南座 イマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章』より~ 製作発表レポート


 2020年1月24日から2月4日まで南座で上演されるイマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章』より~の製作発表が行われ、出演者が公演への思いを語りました。

【“イマーシブシアター”とは?】
 「イマーシブ(immersive)=没入する、没頭する」の意味のとおり、その世界観に引き込まれるような体験型の演劇・パフォーマンス作品。観客は会場を回遊したり、見るものを自ら選択したりしながら、作品を“体感”することができる。ニューヨークでは、ホテルとして作られた建物を一棟まるごと使い上演されている『Sleep No More』が人気を集めロングラン公演中。日本でもダンスカンパニー「DAZZLE」が 2017年に『Touch the Dark』を上演。東京ワンピースタワー×DAZZLE「イマーシブシアター『時の箱が開く時』」をプロデュースするなど、最新型の演劇スタイルを提示、牽引している。





 歌舞伎発祥の地に建ち、昨年末に新開場した南座。日本最古の歴史を持つ劇場が、1階客席部分を全面フラット化可能など、最新の設備を持つ劇場に生まれ変わりました。

 その南座が新たに取り組むイマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章』より~は、観劇するエリアによってさまざまな体験が待つ参加型演劇。

 1階席の観客は都人(みやこびと)となり、演者と客席の境目がないフラットな空間を回遊しながら、自ら見たいものを選択し、物語の世界に没入する参加型スタイル。

 2、3階の上階席の観客は雲上人(うんじょうびと)となり、舞台進行を俯瞰しながら鑑賞。物語のクライマックスでは、5人の男のうち誰がサクラヒメの相手としてふさわしいかを決める裁決(投票)に参加します。裁決の結果によって、物語の進行がかわるマルチエンディングも魅力のひとつです。

 前世の記憶をもとに、ヒロイン“サクラヒメ”が運命の相手を探し求める物語は、歌舞伎の演目として知られる「桜姫東文章」に題材を取っていますが、ストーリーやキャラクターはオリジナルですので、歌舞伎の知識が全くなくても大丈夫。目の前で繰り広げられる臨場感ある場面、出演者のパフォーマンスを楽しめるステージになりそうです。




サクラヒメ役:純矢ちとせさん

 前世の記憶をもとに運命の相手を探し求める サクラヒメ役を演じるのは、元宝塚歌劇団宙組の娘役で、退団後これが初の舞台出演となる純矢ちとせさん。宝塚在籍中から得意としていた日本舞踊に加え、三味線、唄、ダンスなど多彩な見せ場があるとのこと。

「5人の男性の想いを寄せていただく幸せな役。みなさまの投票で毎回結末が変わりますので、何度でも楽しんでいただける作品になるのでは。サクラヒメの衣裳は上半身は着物風ですが、下はマーメイドスタイルのドレスになっています。作品の内容も日本舞踊だけでなく、洋舞やお三味線など、和と洋の融合が魅力的だと思いました。マルチエンディングについては私よりも、共演者の皆さまのほうが大変。私は毎回、結果を楽しみに待ちたいと思います(笑)」




陰陽師役:川原一馬さん

 サクラヒメと出会う5人の男性のうちのひとり。神秘的な陰陽師役の川原一馬さん。上階(2.3階)席でのパフォーマンス(タップダンス)宣言も!?

「1階席はお客様との距離が近いので、僕らから(観客に)アプローチする場面もあるかもしれません。また、上階でのパフォーマンスではタップダンスをお見せできればと。サクラヒメの相手として選ばれるかどうかドキドキもありますが、選んでいただけるよう全力でパフォーマンスしたいと思います」




浪人役:荒木健太朗さん

 孤高の気高さを持つ浪人役は荒木健太朗さん。剣術に秀でた役どころということで、得意の殺陣を間近で見られる場面も…!?

「今日、純矢さんとお会いして、“ああ、もう僕しか選ばれないな!”と思いました(笑)。日本独特の刀という武器の美しさ、色気を、京都を訪れる海外の方にもアピールできれば。実は今年の春に祇園白川で花見をしたあと、南座を見て“いつかこの場所に立てたら最高だな!”と思ったんです。それがこのような形で叶うとは…みなさん、夢は叶います!」




義賊役:世界さん(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)

 ユーモアと自由を愛し、弱者を助ける義賊役は、「EXILE」「FANTASTICS from EXILE TRIBE」のメンバーとして活躍する世界さん。ストリートダンスだけではないダンス力、役者としての顔まで、後日おけぴインタビューでもご紹介予定です!

