【公演NEWS】KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』待望の再演!

誰も読もうとしなかった、読まれなかった沖縄(こっちがわ)の物語は、 沖縄の人々から我々が鋭く問われている、“今を生きる私たち”の物語。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』、2024年5月~6月に待望の再演!



沖縄本土復帰50年となった2022年12月。沖縄在住の若手劇作家・兼島拓也が書き下ろし、沖縄に出自を持つ田中麻衣子が演出を手掛けた『ライカムで待っとく』は、短い上演期間にも関わらず、観客に大きな衝撃を与えました。また第30回読売演劇大賞優秀作品賞受賞、第26回鶴屋南北戯曲賞ノミネート、第67回岸田國士戯曲賞最終候補作に選ばれるなど話題を呼びました。

この作品は、アメリカ占領下の沖縄で起こった1964年の米兵殺傷事件を基に書かれたノンフィクション「逆転」(伊佐千尋著、新潮社・岩波書店刊)に着想を得て創作されました。当時の資料を調査するとともに、「カイハツ」プロジェクトの一環として、現代を生きる東京の若者たち、基地問題の専門家、同じ基地の町・横須賀に暮らす人たちなどにヒアリングも実施しながら、田中と推敲を重ね、1年の歳月をかけて兼島が書き上げました。



本作には、米軍基地が身近にある環境で生まれ育ち、現在も基地と生活が隣接している中で活動を続ける兼島の、「沖縄は日本のバックヤードではないのか」「沖縄の犠牲の上に成り立っている日本という国」という想いが織り込まれています。沖縄の過去と現在と未来が交錯する軽快なミステリータッチの物語の中で、私たちは知らぬ間に沖縄の複雑性やこの国の在り方を直視させられるのです。

田中の演出は、内地の人間が今まで知らずに生きてきてしまった、見ないふりをしてきてしまったこの物語、解決して終わる問題ではない、やるせなさやあきらめ、どうしようもない状況、そのありのままを舞台上に乗せ、私たちに突きつけます。目まぐるしく展開する舞台の中で、わけのわからないまま事態に巻き込まれていく内地から来た主人公・浅野を中心に、一見優しく「寄り添う」からこその無責任さをじわじわと感じさせ、見終えた後に考えさせられる作品に創り上げました。

沖縄で生まれ育った兼島だからこそ書ける視点と、その本質を丁寧に演出した田中による、これまで誰も読もうとしなかった、読まれなかった沖縄(こっちがわ)の物語は、沖縄の人々から我々が鋭く問われている、今を生きる私たちの物語なのです。


【作:兼島拓也コメント】

この作品を再演することができ、とても光栄です。初演から2年、ウクライナでの悲劇は未だ収束せず、あらたにガザ地区でも見るに堪えない事態が勃発し、心が苦しくなるばかりです。
私が住むここ沖縄は、相変わらず「決まり」が覆ることもなく、粛々と、そして堂々と、物事は進んでいきます。先日屋久島沖でオスプレイが墜落した後、同じ機体たちは1週間ほど何事もなく飛び続け、休憩に入りました。この文章が公開される頃には、優雅に、気持ちよく飛び回っているでしょう。
本土復帰50年というお祭りも終わり、変わらず嫌な方へと変わり続ける世界の中に、この作品が何かしらの影響をもたらしてくれたらと願いますが、まあ、どうなんでしょう。


【演出:田中麻衣子コメント】

沖縄本土復帰50年の冬に上演した『ライカム〜』の再演です。兼島さんのセリフを先頭に、皆で、一層、熱気を帯びたものにしたいと思っています。歌って踊ってお酒を飲んで三線弾いて、集まっておしゃべりすることが大好きな登場人物たちを、ぜひ観に来てください。沖縄と神奈川、1964年と2024年、あっち側とこっち側、、突きつけられる現実を、劇場で体感してください。



初演時には、出演する俳優の半数が沖縄出身ということへも多くの評価の声が寄せられました。俳優たちの発する言葉の一つ一つが観客を物語の世界へ引き込んでいきました。今回もベテランのあめくみちこをはじめとする蔵下穂波、神田青といった沖縄出身の俳優陣、前田一世、小川ゲン、魏涼子といった素晴らしい俳優陣が続投します。さらに阿佐ヶ谷スパイダースのオリジナルメンバーとして数々の舞台で存在感を発揮する中山祐一朗、沖縄出身で多くのドラマや映画で活躍目覚ましい佐久本宝が新たに座組に加わります。

※ KAATが2021年より主催する、劇場が常に考える場・豊かな発想を生み出す場となることを目指し、上演を最終目的としない自由かつ実験的な、クリエーションのアイディアをカイハツするプロジェクト。


