【公演NEWS】せたがやこどもプロジェクト2023<ステージ編>『せたがや 夏いちらくご』春風亭一之輔さんからのコメントが到着!

世田谷の夏の風物詩、子どもも大人も楽しめる人気寄席公演、今年も開催!

世田谷の夏の風物詩、子どもも大人も楽しめる人気寄席公演 せたがやこどもプロジェクト 2023<ステージ編>『せたがや 夏いちらくご』は2020年に初めて開催され、今年で4回目となる世田谷の夏の風物詩で、大好評の人気寄席公演です。



プロデュース・出演は、今年2月から演芸番組「笑点」の大喜利レギュラーメンバーになったことで一躍話題をさらった、“もっともチケットが取りにくい”と言われる人気落語家・春風亭一之輔。古典落語を現代風に大胆にアレンジした作風と親しみやすい語り口で多くの人を引きつけ、年間およそ900席もの高座をこなすだけでなく、ラジオ・新聞・雑誌で多くのレギュラー番組や連載を持ち、さらには自身の YouTube チャンネルでの生配信も話題となるなど、令和の演芸界をリードする当代きっての人気落語家です。

一之輔による珠玉の落語に加え、昼の部は音曲、夜の部は漫才と寄席芸を織り交ぜ、伝統的で本格的な大衆演芸の面白さや話芸の素晴らしさに触れていただきながら、子どもから大人まで老若男女を問わず寄席を気軽に味わっていただけます。


昼の部は子どもたちにおすすめの分かりやすい入門編
夜の部は一之輔の話芸をじっくり堪能できる本格的な落語会


寄席公演『せたがや 夏いちらくご』は、昼の部(13時開演)と夜の部(17時開演)で異なる内容で公演を行います。

昼の部は、子どもたちにおすすめの入門編として、音曲師としては初めて若手演芸家の登竜門、令和3年度国立演芸場(東京)の花形演芸大賞の「大賞」を受賞した音曲師の桂小すみによる、初心者でも親しみやすい洋楽も取り入れた音曲と、子どもの心をぐっと掴む一之輔の落語をお届けします。

夜の部は、初めて落語に触れる方から落語ツウまで楽しめる本格的な落語会。米粒写経の豊富な知識から生み出される漫才と、一之輔の珠玉の落語でちょっと大人な寄席をじっくり堪能いただきます。

世田谷パブリックシアターでは開場以来、毎年趣向をこらした楽しい寄席公演を企画してまいりましたが、今年も変わらず劇場から寄席のにぎわいをお届けします。


【春風亭一之輔からのメッセージ】



今年も「夏いちらくご」がやってきます。まだ生の落語に触れたことのない老若男女のみなさん、怖がることはありません。落語はなんとなく日本語が分かるくらいで十分楽しめます。予備知識も必要なし。ドレスコードもありません。「落語ってホントに楽しいのかな?」くらいの興味をもっておいでください。世田谷パブリックシアターで寄席演芸もオツなものです。どうぞ「海の日」に「沼」にハマりにおいでください。

春風亭一之輔


春風亭一之輔
1978年1月28日生まれ、千葉県野田市出身。 2001年3月に日本大学芸術学部を卒業、その年の5月に春風亭一朝(しゅんぷうてい いっちょう)に入門。7月に前座となる。前座名は朝左久。2004年11月に二ツ目昇進。一之輔と改名。 メキメキと頭角を現し、2008 年に平成19年度国立演芸場花形演芸大賞銀賞、2010年には平成22年度 NHK 新人演芸大賞、文化庁芸術祭新人賞など数々の賞を総なめにする。2012年3月に21人抜きで真打に 昇進。2020年4月と5月には YouTube「春風亭一之輔チャンネル」にて無観客高座の無料生配信を行い、一 躍話題に。2023年2月に演芸番組「笑点」の新たな大喜利レギュラーメンバーに就任した。国内外、場所を問わず活躍し、テレビやラジオへの出演、書籍や CD、DVD の出版などで落語の魅力を老若男女に伝え続けている。

