【公演NEWS】帝国劇場『ジャージー・ボーイズ イン コンサート』生配信で開幕!演出家、出演者コメントが届きました!




最高のカメラワークとコンサートヴァージョンならではの演出いっぱいの配信で開幕!
時折映し出される客席にはお客様からのメッセージ、劇場に寄せられた“溢れる愛”、劇場から届けられる“溢れる愛”。



 「シェリー」「君の瞳に恋してる」など、世界的大ヒットナンバーとなった名曲を生み出したフランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ。その栄光と挫折の軌跡を彼らの楽曲で綴るミュージカル『ジャージー・ボーイズ』。コンサートヴァージョンで復活!ライブ配信での開幕を迎えました。まずは演出の藤田俊太郎さん、フランキー・ヴァリ役の中川晃教さんはじめキャストのみなさんの初日コメントが届きました。



藤田俊太郎(演出)

「当初予定していたかたちでお届けすることは叶いませんでしたが、本日 7/18 ライヴ配信での開幕、帝国劇場の再開を嬉しく思います。劇場での一日一日を大切に、真摯に作品に向き合っています。

この作品の魅力は一体感です。出演者、ミュージシャン、全てのプランナーカンパニースタッフ、劇場の皆様のつくりだす、まるでフォー・シーズンズの美しいハーモニーのような一体感を感じていただけたらと思います。

作品の最後のピースは観客の皆様です。劇場で観劇される方も配信を御覧の方も、お一人お一人の力で共に作品を完成していただけたら幸いです。ジャージー・ボーイズを愛していただいていることに心から感謝しています。」


中川晃教:フランキー・ヴァリ役


「初日を前にして、これまでしてきたように、ステージに立ちたいと思います、という気持ちなのですが、この梅雨の時期特有ともいうべきか、体力をじわじわと奪っていく(笑)感覚とも戦いながら、3 週間ほどリハーサルを重ねてきました。歌うということは、日常生活で使う筋肉や、運動とは異なる体の使い方をしていることがよくわかります。

あらゆる演目が中止になっていく中、僕たちと、お客様とで一緒になって育て上げてきた JERSEY BOYS は、2018 年のコンサートヴァージョンとしてもお客様に喜んでいただくことができました。四季を一気に駆け巡るコンサートならではの物語性をぜひ体験していただきたいです。数々の名曲の、その由来もよくわっていただけると思います。音楽が主役と呼ばれるようになった本ミュージカルですが、コンサートとしての醍醐味と、演出効果で、ストーリーの陰影も感じていただけると思います。

お客様お一人お一人が私たち JERSEY BOYS カンパニーをここ帝国劇場へと押し上げてくれました。演目として長く愛されるものとなるように、私たち一人一人は努力を惜しまずに本作に挑み続けます。劇場でのリハーサル中に、劇場空間に風を感じます。

その風に、歌声も感動も乗せて、劇場中に届いていく感覚です。劇場に足を運ぶことのできないお客様にも配信を通して、私たちがミュージカルの風をお伝えします。心で観劇くださるすべてのお客様に、新しい感動をお届けしたいです。」


藤岡正明:トミー・デヴィート役


「こうしてもう一度ステージの上で皆様の前に立てることに、本当に言葉では言い尽くせない喜びと感謝があります。そして、その再出発が帝劇という歴史ある劇場ということにも、大きな大きな感謝の気持ちでいっぱいです。

このコンサートで、お客様に特に注目してほしいポイントはやっぱり、僕ですかねぇ(笑)
様々不安を抱えられている中で劇場まで足を運んでくださるそのお気持ちに報いることができるよう、最善の防止策を徹底し、そして何より最高のステージをお届けすることをお約束します!!!」


尾上右近:トミー・デヴィート役


「久々に生でお客様に観ていただけるということ。そして人生初めてのコンサート、初めての帝劇!色々な種類のワクワクが心に渦巻いております。

 コンサート形式とはいえお芝居の要素もふんだんに、そしてそれぞれの役者が輝く演出になっていると思います。本来交わるはずのないダブルキャストが一斉に集うところで、また新たな魅力を持った作品に見えるのではないでしょうか。

 久しぶりにお客様にお会いできることを本当に、本当に嬉しく思っています。不安も色々あるかもしれません。そんな不安も吹っ飛ばすくらいの歌声を届けられたらと思っています。」


