【公演NEWS】2021/2022シーズン・バレエ開幕公演『白鳥の湖』 吉田都芸術監督からのメッセージが届きました~ドラマ性が際立つロジカルな演出~

新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」おけぴ観劇会
10/30(土)13時@新国立劇場オペラパレス
おけぴ会員 申込受付中


ドラマティックな展開で魅せる、古典の最高傑作

 2021/2022シーズンのオープニングは、古典バレエの名作中の名作『白鳥の湖』で幕を開けます。本作品は吉田都舞踊芸術監督の就任第1作目として2020年10月の上演が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症の諸影響により延期となり、2021年10月の上演となりました。サー・ピーター・ライトによるプロダクションは、英国らしい演劇的要素が盛り込まれた重厚な作品となっており、各キャラクターの人物造形も明確で、ドラマティックな展開がお楽しみいただけます。テクニックのみならず、新国立劇場バレエ団ダンサーたちの演劇的な深みのある舞台にご期待ください。(作品の特長については後述)



©Takuya Uchiyama


舞踊芸術監督 吉田都より上演に寄せて

 この度、満を持して新制作の『白鳥の湖』を上演できることを嬉しく思います。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年10月上演予定から延期となりましたが、バレエ団のダンサーたちと関係を築きながら1年間歩んでまいりましたので、より良いものをお見せできると確信しております。

 今回のピーター・ライト版の『白鳥の湖』は、英国でも長年上演され愛されている、特別な作品です。ドラマ性が際立つ演出で、バレエ団を演技の面でも引き上げてくれるものと思います。私自身もコール・ド・バレエから主役まで、あらゆる役を経験しましたが、どんな役も一人ひとりが役割を持って存在しているとてもロジカルな演出で、ダンサーたちも演技に自然と入りやすいのではないかと期待しています。

 このような状況下ではありますが、だからこそ観に来てくださるお客様には夢心地になるような、上質の舞台をお届けしたいと切に思っております。ぜひ劇場にて、非日常の世界をお楽しみいただけましたら幸いです。




©Takuya Uchiyama


シェイクスピア劇のような重厚感が加わったクラシック・バレエ永遠の傑作

 クラシック・バレエのアイコニックな作品として有名な『白鳥の湖』。王子と姫の恋、それを邪魔する悪役、そして情景を美しく表現するコール・ド・バレエというクラシック・バレエの基本要素が凝縮され、バレエ団としての真価が問われる作品です。白鳥のオデットと黒鳥のオディールの二役を一人のダンサーが踊るのも『白鳥の湖』の大きな特徴で、主役ダンサーの性格の違う二役を踊り分けるテクニックと表現力は注目です。

 また、チャイコフスキーの叙情的な音楽は「情景」「四羽の白鳥の踊り」など有名な曲も多く、耳にしたことがある方も多いはず。

 そうしたクラシック・バレエの王道の魅力に加えて、ピーター・ライト版では演劇的な要素が加わり、まるでシェイクスピア劇のようなドラマティックさが際立ちます。フィリップ・プラウズによる重厚感のある美術・衣裳も、観客をその世界観へ誘います。


説得力のあるストーリー展開とキャラクター設定

 ピーター・ライト版ではプロローグ冒頭、なんと王の葬儀のシーンから物語がスタートします。このように、王子をはじめとするキャラクターたちの置かれた状況や設定が論理的に示され、それぞれの心理描写も緻密に表現されています。

 3幕の宮廷の舞踏会、王子の花嫁候補たちの踊りも独特な演出のひとつ。民族舞踊の群舞だけでなく、3人の花嫁候補がヴァリエーションを踊り、各々が国を代表してやってきたというストーリーがしっかりと見える演出となっています。

 その他、4幕のそれぞれが意思をもった白鳥たちのドラマティックな群舞や衝撃的なラストなど、ライト版の見どころは枚挙に暇がありません。厚みのあるストーリー展開をどうぞお楽しみください。


<おけぴ観劇会開催>

 新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』10月30日13時公演にておけぴ観劇会開催!オデット/オディールは米沢唯さん、ジークフリード王子は福岡雄大さん♪ おけぴ観劇会って?→詳細はこちら
新国立劇場バレエ団「白鳥の湖」おけぴ観劇会
10/30(土)13時@新国立劇場オペラパレス
おけぴ会員 申込受付中



©Takuya Uchiyama

ものがたり
 先王である父の死後、王子ジークフリードは新たな王として戴冠し、結婚することが求められていた。彼はそれまでの自由を失うことを恐れ、愛してもいない結婚相手を選ぶことにためらいを感じていた。ジークフリード21歳の誕生日の夜、彼に弓矢のプレゼントを贈るために宮廷の友人たちが集った。友人でもある侍従ベンノがジークフリードの気晴らしのために催した宴の真最中に、王妃である母が現れる。宮廷がまだ喪に服している中での大騒ぎにショックを受けた王妃は、翌日には花嫁を選ばなくてはいけないと王子に告げ、意気消沈した彼をその場に残して立ち去る。ベンノはジークフリードを元気づけようと、友人たちと未来の王位継承を祝って乾杯のダンスを踊る。友人たちが帰っていった後、白鳥の一群が空を渡っていく。ベンノはジークフリードにプレゼントの弓矢を試すよう促し、二人は白鳥たちを追っていく。