<公式 HP> いちのすけえんワタナベエンターテインメント


【昼の部ゲスト|音曲:桂小すみ】


幼少の頃よりピアノやうたを楽しみ、吹奏楽部でフルート・ピッコロ、大学で三味線・尺八に出会う。東京学芸大学在学中にウィーン国立音楽大学に国費留学、同大ミュージカル専攻科を特別賞をもって修了。三味線弾きを志してからは江戸文化へ「留学」。 2年間の国立劇場寄席囃子研修を経て2003年より落語芸術協会にて寄席囃子として活動。2018年4月より音曲師に転向。三代目桂小文治一門、桂小すみ。令和三年度国立演芸場花形演芸大賞 大賞受賞。


【夜の部ゲスト|漫才:米粒写経】


漫才師。早稲田大学落語研究会出身。1999年コンビ結成。 寄席、ライブへの出演のほか、Youtube での配信、ラジオへのレギュラー出演(タツオ)、新聞・雑誌での連載(一平)など、幅広く活躍している。
【左】サンキュータツオ 1976年6月21日、東京都出身。ツッコミ担当。漫才師としての活動に加え、2018年改版の「広辞苑」第七版ではサブカルチャー分野の執筆を担当。2023年4月より山形県東北芸術工科大学専任講師。
【右】居島一平 1974年10月22日、東京都出身。ボケ担当。趣味は歴史、読書、映画鑑賞、筆ペンイラスト。その知識を生かした漫才やソロ漫談を披露している。

【公演情報】
せたがやこどもプロジェクト 2023《ステージ編》
『せたがや 夏いちらくご』

2023年7月17日(月・祝)昼の部:13時開演、夜の部:17時開演@世田谷パブリックシアター
プロデュース・出演:春風亭一之輔
ゲスト出演:昼の部:桂小すみ(音曲) 夜の部:米粒写経(漫才)

チケット料金(全席指定・税込)
一般:4,500円
高校生以下(当日要証明書提示):1,000円
親子ペア:4,500円(一般1枚+高校生以下1枚、前売りのみ取扱い、当日要証明書提示)

公演HPはこちら

対象公演となる4つの演目をお得に!
こどもプロジェクトスペシャルセット券
セット券①(一般1枚+高校生以下1枚)20,000円
セット券②(一般1枚+高校生以下2枚)24,000円
※『せたがや 夏いちらくご』ほか、せたがやこどもプロジェクト2023《ステージ編》4演目をお得にご覧いただけるセット券。
枚数限定。劇場オンラインチケットでのみ取り扱い。
※そのほか各種割引あり

セット券詳細は HP へ

【対象公演】
『せたがや 夏いちらくご』
アミューズ×世田谷パブリックシアター ミュージカル『カラフル』
ラルンベ・ダンサ『エアー~不思議な空の旅~』
『メルセデス・アイス MERCEDES ICE』

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

【おけぴ観劇会】『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』おけぴ観劇会開催決定!

ミュージカル『カム フロム アウェイ』稽古場取材会レポート~シーン披露編~

“ぜんぶ素晴らしくて、くだらない。” 音楽劇『テラヤマキャバレー』開幕!

ミュージカル『カム フロム アウェイ』製作発表会見からひも解く見どころ

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ナビレラ』おけぴ観劇会6/1(土)昼シアタークリエにて開催決定

【おけぴ観劇会】ミュージカル「この世界の片隅に」おけぴ観劇会 5/19(日)昼開催決定@日生劇場

【愛とハッピーと笑いを届ける】ミュージカル『トッツィー』開幕! 初日前日囲み取材&公開ゲネプロレポート

ミュージカル『ボディガード』制作発表レポート~歌唱披露&会見~

ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』製作発表記者会見レポート

【おけぴ観劇会】『千と千尋の神隠し』おけぴ観劇会 2024/3/23(土)夜開催決定@帝国劇場

【おけぴ観劇会】KERA CROSS 第五弾『骨と軽蔑』おけぴ観劇会開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『カムフロムアウェイ』おけぴ観劇会 3/16(土)夜開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