矢崎 広:ボブ・ゴーディオ役


「本公演の中止をはじめ、様々な事を乗り越えて迎える初日です。沢山の方に支えられて、ここまできました。しっかりと色んな面で緊張感持ちつつ、日々の公演を楽しんでいきたいと思います。

 このコンサートでお客様に特に注目してほしいポイントは、歌とダンスだけではなく、芝居も詰まってるのがこのコンサートの特徴です。このジャージー・ボーイズの物語の魅力を沢山の方に感じていただけたら嬉しいです。

 コンサートとして復活して参りました。こんな時だからこそジャージー・ボーイズ愛が集まり、そして深まったと感じています。幕が開いたら全力で楽しんで、帝国劇場の再開とジャージーの復活を、共に盛り上げましょう。皆様よろしくお願いします。」


東 啓介:ボブ・ゴーディオ役


「本公演が出来なくなりましたが、コンサートと言う形で復活し、こうして、初日を迎えられること本当に嬉しく思います。早く多くの人に劇場に来ていただき、見て頂きたいです。何より皆さんと笑顔で会いたいです。

 このコンサートでは全曲注目して欲しいですが、特にというと、僕のソロナンバーがあるので、是非聴いて頂きたいです。

 数ヶ月ぶりの舞台観劇。待ちに待ったと思います。僕も同じ気持ちです。心から楽しんで下さい。それだけで何か失ったものであったり、つらかった事が、幸せに変わると思います。そうなれるよう僕らも活力を与えていきたいと思ってます。
 一緒に盛り上がりましょう!!!」


spi:ニック・マッシ役


「初日を前にしての今の心境ですが、まだ実感が湧いていません。本当にできるのかな?という思いと、やるぞ!という心持ちが複雑におりまざっています。皆様の不安や恐怖をひしひしと感じる日々で、安心させてあげたい気持ちでいっぱいです。

 このコンサートで、お客様に特に注目してほしいポイントは、“新キャスト”です。皆様素敵な方々なので楽しみにしていてください。

 稽古から沢山準備をして本番に向けてきました。ジャージー・ボーイズを存分に楽しんでいただけたらと思ってます!」


大山真志: ニック・マッシ役


「この状況で舞台に立てる事、そして外に出ることだけでも不安な状況の中足を運んでくださる事、本当に感謝しています。ありがとうございます。どんな状況でもこのコンサートを通して皆さんに笑顔になってもらえるように自分自身も楽しみたいと思います。

 このコンサートでお客様に特に注目してほしいポイントは“生の臨場感”です。
全世界が大変な状況にあり、正直この数ヶ月間は観劇どころでは無かったと思います。

 そんな中でお金を払って、時間を割いて、この作品を観劇していただける事を本当に幸せに思います。皆様が明日も頑張ろうと思えるよう、最新の注意を払い、楽しんで頂けるよう全力を尽くしたいと思います。」





2020年の『ジャージー・ボーイズ』開幕です!!


 また、本日7月18日と明日19日はミュージカル『ジャージー・ボーイズ』おけぴ観劇会開催予定の日でした。今回は残念ながら開催することは叶いませんでしたが、またいつか『ジャージー・ボーイズ』おけぴ観劇会でお目にかかれる日を楽しみにしています。

 みなさんからお寄せいただいたジャージー・ボーイズへのエールはこちらからご覧いただけます。


【公演情報】
『ジャージー・ボーイズ インコンサート』@IMPERIAL THEATRE
2020年7月18日(土)~8月5日(水)@帝国劇場
(7月18日~21日の公演は無観客配信のみでの上演となりました)
公演HP

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

ミュージカル『生きる』新納慎也さん&小西遼生さんインタビュー

【公演NEWS】ミュージカル『VIOLET』日本キャスト版 今年9月、3日間のみの限定上演決定!(演出の藤田俊太郎さんからのメッセージが届きました)

【公演NEWS】ミュージカル『メイビー、ハッピーエンディング』初日前オフィシャルコメントが届きました!

【公演NEWS】新国立劇場 中劇場にて演劇『イヌビト ~犬人~』開幕!

【公演NEWS】<7/31 ビジュアル公開>世田谷パブリックシアター 現代能楽集Ⅹ『幸福論』~能「道成寺」「隅田川」より

ミュージカル『フラッシュダンス』おけぴ観劇会(再募集)

【公演&配信NEWS】『駒田一&屋比久知奈の劇場から飛び出して』vol.2 ~レミゼだよ!全員集合!!~

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)