ミュージカル『マリー・アントワネット』開幕レポ前編!~二人のMAとフェルセン~



 遠藤周作の「王妃マリー・アントワネット」を原作に、ウィーンミュージカル界のヒットメーカー、ミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)&シルヴェスター・リーヴァイ(音楽・編曲)をクリエイターに迎えて制作された日本発のオリジナルミュージカル『マリー・アントワネット』が東急シアターオーブにて上演中!





 マリー・アントワネットとマルグリット・アルノー、同じM・Aのイニシャルを持つ二人の女性の運命の交差を軸に、華やかな宮廷とそこに渦巻く陰謀、フランス王妃とスウェーデン貴族・フェルセン伯爵の禁断の恋、貧困に喘ぐ民衆の怒り、市民革命・王政崩壊の足音──を描く大作ミュージカル。 華やかなコスチューム、オーケストラ、傾斜のついた周り盆をはじめとする舞台装置など、これぞグランドミュージカルというスケールの大きな作品の開幕に一年の始まりを感じたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。


 マリー/マルグリットは2018年の新演出版初演より続投となる花總まりさん、笹本玲奈さん/ソニンさん、昆夏美さんがそれぞれWキャストで務め、フェルセン伯爵は田代万里生さんに加え甲斐翔真さんが新登場! 物語の黒幕オルレアン公にはともに新キャストの上原理生さん、小野田龍之介さんという若手実力派が抜擢という心躍る顔ぶれで届けられる2021年の『マリー・アントワネット』公演をレポートいたします。(速報レポはこちらから



 フェルセンの「まさか……」の歌声で物語の幕が開きます(♪マリー・アントワネット)。こうしてフェルセンがマリーとの出会いから彼女の最期のときまでを語る、回想録のような形で展開します。



田代万里生さん


甲斐翔真さん


 続いて舞台はパレ・ロワイヤルへ、カラフルなマカロンのような色彩のキュートな世界。「ボンソワール♪」豪華な舞踏会の主役はもちろん王妃マリー・アントワネット!



花總まりさん


笹本玲奈さん
王妃の秘密の恋(公然の秘密)のお相手に納得の麗しき甲斐フェルセン


♪あなたに続く道 はロマンティックな中にマリーの身を案じ警告するフェルセンの思いが込められた名デュエット。
誠実さあふれる田代フェルセンの歌声!

 一方でパレ・ロワイヤルの外の世界は漆黒の闇、そこにいるのは飢えた人々。マルグリットが貴族たちへの憤りをこめて歌うのが ♪100万のキャンドル。



ソニンさん


昆夏美さん

 名曲ぞろいの本作の中でも人気の高い楽曲。語るように歌い、やがて劇場中を飲み込むようなエネルギーを感じさせる。一曲の中のドラマを歌で表現するマルグリットの大きな見せ場です。ソニンさんは覚醒から確信へ、昆さんは悲しみから怒りへ、描く軌道にそれぞれのマルグリットの色が見えます。そしてやがてその怒りが一幕終盤の♪もう許さない へ繋がっていくのです。



 フェルセンとマルグリットも折々で短いながらも会話を交わします。フラットな視点で接するフェルセン(それでも身分の差から不用意に傷つけてしまうことも)、そして「彼の中にはいつもマリーがいる」そのゆるぎなき事実にマルグリットの女性としての一面も見え隠れします。





 フェルセンがどんなに警鐘を鳴らしても、マリーの耳には届かない。♪遠い稲妻 から♪孤独のドレス への流れでは感情爆発!




 さらに♪私たちは泣かない、♪あなたを愛したことだけが などマリーとフェルセンの情熱的かつ切ないデュエット盛りだくさんな本作。理性と愛情のはざまで揺れ動く、「グッとこらえてこらえて……でも愛情に抗えない」、その塩梅が田代さんと甲斐さんで絶妙に異なるところも見どころです。国王一家を脱出させるために自らの危険も顧みない、変り果てたマリーを抱き寄せる、フェルセンの究極の愛を感じます。




 王妃の世話係として宮廷に潜入したマルグリットとマリー、いよいよあの舞踏会以来の直接対決(と言いたくなるほどのぶつかり合い!)♪憎しみの瞳。ただ、このことを機に王妃と一市民から、等身大の一人の人間同士として対峙することで互いの見え方も変化していくのです。

