に仲が良く、この作品同様にワイワイ盛り上がっております!早くお客様にご覧いただきたいと思っております。



──森さんは初演からこの役を務め、「デロリスと言えば、『天使に~』と言えば森さん」というイメージが確立されています。



森さん)
 別作品になりますが、(映画版でデロリス役を演じた)ウーピー・ゴールドバーグさんの吹替をやらせていただいたご縁で、こうしてデロリス役や同じく彼女が演じた『ゴースト』のオダ・メイ役などをミュージカル版でやらせていただいています。そこにはすごくご縁を感じていますし、ありがたいと思っております。(声を大にして)でも!!




森さん)
 やっぱりですね、(朝夏さんのような)手足の長い綺麗な方がおやりになると「同じ踊り?」って思うんです(笑)。そのくらい仕上がりが、モノが違います!やはり宝塚のスターさんは決めポーズがバシッと決まる!私はそのあとドゥルルと(余韻のような)揺れが。「まぁ様、カッコイイ!」と言いたくなる、私は(朝夏さんのデロリスの)一番のファンです。




朝夏さん)
 すごいハードルが上がりましたね(笑)。


──今回、初参加となる朝夏さんは初日を前にどのような心境ですか。



朝夏さん)
 私は稽古への参加が少し遅れたのですが、最初は初演からのキャストのみなさんの仕上がり具合にびっくりして不安でいっぱいでした。でも、森さんが細かなところまで全て教えてくださったので、「よし頑張ろう!」という気持ちになれました。稽古中はみなさんが口を揃えて「楽しいよ〜、いい作品だよ〜」とおっしゃっていて、私も早くそこまで行きたいと思って稽古を重ねていまいりました。そして今、それが少しずつ実感できるようになりました。演じていて楽しいですし、みんなのパワーも感じられるようになり、ようやく仕上がってきたのかなと──




森さん)
 いや、完璧ですよ!昨日の舞台稽古でも思わず「まぁちゃん、パーフェクト!」と言っちゃうくらい(笑)。お互いに抜けるところをフォローし合い、助け合いながらやってきましたからね。



──本作の特徴をどのように捉えていらっしゃいますか。



朝夏さん)
 音楽に関してはリズムの取り方・感じ方が難しかったですね。ゴスペルを本格的にやっていたわけではないので。でもとにかくアラン・メンケン氏の楽曲は素晴らしい!


森さん)
 アフタービートを感じるとかね!楽曲も幅広く、モータウン系のものもあれば宗教曲も入っている。本当にアラン・メンケンってすごいんだな、それはやればやるほど感じます。歌の力を巧みに引き出すんです。



──お二人が手にしていらっしゃるものは?



森さん)
 よくぞ訊いてくださいました!これはカーテンコールで使うんです。お求めいただかないといけないのですが(笑)、カーテンコールで一緒に振っていただければ盛り上がるかと。


朝夏さん)
 みんなで一緒に歌って踊るというところが用意されているんです!
※1

森さん)
 これまでの公演でも劇場が揺れる?!と感じるくらいみなさん盛り上がってくださいました。オーブさまは基本構造がしっかりしているので、私クラスの方が踊っても大丈夫(笑)!
※2


──この作品で年越し!2019年を振り返っていかがですか。



朝夏さん)
 あっという間でした。素敵な舞台にたくさん出演させていただき、一つひとつまったく違うタイプの女性に挑戦してまいりました。その締めくくりがデロリスです。私自身、初挑戦となる情熱的な生命力のある役なので、このデロリスを全うして2019年を締めくくることができればと思います。


森さん)
 私も『レベッカ』『レ・ミゼラブル』、そして本作と昨年からずっと舞台が続いております。一年を通してたくさんのお客様のご声援をいただき、それを栄養・糧としこのように巨大化が止まりません(笑)!そんな素晴らしい一年でした!



──最後にひと言!



朝夏さん)
 『天使に~』いよいよ開幕いたします。私自身もこの作品が大好きです。素晴らしいキャストのみなさんと一緒に盛り上がりたいと思いますが!この作品はお客様が入って完成です。みなさん、ぜひぜひ劇場へいらしてください。


森さん)
 『天使に~』を観にいらして、いっぱい心の栄養を補給してください。絶対に損することはございません。たくさんの温かいものをお持ち帰りになっていただけると思います。劇場でお待ちしています!



【森公美子さんインタビュー】ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』再々演!はこちら





 全くタイプの違うお二人のダブルキャストなのですが、とってもチャーミングという共通点がどちらもデロリスだわ!と感じさせます。会見中もお互いを見つめる視線に尊敬と慈愛が溢れていました♪素敵なダブルキャストですね!

 ほかにもデロリスの幼馴染の警察官エディには石井一孝さん、ギャングのボス・カーティス役は大澄賢也さんと新キャストの今拓哉さんのダブルキャスト。ギャングの子分三人組には続投の泉見洋平さんKENTAROさんに加えて、林翔太さん(ジャニーズJr.)が初参加です。シスターたちも多彩なメンバーがそろいました。鉄板の春風ひとみさんに加えて未来優希さん屋比久知奈さんが初出演、オハラ神父役として小野武彦さんが新たに加わりました。もちろん厳格な修道院長役は初演から演じている鳳蘭さん!!

 そして会見でも話題に上がったアラン・メンケン氏(『リトル・マーメイド』『アラジン』『美女と野獣』『魔法にかけられて』など)の最高にポップで、ロックで、メロディアスなナンバーはダイレクトに心を打ちます。カーテンコールの修道院長登場のBGMを聴くだけで涙がこみ上げてくるほど♪

 そんなミュージカルの素敵がいっぱい詰まったキラキラな作品!ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』、開幕です!


※1 一緒に踊ろうカーテンコールの前にはダンスレクチャーがございます!
※2 2階、3階のお客様は場内アナウンスに従って安全に盛り上がりましょう♪



ゴスペルクワイヤーによる開演前ステージライブも一部日程で開催決定♪


【公演情報】
ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』
2019年11月15日(金)-12月8(日) 東急シアターオーブ
ほか全国ツアー公演あり 


音楽:アラン・メンケン/歌詞:グレン・スレイター
脚本:チェリ・シュタインケルナー&ビル・シュタインケルナー
演出:山田和也
翻訳・訳詞:飯島早苗
指揮:塩田明弘 

出演:
デロリス・ヴァン・カルティエ:森公美子/朝夏まなと(Wキャスト)
エディ:石井一孝
カーティス:大澄賢也/今拓哉(Wキャスト)
シスター・メアリー・ラザールス:春風ひとみ
シスター・メアリー・パトリック:未来優希
シスター・メアリー・ロバート:屋比久知奈

TJ:泉見洋平
ジョーイ:KENTARO
パブロ:林翔太(ジャニーズJr.)
オハラ神父:小野武彦
修道院長:鳳蘭

荒田至法/石川剛/坂元宏旬/常住富大/
池谷祐子/伊藤典子/伊宮理恵/大竹萌絵/神谷玲花/
河合篤子/坂口杏奈/柴崎咲子/鈴木裕香/須藤香菜/田中利花/千葉由香莉/堤梨菜/元榮菜摘/吉田彩美

公演公式サイト


おけぴ取材班:chiaki(撮影・文)監修:おけぴ管理人

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)