【雨上がりの空に架かる虹】井上芳雄 by MYSELF Presents オリジナル配信ミュージカル「箱の中のオルゲル」観劇レポ

井上芳雄さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「井上芳雄 by MYSELF」発のオリジナルミュージカル「箱の中のオルゲル」が生配信されました!(アーカイブ配信中、~1/31まで※配信チケットについては下記ご確認ください



配信のためにテレビスタジオで上演される新作ミュージカル! それは劇場での舞台鑑賞とも舞台中継ともまた違う「臨場感」「一体感」に溢れる観劇タイムでした。

作・演出・作詞は劇団ぼるぼっちょの安倍康律さん、作曲・ピアノ(生演奏!)はラジオの相棒でもある大貫祐一郎さん。キャストは井上芳雄さんと咲妃みゆさん(ミュージカル「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」のゆうあんちゃん&お佳代コンビ!)です。





“物語が始まる”、観客の心の幕を開けるオープニングナンバーに拍手拍手!

幕が上がる(という表現が正しいのか迷ってしまうところも新しさの表れ(笑))と、そこに青を基調とした光に照らされた一人の青年。彼はオルゲル? ここは箱の中? 想像力を駆り立てられます。ミュ~~ジック!伸びやかに歌い出すと、彼を包む光も暖色系に変化し、そこが無限の広がりのある空間にも感じられます。楽譜がプリントされた衣裳も素敵(♪あなたを照らす音楽

このときすでに、彼が歌い、語る物語に引き込まれ、身も心も前のめりです! “前のめり”、劇場ではNGですが(笑)、今日は大丈夫! 画面を食い入るように見つめてもOK!

このように配信ならではの楽しみ方が次々に繰り出されます。アップテンポの♪沢山の出会い はオルゲルの一人ライブパフォーマンスのようなアグレッシブなナンバー。巧みなカメラワークによって、アングルが変化し、正面からサイドから、引きも寄りも。表情の変化や指先の細やかな表現まで堪能できるのです。




やがて箱に閉じ込められたオルゲルは“落語風”一人会話をはじめ、ついには壁(カメラ)にも話しかける始末。しかもやさぐれ気味(笑)。とても楽しいシーンなのですが、壁を比喩的に捉えると、立ちはだかるものであると同時に、彼を守ってくれているものでもある。視点を変えれば、壁の向こうの世界=カメラの向こうの観客との繋がりも感じることができる。劇場にいるときの没入感とは違う、新たな一体感をそこにも感じました。



ここで登場するのが咲妃さん演じるアリーセ。アリーセとオルゲルの出会い(⁉)、もう一人の青年の存在……これからご覧になる方もいらっしゃると思いますので、お話の展開はお楽しみに~とさせてください。

とは言え、これはお伝えしたい!咲妃さんのアリーセがまた素敵!! デュエットで届けられる♪あなたとなら あたたかな日差しに包まれるような歌声で幸せな気持ちにさせます。井上さんと咲妃さん、声の相性も芝居の相性もバッチリ(シャボン玉でもおなじみですが!)。映像だと、どうしても切り取られた芝居という印象がぬぐえないことがあるのですが、お二人の芝居や歌の表現は“その先”を見せる。二人が並んで少し先を見つめると、その視線の先に広がる景色が見えるような気がするのです。美しい風景なのか、未来の希望・夢なのか、それは見る側の自由。芝居の余白が、観客の想像力を刺激し、物語の一部を委ねてくれるのです。(♪いつまでも・・・

お話は、そこからちょっぴり切ない展開を見せるのですが、切なさと悲しみを乗り越える強さの芝居では、柔らかさの中に芯のある咲妃さんの魅力大爆発です!

ここで本作のもう一つの主役ともいえる音楽について。大貫さんによる音楽、生演奏が常に物語や登場人物、観客に寄り添います。同じ楽曲でも歌い手が変わるとまた違う表情や思い、意味合いを生み出し、時に「ここでこのメロディ(フレーズ)が来るかー」という、とてもとても演劇的な音楽! そしてラジオから誕生した井上さんのオリジナル楽曲「とおくから」も歌詞を変えて登場するという素敵な仕掛けも! 作品にしっかりと馴染んでいるので、知っている人はふふっと楽しめますし、知らなくても作品世界を豊かに感じられる素敵な楽曲です。


約60分の本編はいよいよ終盤へ。
オルゲルの物語を通して伝えられるのは、出会いやふれあいの悦び! 今の私たちが希求しているものたちに通じます。箱の中の世界と現実の世界、スタジオと“おうち”が時空を超えて繋がったような感覚。それは新鮮で素敵な観劇体験となりました。箱の中のお話なのに、雨上がりの空に架かる虹を見上げるような、晴れやかな気持ちをもたらしてくれました! 元気に暮らしているつもりでも、いろいろと弱っていたんだなという気づきも!