 マリーを演じるお二人は、そこに居るだけで”王妃“な花總マリーは、次第にその鎧を脱ぎ(ときに強制的に脱がされ)ひとりの人間としての姿を晒す。少女がそのまま王妃になったような天真爛漫な笹本マリーは、王妃ゆえの苦しみの果てに全てを受け入れて裁判に臨む。最期はいずれも王妃として運命を受け入れ断頭台へ。ラストシーンの気高さにこそ、マリー・アントワネットという女性の真の美しさを見ました。

 舞台の回転とともに、背中合わせになった世の表と裏が描かれるようなドラマティックな演出、物語の動力となる力強い音楽。「これを待っていたんだ」、改めて無事の開幕を嬉しく思う観劇でした。


 こうして天と地ほどの違いがある王政側と民衆側。その天と地が瞬く間に逆転する様をドラマティックに描く本作。その展開はみなさまご存じかと思いますので、続いては物語の登場人物、役に命を吹き込むみなさんをご紹介いたします。


レポ後編へ続く



ミュージカル『マリー・アントワネット』
2021年1月28日~2月21日@東急シアターオーブ
3月2日~11日@梅田芸術劇場メインホール

<キャスト>
花總まり 笹本玲奈(マリー・アントワネット)
ソニン 昆 夏美(マルグリット・アルノー)
田代万里生 甲斐翔真(フェルセン伯爵)
上原理生 小野田龍之介(オルレアン公)
原田優一(ルイ16世)
駒田 一(レオナール)
彩吹真央(ローズ・ベルタン)
彩乃かなみ(ランバル公爵夫人)
上山竜治 川口竜也(ジャック・エベール)

中山 昇(ロアン大司教)
中西勝之(べメール)
朝隈濯朗(ギヨタン博士)
青山航士(ロベスピエール)
原 慎一郎(ダントン)
家塚敦子(ラ・モット夫人)

荒田至法/石川 剛/榎本成志/小原和彦/川口大地/扇国 遼/横沢健司/りんたろう
天野朋子/石原絵理/今込 楓/岩崎亜希子/大竹萌絵/島田 彩/堤 梨菜/遠山さやか/舩山智香子/山中美奈/吉田玲菜

<スタッフ>
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出:ロバート・ヨハンソン
   遠藤周作原作「王妃マリー・アントワネット」より
翻訳・訳詞:竜 真知子
指揮:塩田明弘

<あらすじ>
https://www.tohostage.com/ma/story.html
<公演HP>
https://www.tohostage.com/ma

おけぴ取材班:chiaki(撮影・文)監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

【公演NEWS】ー東宝創立90周年記念作品ー舞台『千と千尋の神隠し』2022年上演決定!宮﨑駿の不朽の名作を『レ・ミゼラブル』のジョン・ケアードが舞台化!

【速報!世田谷パブリックシアター】2022年1月~3月上演、白井晃演出の衝撃作『マーキュリー・ファー』に吉沢亮・北村匠海が挑む!

【公演NEWS】大地真央・中村梅雀が3度目のコンビ結成、『夫婦漫才』上演決定!

【公演NEWS】『愛するとき 死するとき』 2021年11月~12月、小山ゆうな翻訳・演出、浦井健治出演によりシアタートラムにて上演決定!

ミュージカル『僕とナターシャと白いロバ』観劇レポート&感想ご紹介

《月イチ歌舞伎》2021新作は 三島由紀夫 作『鰯賣戀曳網』 勘三郎・玉三郎による最高にハッピーな恋愛譚!

【速報】ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』開幕!~舞台写真と初日カーテンコールコメントご紹介~

ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』東京公演開幕/ライブ配信&ライブ・ビューイング開催情報も!

2021年3月のおけぴ観劇会「ゴースト」「アリージャンス」「ウェイトレス」

ミュージカル「ゴースト」おけぴ観劇会 2021/3/11(木)夜開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル「ウェイトレス」おけぴ観劇会 3/21(日)昼開催決定!@日生劇場

【おけぴ観劇会】ミュージカル「アリージャンス」おけぴ観劇会 3/20(土)夜開催決定!

「モーツァルト!」おけぴ観劇会 WヴォルフガングでW開催!

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)