【公演NEWS】栗山民也×鈴木杏のタッグで届ける三好十郎による女優の一人芝居『殺意 ストリップショウ』2020 年 7 月シアタートラムにて上演決定!

『殺意(ストリップショウ)』は、1950年に発表された三好十郎による女優の一人芝居。
日本を代表する演出家・栗山民也を迎え、この大役に鈴木杏が挑みます。


 お二人からのコメントが届きました。



三好十郎の「声」
栗山民也

「三好十郎の仕事」(學藝書林刊)という四巻本を大学の通りの古本屋で見つけ何度も手に取るのですが、当時の学生の身では高額でとても届かず、だけどどうしても欲しいという気持ちでいっぱいになり、全てを削って買い求めたときのことが、今でも記憶の中に熱く残っています。

 そしてこの四巻本の世界のなかを夢中でさまよい、人間の生命力、業、女性の確かさ、そして人間の無数の声、欲望、甘え、ずるさ、醜さ、美しさなど、とにかくありとあらゆる人間の感情の姿に、出会えた気がします。

 時代の流れによって動かされた戦後思想の、その不条理なあり方に向き合った一人の女の全身をかけたドラマ「殺意」を、今どうしても人の心の壊れた時代に上演したいと思うのです。モノローグという劇形式をとることによって、より心の奥底に澱んでいた隠された気持ちが、一つひとつ生命力としての「声」になって響いてくるのです。その強い叫びのような三好さんの「声」を、今、聞きたいと願うのです。

 「けだものだと思はうではないか、
 そしてもう一度、
 自分たちの姿を見直そうではないか。」

 これは私の昔のノートに書き写された、三好さんの「貧乏の歌」という詩のなかの一説です。


鈴木杏コメント

信頼してやまない栗山民也さんが、
とてつもないハードルを与えてくださいました。
やらせてください、としか言えませんでした。
あまりに大きな壁に今はただ震えるばかりですが、三好十郎さんの美しい台詞の海を泳げることは、役者としてこの上ない幸運なことだと思っています。
「殺意」という素晴らしい戯曲を演じるには頼りない器ではありますが、
いままでの自分、
いまの自分、
これからの自分、
全部を余すことなく使って、挑みたいです。
劇場で目撃していただけたら幸いです。
お待ちしています。



『殺意(ストリップショウ)』
【作】三好十郎
【演出】栗山民也
【出演】鈴木杏
【日程】2020年7月【会場】シアタートラム
【主催】公益財団法人せたがや文化財団
【企画制作】世田谷パブリックシアター【後援】世田谷区

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

12/15感想追記!【公演NEWS】新国立劇場 演劇「タージマハルの衛兵」開幕!舞台写真&小川絵梨子さん(演出)、成河さん、亀田佳明さんのコメントが届きました。

(感想追記12/14)【開幕レポート】長塚圭史演出、白石加代子出演 『常陸坊海尊』【KAAT 神奈川芸術劇場】

【おけぴ観劇会開催!】ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』

【中村勘九郎さん&七之助さん】明治座 『三月花形歌舞伎』おけぴ観劇会 昼夜2日程開催決定!

井出卓也さん一人芝居『BLACK SHEEP』舞台写真&感想コメント到着!

【公演NEWS】舞台『スマホを落としただけなのに』上演決定!【キャスト・スタッフコメントあり】

【公演NEWS】舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』第一弾キャストが発表!コメントも到着

『初笑い!松竹新喜劇 新春お年玉公演』元日より南座にて上演!

ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』鈴木拡樹さん&三浦宏規さん、Wヒロキ合同取材会レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)