「最新の演劇システムに参加できて光栄です。お客様も含め、その空間にいる全員で作り上げる“サクラヒメ”。毎回違うものになるはずです。表情、指先、細かい所作を隅々まで見ていただけます。僕らとお客様がからむ場面もあると思いますのでお楽しみに。上階のお客様にアピールするパフォーマンスはいま考え中です。「Choo Choo TRAIN」を踊るわけにもいかないし…でも、もしかしたらそんな演出もあるかもしれませんね」




鳶役:平野泰新さん(MAG!C☆PRINCE)

 一本気で仲間思い、男気あふれる鳶を演じるのは、これが初めての舞台出演となる平野泰新さん(MAG!C☆PRINCE)。元男子新体操選手の経歴を活かしたアクロバットで上階へのアピールにも自信を見せてくれました。

「初めての舞台出演で、由緒ある南座に立てることが嬉しいです。人生の半分以上続けてきた新体操で培った表現力、アクロバットの技、僕にしかできないものをしっかりお見せして、最後のひとりに選んでいただけるようにがんばります。上階のお客様にもアピールできるよう、できるだけ高くジャンプして、皆さまの目線に近づきたいと思います!」




町医者役:Toyotakaさん(Beat Buddy Boi)

 貧しい人々を無料で診察する心優しい町医者役は、HIPHOPクリエイティブ集団「Beat Buddy Boi」として海外で賞を受け、植木豪さん率いる「BREAK FREE」のメンバーとしても活躍する Toyotakaさん。

「アメリカのHIPHOPカルチャーに影響を受けてきましたが、(義賊役の)世界と三味線の音をサンプリングした楽曲で踊ったり、日本人としての表現も模索してきました。そんな自分が歴史ある南座の舞台にストリートダンサーとして立てることがすごく誇らしいです。こんな町医者だったら毎日診察してもらいたいと思ってもらえるようなダンスをお見せしたい。でも僕は「Choo Choo TRAIN」を踊るわけにもいかないので…(笑)、ダンススタジオの鏡の前ではなく、道端で踊ってきた経験を生かして、1階も上階も、全方向にダンスを大爆発させたいと思います」




盗賊役:高田秀文さん(DAZZLE)

 5人の男性に“試練”を与える盗賊役は、「DAZZLE」メンバーとしてこれまでに数多くのイマーシブシアターを体験してきた高田秀文さん。不可解な行動をとる盗賊の“前世の秘密”とは…?

「日本のイマーシブシアターといえば「DAZZLE」、僕自身もこのなかでは一番経験がありますので、皆さんを引っ張っていきたいと思います。(サクラヒメに)選ばれるのは、5人の中の誰かなのですが、それでも自分が選ばれるようにがんばりたい(笑)。皆さんから色々なものを盗みたいと思います」




雲上の導者役:新里宏太さん

 雲上の導者として、上階席の雲上人と人間の橋渡しをするのは新里宏太さん。アニメ『ONE PIECE』の主題歌「HANDS UP!」や、ミュージカル『スタミュ』などでご存じの方も多いはず。

「雲上ですので、2・3階のお客様と過ごす時間が多いと思います。普段は歌手として活動しているので歌唱披露にも注目していただければ。僕も選ばれる権限はないのですが、何かの間違いで選ばれるように(笑)、がんばります!」




前列左より:三宅康之さん(TSプロモート株式会社)、飯塚浩一郎さん(DAZZLE)、純矢ちとせさん、安孫子正さん(松竹株式会社)

 製作発表には、脚本・演出をつとめる「DAZZLE」の代表・飯塚浩一郎さん、公演を主催するTSプロモート株式会社 取締役の三宅康之さん、松竹株式会社 代表取締役副社長 演劇本部長の安孫子正さんも登壇。

 松竹と寺田倉庫の2社によって設立されたTSプロモートのコンセプトを「文化を継承し、さらに次世代に続く新たな文化を作っていく」(三宅さん)とし、「日本最古の劇場から新しい文化を発信する、新しい芝居を続けることが南座の使命。400年前に歌舞伎が発生したのも出雲阿国の踊りから。ストリートダンスは現代の阿国踊りだと思う。この試みが新たな出発点になれば」(安孫子さん)と製作側の熱い思いを語りました。

 飯塚さんによれば、上演予定時間は70分前後。1階の都人(みやこびと)エリアに座席はなく、観客は演者に導かれながら自分の見たいものを追いかける形になるとのこと。上階(2・3階)は雲上人(うんじょうびと)エリアとなり、全体を俯瞰するように作品を鑑賞することがきるほか、ストーリーのクライマックス前には、5人の候補からサクラヒメの相手役を選ぶ裁決(投票)に参加可能。また5人のキャストは必ず1度は上階に現れパフォーマンスする場面があるとの嬉しい情報も。

 イマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章』より~は京都四條南座で1月24日に初日を迎えます。

 

日本最古の劇場で楽しむ、最新型の演劇体験!



