【公演NEWS】世田谷パブリックシアター「戯曲リーディング『ハムレット』より」出演者決定!

世田谷パブリックシアターを約20年にわたり牽引してきた芸術監督・野村萬斎
古典劇と現代劇の融合に取り組み、数々のシェイクスピア作品もその視点で上演してきた萬斎が自身のターニングポイントともなった名作『ハムレット』を戯曲リーディングとして立ち上げる!



野村萬斎 野村裕基 吉見一豊 若村麻由美
山﨑 薫 星 智也 月崎晴夫
浦野真介 神保良介 武田 桂 遠山悠介 森永友基

 これまでにも萬斎は、世田谷パブリックシアター芸術監督就任記念公演としても上演された、『間違いの喜劇』を翻案した『まちがいの狂言』にはじまり、『リチャード三世』を翻案した『国盗人』―W.シェイクスピア「リチャード三世」より― や、国内外で上演された『マクベス』、戯曲リーディング公演として実施した『アテネのタイモン』などのシェイクスピア作品において、自身が狂言師である特徴を存分に活かしながら、古典と現代劇の融合に取り組み、独自の視点で作品を立ち上げてきました。

 今回の「戯曲リーディング『ハムレット』より」も萬斎ならではの解釈と構成で、『ハムレット』の中でも特に有名な台詞「To be, or not to be,(生か 死か)」に象徴される「二律背反」をキーワードに捉えることで、ハムレットのアイデンティティーを追求していく視点から、皆様に萬斎版『ハムレット』をお届けする予定でおります。

あらすじ
父である先王の亡霊から死の経緯を知らされたハムレットは、その死を仕組んだ叔父クローディアスへの復讐を誓い狂気を装う。この復讐計画により、ハムレットを慕うオフィーリアや、王妃となった母親ガートルードをはじめ、彼の周りの人々は運命を狂わされていく。

<萬斎とシェイクスピア>

 萬斎とシェイクスピアの縁は深く、最初にシェイクスピア作品に触れるきっかけとなったのが 1985年公開の映画「乱」(監督:黒澤明)への出演でした。『リア王』をベースに、背景を戦国時代に置き換えた本作は能・狂言の手法も取り入れており、狂言は父・野村万作が指導し、萬斎(出演当時は野村武司)は盲目の少年・鶴丸役を演じました。

 1990年、24歳にして東京グローブ座『ハムレット』(演出:渡邊守章)で、タイトルロールであるハムレット役に抜擢されます。狂言師・野村萬斎(出演当時は野村武司)にとって初の翻訳劇への本格挑戦となった『ハムレット』で、シェイクスピア作品の真髄に魅了されると共に、韻律や語りの技法のほか、数百年を超える普遍性、四角形の舞台(能舞台及びロンドン・グローブ座)での上演形態など、狂言との親和性を見出しました。また、1993年には東京グローブ座『テンペスト』(演出:ロベール・ルパージュ)にエアリエル役の出演も果たしました。

 1994、曾祖父・五世野村万造の隠居名「萬斎」を襲名。同年、文化庁芸術家在外研修制度によりイギリス留学を果たします。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー等で舞台演出を学んだ経験が、狂言師のみならず“演出家・野村萬斎”の誕生へと繋がることとなります。
 さらには、新作狂言・舞台にも精力的に挑戦していきます。その中の一つがシェイクスピア『ウィンザーの陽気な女房たち』を翻案とした『法螺侍』(脚本:高橋康也 演出:野村万作)で、2021年には初めて主役・洞田助右衛門(原作ではフォルスタッフ)を演じました。また、2001年からは『間違いの喜劇』翻案の『まちがいの狂言』を演出・出演。シェイクスピアの本拠地であるロンドン・グローブ座でも上演するに至りました。

 2002年、世田谷パブリックシアター芸術監督に就任。就任記念公演として『まちがいの狂言』を演出・出演するほか、現代劇の演出・出演にも果敢に取り組みます。就任翌年の2003 年には、再び『ハムレット』(演出:ジョナサン・ケント、企画制作:ホリプロ/世田谷パブリックシアター)にタイトルロールで出演。世田谷パブリックシアターのみならずシェイクスピアの本拠地・イギリスでも上演され、話題を呼びました。

 2007年、世田谷パブリックシアター開場10周年記念プログラムとして、『リチャード三世』を翻案した舞台『国盗人』―W.シェイクスピア「リチャード三世」より― に演出・主演。舞台を15世紀のイギリスから日本に置き換え、狂言師の技法を駆使した演出が注目を浴びると共に、狂言では存在しない悪を司るキャラクター(悪三郎、原作ではリチャード三世)で演技力の幅を広げ、好評を博しました。

 2008年のシアタートラムでのドラマ・リーディング公演を経て、2010 年には『マクベス』を構成・演出・主演。能の囃子を導入するなど、能楽に精通した萬斎ならではの『マクベス』を創り上げました。2013年、2014年の再演を経て、シェイクスピア没後400年の2016年にも上演。世田谷パブリックシアターのみならず国内外での上演を果たしました。

 2019年には戯曲リーディング『アテネのタイモン』を演出・出演。自身も参画する、野村万作を中心に公演を行う「万作の会」の狂言師がシェイクスピアに挑むという挑戦的な公演となりました。

<戯曲リーディング『ハムレット』より>
2022年2月27日(日)18:30@世田谷パブリックシアター
【作】W.シェイクスピア 【翻訳・上演台本】河合祥一郎 【演出】野村萬斎
【出演】野村萬斎 野村裕基 吉見一豊 若村麻由美 /
山﨑 薫 星 智也 月崎晴夫
浦野真介 神保良介 武田 桂 遠山悠介 森永友基

戯曲リーディング『ハムレット』より ホームページ

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

【おけぴ観劇会】ミュージカル「四月は君の嘘」おけぴ観劇会 5/21(土)夜開催決定!

大竹しのぶ主演『ピアフ』2022 製作発表レポート~孤独と愛との繰り返し~

『Japan Musical Festival 2022』中川晃教さん×井上芳雄さん取材会レポート

ミュージカル『リトルプリンス』開幕レポート~私たちは「水」を求めて、劇場へ足を運ぶのかもしれない~

ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』浦井健治さん、真彩希帆さん、熊谷彩春さん取材会レポート~ファンタジーの中にある真実を届ける~

『hana-1970、コザが燃えた日-』会見レポート~僕が感じたものを、そのまま混ぜ物なしで届けたい(松山ケンイチ)~

【開幕】KERA CROSS 第4弾はKERA×演出:三浦直之(ロロ)でお届けする『SLAPSTICKS』舞台写真と感想で綴る観劇レポート

ミュージカル『メリー・ポピンズ』大貫勇輔さん、小野田龍之介さん Wバート対談

ミュージカル『ラ・マンチャの男』製作発表会見レポート~悲しみを希望に、苦しみを勇気に変える~

「千と千尋の神隠し」おけぴ観劇会 3/20(日)夜に開催決定!

「ピアフ」おけぴ観劇会開催決定!

ミュージカル「リトルプリンス」おけぴ観劇会 W開催

ミュージカル「笑う男」おけぴ観劇会 2022年2月12月(土)夜、帝劇にて開催決定

おけぴオンライン番組表(巣ごもり番組表から改名)の使い方

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)