神奈川から発信した「沖縄」の物語がついに沖縄へ
今回の再演では、初演時にも強く希望があった沖縄での上演がついに実現。京都、久留米を回ったのち、沖縄戦の戦没者を追悼する沖縄慰霊の日、6月23日に沖縄で大千穐楽を迎えます。神奈川から発信した沖縄の物語が、どのように沖縄にそして全国へ届くのかご期待ください。

あらすじ
雑誌記者の浅野は、60年前の沖縄で起きた米兵殺傷事件について調べることになったのだが、実はその容疑者が自分の妻の祖父・佐久本だったことを知る。調査を進めながら記事を書くうち、浅野は次第に沖縄の過去と現在が渾然となった不可解な状況下に 誘
いざなわれ、「沖縄の物語」が育んできた「決まり」の中に自分自身も飲み込まれていく……。

「ライカム」とは
かつて沖縄本島中部の北中城村比嘉地区に置かれていた琉球米軍司令部(Ryukyu Command Headquarters)の略。現在「ライカム」は地名として残っている。司令部があった近辺の米軍関係者専用のゴルフ場の跡地には、2015年「イオンモール沖縄ライカム」がオープン。地元民のみならず県外からの観光客も多く訪れる場所になっている。

「米兵殺傷事件」とは
1964年8月16日未明、宜野湾市普天間の飲食街周辺で、米兵2人と数人の沖縄人が乱闘し、米兵1人が死亡、1人が重傷を負った。沖縄青年4人(2人は徳之島出身)が普天間地区警察署に逮捕され、傷害致死罪で米国民政府裁判所に起訴された。事件は陪審に付された。
沖縄人に重罪を課そうとする米国人らが陪審員の多数を占め、評議は4人に不利な流れとなったが、無罪を主張する沖縄人陪審員・伊佐千尋の粘り強い説得で形勢は逆転し、傷害致死罪については無罪、傷害罪では有罪の評決に至った。しかし、同年11月の判決では3人に懲役3年の実刑(1人は猶予刑)という初犯としては重い量刑が下った。
殺傷事件と沖縄住民への差別意識が渦巻く陪審評議、その後の判決は米統治下に置かれた沖縄の過酷な現実を浮き彫りにしている。

【公演情報】
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ライカムで待っとく』 Backyard in RyCom
2024年5月24日(金)~6月2日(日)@:KAAT神奈川芸術劇場<中スタジオ>
【京都公演】2024年6月7日(金)~8日(土) ロームシアター京都 サウスホール
【福岡公演】2024年6月15日(土) 久留米シティプラザ 久留米座
【沖縄公演】2024年6月22日(土)~23日(日) 那覇文化芸術劇場なはーと 小劇場
※この事業は令和6年2月の那覇市議会で予算の議決が延期または否決された場合、事業を延期又は中止する可能性があります。
上演時間2時間程度(休憩なし)

作:兼島拓也 演出:田中麻衣子

登場人物 ・出演:
浅野悠一郎 ……中山祐一朗
藤井秀太 …… 前田一世
浅野知華 ……魏涼子
伊礼ちえ ……蔵下穂波
運転手 ………佐久本宝
金城(きんじょう) …………あめくみちこ
佐久本 寛二(さくもと かんじ) ……佐久本宝
嘉数 重盛(かかず しげもり) ……神田青
平 豊久(たいら とよひさ) ………小川ゲン
佐久本 雄信(さくもと ゆうしん)…… 前田一世
大城 多江子(おおしろ たえこ) ……あめくみちこ
栄 麻美子(さかえ まみこ) ……蔵下穂波

『ライカムで待っとく』公演HP

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

博多座25周年記念作品『新生!熱血ブラバン少女。』製作発表レポート

ミュージカル『カム フロム アウェイ』稽古場取材会レポート~シーン披露編~

新国立劇場バレエ団『ホフマン物語』小野絢子さん、米沢唯さん対談

ミュージカル『カム フロム アウェイ』製作発表会見からひも解く見どころ

“ぜんぶ素晴らしくて、くだらない。” 音楽劇『テラヤマキャバレー』開幕!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ナビレラ』おけぴ観劇会6/1(土)昼シアタークリエにて開催決定

【おけぴ観劇会】ミュージカル「この世界の片隅に」おけぴ観劇会 5/19(日)昼開催決定@日生劇場

【愛とハッピーと笑いを届ける】ミュージカル『トッツィー』開幕! 初日前日囲み取材&公開ゲネプロレポート

ミュージカル『ボディガード』制作発表レポート~歌唱披露&会見~

舞台『オデッサ』開幕レポート~プレスコール&会見~

ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』製作発表記者会見レポート

【おけぴ観劇会】『千と千尋の神隠し』おけぴ観劇会 2024/3/23(土)夜開催決定@帝国劇場

【おけぴ観劇会】KERA CROSS 第五弾『骨と軽蔑』おけぴ観劇会開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『カムフロムアウェイ』おけぴ観劇会 3/16(土)夜開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』おけぴ観劇会開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