井出卓也さん一人芝居『BLACK SHEEP』舞台写真&感想コメント到着!

 俳優・ラッパーとして活躍する井出卓也さんと、この夏上演された『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』で翻訳・演出をつとめた福山桜子さん(脚本・演出)がタッグを組んだ一人芝居『BLACK SHEEP』が上演中。

 舞台写真とともに、観劇してきたおけぴ会員のみなさまの感想コメントをご紹介いたします♪
(以下、▼黒字はおけぴ会員から寄せられた感想コメント)


『BLACK SHEEP』ストーリー
歌舞伎町のど真ん中に住む心理学者・千(ユキ)の元へ、刑事が訪れる。
"嘘を見抜くプロ"と噂される千に、ホストクラブで青年が亡くなった事件について調査して欲しいと言う。
千は恩師の紹介で来た刑事の依頼を断れず、友達系ホスト・サルトルとホストクラブへ潜入調査することとなる。
一方で、千は大切な友人・春翔(ハルト)との過去と対峙する……。

嘘を見抜けることは幸せなのだろうか。
その先にあるものとは……?





▼1人芝居ながら、いろんなキャラクターに変幻自在な井出卓也さんの演技のおかげで彩り豊かに楽しめました。


▼最初は、変わり者や人嫌いのプロファイラーの推理劇だと思ったので、そういう作品は結構あるし類型的かなと感じましたが、推理ものの味付けは、千という人間を描く為のエッセンスであることに気づきました。
希望を見せるラストで幸せな気持ちで帰れる作品でした。



▼舞台セットがアート作品みたいで素敵でした。ガムテープのパフォーマンスもインスタレーションみたいでよかったです。

▼心理学者を中心に据えてのお芝居で、井出さんの一挙一動と台詞とを照らし合わせながら追い掛けてしまいました。


▼千の心理と連動する舞台空間、ラストの解放とともに張り巡らせたテープを切る演出は清々しかったです。
また、群れを嫌う煽り文句とは裏腹に、黒い羊は孤独な一匹ではなかったという結末に優しさを見ました。




 "リアルに役を生きる"ことに向き合ってきた井出卓也さんと福山桜子さんがタッグを組んでおくる、演劇の醍醐味たっぷりの一人芝居『BLACK SHEEP』は、12月15日(日)まで、Woody Theatre 中目黒にて上演中です。

「役としてリアルに生きて、誰もが持つ悩み、葛藤を昇華していく。その過程を目の前で見ていただけるはず」

脚本・演出の福山桜子さんインタビューもぜひどうぞ♪


【福山桜子(ふくやま・さくらこ)さん プロフィール】
デヴィット・ルヴォー、三谷幸喜などの作品に演出スタッフとして参加。渡米後、ニューヨーク・オフ・ブロードウェイなどで脚本・演出、映画・ドラマ・PV・CM・情報番組などの構成作家・ディレクター、また、米アカデミー/グラミー受賞・石岡瑛子など、世界的に著名なクリエーターのスタッフとしても活動。2010年日本での活動も再開。脚本、演出、映像監督、アクティングコーチとして、多岐に渡り、こだわりを見せる。アクティング・コーチとしてはハリウッドスターのコーチ同様、日本で希有な「主演クラスの俳優」をコーチングする高い技術を持つ。コミュニケーション分野では非言語を専門として立教大学で講義を持つ。2019年には『ヘドウィグ ・アンド・アングリーインチ』の翻訳・演出をつとめた。



【井出卓也(いで・たくや)さんプロフィール】
幼少期から芸能活動を始め、テレビ、舞台、CM、映画、あらゆるメディアで活躍。近年ではラッパーとしての活動も展開させている。俳優としては『Fate Grand Order THE STAGE』シリーズで人気キャラクター/ロマニ・アーキマンをつとめ、膨大で壮大なセリフをリアルに演じきった。また、2019年4月よりスタートしたニコニコ生放送井出卓也チャンネルでは、毎月、1つのキャラクターを演じきる一人芝居を生で放送。俳優としての新たな試みを続けている。主な代表作:KREVA音楽劇『最高はひとつじゃない』、NTV『ホタルノヒカリ2』、など。
オフィシャルサイト


一人芝居『BLACK SHEEP』
2019年12月12日(木)〜15日(日) Woody Theatre 中目黒

出演:井出卓也
脚本・演出:福山桜子
舞台美術:松生紘子/ 照明:C.A.T. 福永直哉/ 音響:富田聡/ 舞台監督:福山雅朗

<INTRODUCTION>
たくさんの真っ白の羊たちの中に一匹だけいる黒い羊。
よくもわるくも、とても、目立つ。
でも黒い羊は、周りが全部白いので、自分が黒いとは気づかない。
でも白い羊は、黒い羊だけ黒いので、怖がり、疑い、戦おうとする。
実際、黒い羊が、白い羊と違うところは、色が黒いというだけなのだけれど。
最初は、それだけだったのだけれど。
あなたは、白い?それとも、黒い?
それとも・・・?

<black sheep [bláck shéep]>
名詞(可算名詞)<<複数形>>black sheep
(家族・仲間の)厄介もの、つらよごし、恥さらし、持て余しもの。変わりもの。

<STORY>
歌舞伎町のど真ん中に住む心理学者・千(ユキ)の元へ、刑事が訪れる。
"嘘を見抜くプロ"と噂される千に、ホストクラブで青年が亡くなった事件について調査して欲しいと言う。
千は恩師の紹介で来た刑事の依頼を断れず、友達系ホスト・サルトルとホストクラブへ潜入調査することとなる。
一方で、千は大切な友人・春翔(ハルト)との過去と対峙する……。

嘘を見抜けることは幸せなのだろうか。
その先にあるものとは……?

公演詳細は井出卓也さん公式サイトをご参照ください
公式サイト

おすすめ PICK UP

ミュージカル『メイビー、ハッピーエンディング』GPレポート~アナログな質感が心地よい~

ミュージカル『生きる』新納慎也さん&小西遼生さんインタビュー

【公演NEWS】ミュージカル『VIOLET』日本キャスト版 今年9月、3日間のみの限定上演決定!(演出の藤田俊太郎さんからのメッセージが届きました)

【公演NEWS】ミュージカル『メイビー、ハッピーエンディング』初日前オフィシャルコメントが届きました!

【公演NEWS】新国立劇場 中劇場にて演劇『イヌビト ~犬人~』開幕!

【公演NEWS】<7/31 ビジュアル公開>世田谷パブリックシアター 現代能楽集Ⅹ『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より

ミュージカル『フラッシュダンス』おけぴ観劇会(再募集)

【公演&配信NEWS】『駒田一&屋比久知奈の劇場から飛び出して』vol.2 ~レミゼだよ!全員集合!!~

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)