ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』東京公演開幕/ライブ配信&ライブ・ビューイング開催情報も!

現在上演中
 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』東京公演が開幕しました。

 この作品は、萩尾望都先生の伝説的名作「ポーの一族」を原作に、ミュージカル界の魔術師小池修一郎先生の脚本・演出でミュージカル作品として立ち上がりました。2018年、宝塚歌劇花組にて初演、トップスター明日海りおさんが演じた主人公エドガーを筆頭に、その世界観の再現性が観客を魅了、大好評のうちに幕を閉じました。その後、劇団を退団し、俳優として活動を始めた明日海さんのエドガーが復活! の報せは宝塚ファンのみならず、原作ファン、そしてミュージカルファンをも喜ばせました。

 さらに、少年アランにはミュージカル初挑戦となる千葉雄大さんが抜擢、ほかにも小西遼生さん、福井晶一さん、涼風真世さんら豪華キャストが揃いました。

 そんな梅田芸術劇場版のミュージカル・ゴシック『ポーの一族』が大阪公演を経て、ついについに東京開幕を迎えました。



撮影_岸隆子(Studio Elenish)


あらすじ(HPより)
イギリスの片田舎―森の奥に捨てられた幼い兄妹エドガーとメリーベルは、館に住む老ハンナに拾われ育てられる。老ハンナたちポーの一族は、永遠の時を生きる「バンパネラ」の一族であった。正体を見破った村人に取り囲まれた時、ポーの一族を率いる大老ポーは、存続の危機を救うためエドガーを無理矢理仲間に加えてしまう。こうしてエドガーは、妹メリーベルも一族に加え、ポーツネル男爵とその妻シーラを養父母として長い時を生きることとなる。
時は流れ、4人は新興の港町ブラックプールに姿を現す。男爵とシーラは、港町で診療所を開く医師、ジャン・クリフォードを仲間にしようと目論む。そこでエドガーは、町一番の名家、トワイライト家の跡取りアランと宿命的な出会いを果たすのだった・・・。


 幕が開くとそこに一人の少年が──、それはもちろん明日海りおさん演じるエドガー・ポーツネル。どうしたって構えてしまいますよね、オペラグラス。「美しい!」「この世のものとは思えない!」「だって彼はバンパネラ(吸血鬼)」「次元の違う美しさだ」「原作は傑作漫画だからね」、そんな心の中の自己完結会話を繰り返してしまうほどの完成度。



撮影_岸隆子(Studio Elenish)


 妹メリーベルを思う純粋な心、孤独を抱いて生きてゆく潔さ、どこをとっても隙がない! ビジュアルの再現性だけでなく、豊かな感情表現で観客を魅了し、「きっと、その心と体に触れたらヒヤッとするだろう」という説得力があるのです。



撮影_岸隆子(Studio Elenish)


 さらに次々に登場する“ポーの一族”の面々もすごいものがあります。エドガーの養父母となるフランク・ポーツネル男爵(小西遼生さん)とその妻シーラ(夢咲ねねさん)の「その存在が罪作り」と言いたくなるほどの“美夫妻”、愛くるしさの中に肉感的な魅力も垣間見える妹のメリーベル(綺咲愛里さん)、朗々と歌い上げ一族を束ねる長たる威厳を放つ大老(キング)・ポー(福井晶一さん)、なにもかもが異次元な老ハンナ・ポー(涼風真世さん)と、それぞれ重量級の存在感で圧倒されます。さらにはバンパネラとは明らかに違う質感で強い存在感を放つ少年アラン(千葉雄大さん)。

 もうドーン、ドーン、ドーン……という舞台からの圧を食らいまくるのですが、それがなんとも心地よいのです。これだけの濃いキャラクター、摩訶不思議な展開にもかかわらず、それらすべてが渋滞せずに適切なタイミングで適切な圧をかけてくる。すごい!

 それは原作の持つ緻密な世界観、それに対する小池先生の深い理解と敬意、長年培ってこられた演出技法、そのすべてがあるからこそ。さらには松井るみさんによる舞台美術(回り舞台に配されたセットによって、まるでページをめくるようにシーンが展開していく!)、生澤美子さんによる衣裳(抑え目な色調でゴシック感を高め、それでいて華やか!エドガーの衣裳に至っては着こなす人がいて成立する究極のバランス!個人的にはブラックプールに到着した時のつなぎのような衣裳が特にお気に入り)、太田健さんの音楽(「ポーの一族」「哀しみのバンパネラ」など舞台をけん引する楽曲から学園の生徒たちが歌う無駄にキャッチー、いや、大変失礼いたしました、とてもキャッチーなハツラツソングまで多彩!)など、舞台を作り上げるスペシャリストたちの確かな仕事という盤石な基礎があってこそ。

 確かに、先述のハツラツソングなどのダンスや歌の“ヤング感”は、宝塚ではこれからスターを目指す若き男役の方々が歌われるのかなという思いが頭をよぎり、男性キャストで見るとちょっとこそばゆいところもありました。でも、それすらもひっくるめてすごく楽しい!

