【公演NEWS】CBGKシブゲキ!!presents 『春母夏母秋母冬母』キャストコメント到着!

 2020年2月13日(木)から2月19日(水)まで、渋谷・CBGKシブゲキ!! にて『春母夏母秋母冬母』が上演されます。


 FUKAIPRODUCE 羽衣の第2 回公演として2018年に初演された本作。作・演出・音楽は初演と同じくFUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介さんが手がけるほか、オリジナルキャストの深井順子さん(FUKAIPRODUCE羽衣主宰)、森下亮さん(クロムモリブデン)に加え、今回から新たに土屋神葉さん上西星来さん(東京パフォーマンスドール)の出演も決定。オリジナルキャスト、新キャスト、各カップルでの上演のほか、新バージョンとして組み合わをシャッフルした上演回も設定されています。



<CBGKシブゲキ!!よりコメント>
2018年初夏のことでした。 吉祥寺での初演が忘れられず、CBGKシブゲキ!!からFUKAIPRODUCE羽衣さんへラブコール。 2020年の冬に実ります。
1組の男女が時を超え、性別も超え、織りなす物語。
深夜の公園で遊ぶ「こなこ」と「ユキユキ」の中学生カップル。そのシーンの中に、こなこと母、ユキユキとママの、幼年期・思春期・壮年期の物語が挟さみ込まれ、それぞれの「母」との関係性も描かれます。一組の男女が、母と子を自在に演じ分け、こなことユキユキの14歳から40歳までの物語が展開される音楽劇です。
この珠玉の二人芝居を、オリジナルキャストである1977年生まれの深井順子、森下亮の二人の俳優に加え、1996年生まれの土屋神葉、上西星来の出演が新たに決定!蘇る名作、『春母夏母秋母冬母』にご期待ください。


<キャストコメント>
深井順子:

こんなに早く再演ができるなんて!とてもうれしいです。
『春母夏母秋母冬母』はやさしくてあったかいお話です。夜の道をとぼとぼと歩いていたらひとつだけ点いてた街灯のように。でもおもしろくもあります。森下さんとまたできる喜び!なにかの縁がきっとあるのだろうなー。森下さんありがとう。そうしてとてもお若い土屋さんと上西さんも新たに加わってくださり、とてつもない作品になりそうです。
糸井くんの作品は永遠なので、ぜひ観に来てください!

森下亮 :
初演の初日が開幕した時から絶対に再演したいと思っていたので今回の再演が叶って本当に嬉しいです。
糸井さん、深井さん、そしてFUKAIPRODUCE羽衣のみんなと一緒に作って、沢山の方に愛された作品でしたが、自身で何度も演じたいと思うと共に是非沢山の俳優さんに演じて欲しいとも思う作品でした。なので今回新キャストの土屋神葉さん、上西星来さんペアでこの作品を観られるのがとても楽しみです。
さらにそれぞれのペアをシャッフルしてのバージョンもあり、一気に4通りの『春母夏母秋母冬母』が立ち上がるので楽しみで仕方ないです。
永く愛してもらえる作品になるよう全身全霊で務めます。
全てのお母さんから生まれた人に観て欲しいです。

土屋神葉 :
羽衣さんの舞台に、まさか自分が出演できるなんて…!そのことに今もまだ驚いております。昨年11月の舞台で糸井さんと御一緒した時は、とにかく楽しく、充実した思い出しかありません。そしていろいろと学ばせていただきました。そんな糸井さんとの時間をまた体験できるかと思うと、本当に嬉しいです!『妙ージカル』+『二人芝居』。自分の中に眠っている新たな何かが呼び起こされる予感に、緊張しつつもワクワクしております!

上西星来 :
私が初めて舞台に出演したCBGKシブゲキ!!という場所で新たな挑戦ができることをとても嬉しく思います。
様々な年齢、役柄を演じる作品なので、恥を捨て大胆に演じたり自分の中のありとあらゆる壁をぶち破らないとできない役だと思っています。
だからこそいろいろなことに挑戦して必死にくらいついていきたいと思います!自分にとって高い壁を乗り越えると新たな景色が見える。それを実感できるよう頑張りたいと思います!




【公演情報】
CBGKシブゲキ!!presents
『春母夏母秋母冬母』
2020年2月13日(木)〜2020年2月19日(水) 渋谷・CBGKシブゲキ!!

脚本・演出・音楽]: 糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
出演:深井順子(FUKAIPRODUCE羽衣)/森下亮(クロムモリブデン)/土屋神葉 (劇団ひまわり)/上西星来(東京パフォーマンスドール)

「こなこ」と「ユキユキ」、中学生のカップルが深夜の公園で遊んでいる。遊具がそれぞれ絡まり合っているような幻想的な公園。 こなことユキユキが 4 つの遊具でエスキモーごっこに興じる間々に、こなこと母、ユキユキとママの、幼年期・思春期・ 壮年期の時を超えた物語が挟まれる。フォーティーンからフォーティへ。
同じ年月を生きてきた、上演時 40 歳の作家と二人の俳優が “母”をテーマに性別や時制を超えて描くリアリティとファンタジー。 一組の男女が、母と子を自在に演じ分け、それぞれの子の様々な時点を紡ぎ、人にある愛と闇を照射する音楽劇。

公演情報詳細

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

これは奇跡の公演!日英ドリームキャストでお届けする『CHESS THE MUSICAL』公開稽古レポート

【中川晃教さん歌唱披露も!】ミュージカル『チェーザレ』製作発表レポート

ミュージカル『エリザベート』2020年公演・製作発表レポート

<1/19イベントレポ追記>『大山祭〜誕生日じゃないけど去年誕生日イベントできなかったし歌って騒いで新年会〜』

【大切なものがそこにある】時空を超えたラブストーリーがシアタークリエにて上演中!ミュージカル『シャボン玉とんだ 宇宙(ソラ)までとんだ』

藤田俊太郎さん演出 ミュージカル『VIOLET』おけぴ観劇会開催!~4/10(金)夜~

【おけぴ観劇会開催!】ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』

ミュージカル『ミス・サイゴン』おけぴ観劇会【6/24昼&夜2公演開催決定!】

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)