【義賊役・世界さん(EXILE)おけぴインタビューも近日公開予定!】



【公演情報】
イマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章』より~
2020年1月24日(金)~2月4日(火) 南座

脚本・演出・振付:DAZZLE

出演:
純矢ちとせ

川原一馬/荒木健太朗/世界(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)/平野泰新(MAG!C☆PRINCE)/Toyotaka(Beat Buddy Boi)

高田秀文(DAZZLE)/新里宏太


青木仁美/新井菜央/伊東芽衣/加藤花奈/河合国広/佐藤航/澤村佳子/鈴木麻衣子/野村采可/前田怜奈/増田美咲/村松久瑠美/本橋 侑季/吉澤光雄/吉浜あずさ/坂東はつ花/若柳弥天/藤間京之助/花柳寿紗保美/泉秀彩霞/藤間倭玖河/泉葵三照/香翔なおと

あらすじ:
意に添わぬ縁談から逃れるため、心中によって成就させた一組の男女の恋・・・
転生し花魁となったサクラヒメ(純矢ちとせ)。前世の記憶を頼りに運命の相手との再会を望んでいた。
そこで出会う5人の男性。
木々の声を聴き、星の行方を読み、術を操る神秘的な陰陽師(川原一馬)、孤高の気高さと圧倒的な剣術の強さを持つ浪人(荒木健太朗)、弱者の味方、優しさとユーモアを併せ持ち自由に生きる義賊(世界)、一本気で仲間思いの男気に溢れ火事場でのアクロバティックな活躍を見せる鳶(平野泰新)、医は仁術の精神で、貧しい者には無料で治療を施す心優しき町医者(Toyotaka)。
それぞれの思いが交錯する中、 都で噂の盗賊(高田秀文)による不可解な行動が始まる。
雲上の導者(新里宏太)の歌唱に導かれ、雲上人(2・3階エリアのお客様)はいよいよ運命の相手を裁決(投票)する時が訪れ、運命の男の記憶が蘇る―――
最高の技術を持つ出演者たちによる、日舞、剣舞、タップ、ストリートダンス、アクロバット、歌唱…各ジャンルのトップクラスのパフォーマーが織り成す輪廻の夢世界…。
各々個性豊かな技術を持つ出演者たちによる至高のパフォーマンスで構成された歌舞伎の「桜姫東文章」より材をとったオリジナルストーリー。
2・3階の特設アクティングステージでしか観られないシーンにも注目。
各階でしか味わえない/観ることが出来ないシーンが散りばめられた劇場丸ごと、没入空間!
どの体験(どの階)を選ぶか、運命の相手が誰か、いずれを選ぶのもあなた次第!

公演公式サイト

おけぴ取材班:mamiko(文/撮影)  監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

【おけぴ観劇会】ミュージカル「プロデューサーズ」おけぴ観劇会 11/21(土)昼開催決定!

【公演NEWS】炭治郎たちが京都南座初お目見得! 「鬼滅の刃」×「京都南座 歌舞伎ノ舘」詳細決定!

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー〜』2020開幕!

【公演NEWS】駒田一さんがゲストと共に音楽とおしゃべり、笑いをお届け!『さぁはじめまショー〜The Triangle Variety Show〜』11月6日20時スタート!

【公演NEWS】『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』 三谷幸喜・松本幸四郎・片岡愛之助登壇 完成披露舞台挨拶開催リポート

【配信NEWS】10月10日「相葉裕樹TALK&LIVE2020」生配信決定!

【公演NEWS】「GOEMON抄」大阪松竹座で開催決定!フラメンコ、立廻り、プレミアムトークも!

【おけぴ観劇会】ビューティフルおけぴ観劇会 2020/11/15(日)昼 開催決定!

「現代能楽集Ⅹ『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より」相葉裕樹さんインタビュー

【配信NEWS】10月29日!グランアーツスペシャルLIVE「HEROES ~Another version vol.2~ @ Online」配信決定!(無観客生配信ライブ)

ミュージカル『生きる』新納慎也さん&小西遼生さんインタビュー

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)