 そして、特筆すべきは涼風真世さんの無双っぷり! 老ハンナ・ポーでのすごみはもちろん、降霊術師ブラヴァツキーのセリフも歌も圧巻! 原作にはないキャラクターということですが、この舞台の要となっています。

 

撮影_岸隆子(Studio Elenish)


 ミュージカル初挑戦という千葉雄大さんが演じるアラン・トワイライトもイイ! 思春期特有の危うさと小生意気さがリアルな人間臭さになっています。それでいて明日海エドガーと引き合うだけの強い魅力を放っています。長い時間を共有したわけでも、多くを語ったわけでもなく、出会った直後から互いに気になる。宿命的に行動を共にすることの説得力十分!

 人間側(!)では、中村橋之助さんの若き医師ジャン・クリフォードは純朴な婚約者がいながらもシーラの魅力に惹かれ(その気持ちもわかる!)、彼は果たして海辺の土地で暮らす実直な男なのかどうなのか……人間ゆえの揺らぎ、多面性を感じさせます。

 いつの世にも存在する、異なるものを排除する心、わからないものへの恐れなど本質的なメッセージ性は含みつつ、エンタメ決定版ともいうべき『ポーの一族』。作品の魅力を考えてみると、その強さの根幹には少年のまま永遠の時を生きることを運命づけられたエドガーの哀しみ、愛する人との別れの痛み、そのすべてを「美しさ」「ロマン」に昇華させる確固たる哲学があるということ。また、近年、日本オリジナルのミュージカルの必要性が叫ばれている中で、「ここにあった」という思いも大きな衝撃でした。こんなことを言うと「いやいや、宝塚では多くの創作をしていますよ」というお叱りを受けるかもしれませんが、こうしていわゆる外部作品として、男女版として改めて作品が立ち上がることで「日本のオリジナルミュージカル」であることに改めて気づいたのです。そう思うと、本作に集いし俳優たちは、宝塚、劇団四季、歌舞伎、2.5次元、映像、そして大型ミュージカルなどなど多様なフィールドでの経験を持つ実力者たちではないですか! まさに集大成、こうして舞台上に見事に『ポーの一族』の世界を立ち上げた小池先生のほくそ笑み目に浮かぶようです。

 「見てみたいな」「おかわりしたいな」、でも劇場に足を運ぶことが難しい、チケットが……という方に朗報です!下記日程での日本国内でのライブ配信に加えて、大千秋楽公演は国内60館の映画館ライブ・ビューイングと、台湾の映画館、台湾・香港に生配信が行われるのです。

 さらにはライブ配信も通常配信のみならず<エドガーアングルバージョン><アランアングルバージョン>などがあるとのこと、詳細はこちらをご確認ください。

 劇場、配信、映画館、そして海外……、新たな可能性を秘めて、『ポーの一族』の旅はまだまだ始まったばかりです!



撮影_岸隆子(Studio Elenish)


【配信日程】
[1] 2021年2月7日(日)12:30 公演
[2] 2021年2月13日(土)12:00 公演 <エドガーアングルバージョン>
[3] 2021年2月13日(土)17:00 公演 <アランアングルバージョン>
[4] 2021年2月28日(日)12:00 公演 大千秋楽!
※アーカイブ配信はございません

「エドガーアングル」「アランアングル」では、それぞれの登場場面をエドガー、アランを中心にお届け!全体&お一人アングル織り交ぜておおくりいたします。

【東京公演】
2021年2月3日(水)~2月17日(水)@東京国際フォーラム ホールC
【名古屋公演】
2021年2月23日(火祝)~2月28日(日)@御園座

原作: 萩尾望都「ポーの一族」(小学館「フラワーコミックス」刊)
脚本・演出: 小池修一郎(宝塚歌劇団)
出演: 明日海りお/千葉雄大
小西遼生 中村橋之助 夢咲ねね 綺咲愛里/福井晶一 涼風真世 ほか
企画・制作・主催: 梅田芸術劇場
協力: 宝塚歌劇団

公式ウェブサイト

舞台写真提供:梅田芸術劇場
おけぴ取材班:chiaki(取材・文)監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

ミュージカル『僕とナターシャと白いロバ』観劇レポート&感想ご紹介

《月イチ歌舞伎》2021新作は 三島由紀夫 作『鰯賣戀曳網』 勘三郎・玉三郎による最高にハッピーな恋愛譚!

【速報】ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』開幕!~舞台写真と初日カーテンコールコメントご紹介~

コメディの名手たちが届ける“ブロードウェイの喜劇王”ニール・サイモン晩年の傑作『ローズのジレンマ』開幕!

グランアーツスペシャルLIVE「HEROES ~Another version vol.2~ @Online」全曲プレイバックレポート

【公演NEWS】誰もが彼女の虜となる稀代の女スパイ、その名は──ミュージカル『マタ・ハリ』遂に待望の再演決定&ビジュアル公開!!

ミュージカル『マリー・アントワネット』開幕レポ後編~作品を彩る登場人物たち~

ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』東京公演開幕/ライブ配信&ライブ・ビューイング開催情報も!

2021年3月のおけぴ観劇会「ゴースト」「アリージャンス」「ウェイトレス」

ミュージカル「ゴースト」おけぴ観劇会 2021/3/11(木)夜開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル「ウェイトレス」おけぴ観劇会 3/21(日)昼開催決定!@日生劇場

【おけぴ観劇会】ミュージカル「アリージャンス」おけぴ観劇会 3/20(土)夜開催決定!

「モーツァルト!」おけぴ観劇会 WヴォルフガングでW開催!

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)