オリジナル配信ミュージカル「箱の中のオルゲル」はキャラクターを作り上げるお二人の芝居はもちろん、音楽、照明、カメラワーク、衣裳……それらのすべてが作用して物語を描き、それを画面を通じて共有する。総合芸術としてのミュージカルそのものでした。

本編の前後のプレトーク、アフタートーク(加えて配信開始までの待機画面でのピアノ演奏もワクワクを掻き立てましたね!)もございます。アフタートークでは、音色(おんしょく)の使い分けや稽古初日の咲妃さんの様子などなど、“もう一度見たくなる”創作秘話ももりだくさんです。

世界中が厳しい状況となり一年。演劇界、舞台芸術も多くの困難に直面してきました、その中で繋がりというものを新たに模索する中で誕生したこのプロジェクト。新しい試みには多くのご苦労があったかと思いますが、そこには物語、歌、ミュージカル……配信でも繋がることができるという確信、信念が感じられました。その上で、配信だからこその楽しさを追及している作品。アフタートークで井上さんがおっしゃっていた、「“新しいやり方”、“新しい才能”が生まれる一歩」という言葉に大いに共感しました。また、劇場に足を運びたくても運べない方へも届く、さらには劇場で頑張って作品を届けている仲間へのエールでもある。これからも続くであろう「今できること」への取組み、2021年のスタートに大きな希望を届けてくれた「箱の中のオルゲル」に心からありがとう!

大変な時期が続きますが、今年も素敵な舞台がみなさんの心にたくさんの虹をかけてくれることを願って。

 

安倍康律さん、井上芳雄さん、咲妃みゆさん、大貫祐一郎さん

【楽曲リスト】

M1.あなたを照らす音楽
M2.沢山の出会い
M3.あなたとなら
M4.いつまでも・・・
M5.あなたを照らす音楽(Re)
M6.とおくから
M7.沢山の出会い(Re)
M8.あなたを照らす音楽(Re)


【アーカイブ配信について】

1月24日22:00まで販売中のチケットでは、24日いっぱいまで視聴可能。25日から31日までの視聴券は25日から31日22:00まで販売されます。視聴料金は税込4500円。

視聴チケットはこちらから
【公演情報】
井上芳雄 by MYSELF Presents オリジナル配信ミュージカル「箱の中のオルゲル」生配信
2021年1月17日(日)19:00~
※終了しました
※アーカイブ配信あり

作・演出・作詞:安倍康律
作曲・ピアノ:大貫祐一郎
出演:井上芳雄、咲妃みゆ

<あらすじ>
箱の中、独り閉じ込められているオルゲル。
どれくらい月日が流れたのかも分らない。
誰もいない箱の中、音楽だけは、いつでもそばにあり、心に寄り添ってくれた、、、。
音楽は、いつだって希望に満ちていた、、、。

咲妃みゆさんご出演のミュージカル『ゴースト』
2021年3月11日(木)18時、おけぴ観劇会開催!!

おけぴ取材班:chiaki 監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

ミュージカル『僕とナターシャと白いロバ』観劇レポート&感想ご紹介

《月イチ歌舞伎》2021新作は 三島由紀夫 作『鰯賣戀曳網』 勘三郎・玉三郎による最高にハッピーな恋愛譚!

【速報】ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』開幕!~舞台写真と初日カーテンコールコメントご紹介~

コメディの名手たちが届ける“ブロードウェイの喜劇王”ニール・サイモン晩年の傑作『ローズのジレンマ』開幕!

グランアーツスペシャルLIVE「HEROES ~Another version vol.2~ @Online」全曲プレイバックレポート

【公演NEWS】誰もが彼女の虜となる稀代の女スパイ、その名は──ミュージカル『マタ・ハリ』遂に待望の再演決定&ビジュアル公開!!

ミュージカル『マリー・アントワネット』開幕レポ後編~作品を彩る登場人物たち~

ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』東京公演開幕/ライブ配信&ライブ・ビューイング開催情報も!

2021年3月のおけぴ観劇会「ゴースト」「アリージャンス」「ウェイトレス」

ミュージカル「ゴースト」おけぴ観劇会 2021/3/11(木)夜開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル「ウェイトレス」おけぴ観劇会 3/21(日)昼開催決定!@日生劇場

【おけぴ観劇会】ミュージカル「アリージャンス」おけぴ観劇会 3/20(土)夜開催決定!

「モーツァルト!」おけぴ観劇会 WヴォルフガングでW開催!

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)