 湖岸に着いたジークフリード王子は、ベンノに白鳥を探しに行かせる。一人残った王子は、そこに魔術師ロートバルト卿の邪悪な存在を感じとる。突然一羽の白鳥が舞い降りてくる。そして王子が驚き見つめるなか、美しい乙女に姿を変える。その若い娘こそオデット姫であった。オデットと彼女の仲間たちはロートバルト卿によって白鳥の姿に変えられ、夜の間だけは人間の姿に戻れるのだ。オデットにかけられた魔法は、まだ恋をしたことをない者が彼女に永遠の愛を誓い、結婚の約束をすることで解くことができるという。ジークフリードはオデットへの永遠に続く真実の愛を誓う。姿を現したロートバルトにジークフリードが矢を向けるが、オデットはそれを遮り、魔術師が死ぬと、魔法の呪いは永久に解けなくなると話す。さらにオデットは、もしジークフリードが愛の誓いを破るようなことがあったら、彼女は永遠に白鳥の姿でいなくてはならないと伝える。やがて夜明けが訪れ、オデットと仲間たちは白鳥の姿に戻り、湖へと帰っていく。

 翌日、壮麗なレセプションには、ジークフリード王子の結婚相手の候補として3人の王女が招かれていた。3人の王女たちはそれぞれジークフリードのために踊りを披露するが、彼は心ここにあらずの様子で、花嫁を選ぶことを断ってしまう。ファンファーレが鳴り響き、予定されていなかった客人の到来を告げる。それは使節に身を扮したロートバルトと、魔法でオデットそっくりに姿を変えた、彼の娘オディールだった。

 王子は驚くほどオデットに似たこの見知らぬ客人に心奪われ、やがてこの女性が白鳥の姫だと信じ込んでしまう・・・。

2021/2022シーズン
令和3年度(第76回)文化庁芸術祭主催公演
新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』 新制作
芸術監督:吉田 都
振付:マリウス・プティパ レフ・イワーノフ ピーター・ライト
演出:ピーター・ライト
共同演出:ガリーナ・サムソワ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
美術・衣裳:フィリップ・プロウズ
照明:ピーター・タイガン
指揮:ポール・マーフィー 冨田実里
管弦楽:東京フィルハーモニー 交響楽団
出演:新国立劇場バレエ団

【公演日程】
2021年10月23日(土)14:00
2021年10月24日(日)14:00
2021年10月26日(火)13:00
2021年10月30日(土)13:00★おけぴ観劇会★、18:30
2021年10月31日(日)14:00
2021年11月2日(火)14:00
2021年11月3日(水・祝)14:00

<オデット/オディール>
米沢唯 小野絢子 柴山紗帆 木村優里
<ジークフリード王子>
福岡雄大 奥村康祐 井澤駿 渡邊峻郁

【会場】
新国立劇場 オペラパレス (京王新線 新宿駅より1駅、初台駅中央口直結)

【予定上演時間】
約2時間50分 (休憩含む)

【ウェブサイト】
https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/swanlake/

★サントミューゼ大ホール(長野)★
2021年11月7日(日)14:00

おすすめ PICK UP

【感想と舞台写真で綴る】こまつ座 第139回公演『雨』観劇レポート

【WOWOW 生中継・ライブ配信】『第74回トニー賞授賞式』関連~9/26&27はミュージカルファン必見の豪華プログラムを放送・配信!タイムテーブルや出演者を発表!~

【公演NEWS】KERA CROSS第四弾『SLAPSTICKS』上演決定!(作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ×演出:三浦直之)

【公演NEWS】ミュージカル『SINGIN' IN THE RAIN ~雨に唄えば~』日本特別公演 アダム・クーパー氏 オフィシャルインタビュー

ミュージカル『オリバー!』歌唱披露イベントレポート

【狂おしいほどの愛】ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』観劇レポ~19世紀末のロンドンを舞台にした連続殺人事件の真相は~

【公演NEWS】2021/2022シーズン・バレエ開幕公演『白鳥の湖』 吉田都芸術監督からのメッセージが届きました~ドラマ性が際立つロジカルな演出~

新国立劇場 演劇『イロアセル』作・演出 倉持裕さん取材会レポート〜チラシビジュアルも解禁〜

★バレエ公演での初のおけぴ観劇会★新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』にて、おけぴ観劇会開催決定!<2021年10月30日(土)昼>

【おけぴ観劇会】ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」おけぴ観劇会 10/27(水)昼開催決定

ミュージカル『GREASE』おけぴ観劇会開催決定<2021年11月14日(日)昼>

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)