柚希礼音ソロコンサート『REON JACK』観劇レポート



柚希礼音さんの現在、過去、未来がつまっている!

 大阪・梅田芸術劇場メインホールで3月11日から17日まで上演された宝塚歌劇団退団後初の柚希礼音ソロコンサート『REON JACK』。

 男役時代よりさらに進化した“かっこよさ”、ちょっと照れた感じもキュートなドレス姿、艶やかなタンゴ、そして思わず“ちえちゃん”と呼びたくなってしまうほど親しみやすいトークコーナー…。ファンサービス満点のステージより、舞台写真が届きました! 初日公演を観劇したおけぴスタッフの感想コメントとともにどうぞ♪



Tシャツや“R”型ペンライトなど公演グッズを身につけて客席も気合十分!
客席参加型演出もふんだんに取り入れられているので、準備万端でどうぞ♪
ファンと一緒に盛り上がる柚希さんの楽しそうな表情が印象的!


 まずはもう、客席の“あったまり方”がハンパじゃありません! オープニング映像がスクリーンに映し出され、クールビューティな怪盗に扮した柚希さんが(映像に)登場するだけで、キャーッと歓声が。いよいよ本人がステージに現れると…あちらこちらから「かっこいいっ!!」と幸せな悲鳴。

 「みなさん、お元気でしたか~!?」第一声のあとは、レオンの“R”があしらわれたペンライトを使って客席と一緒に歌い踊る『♪REON JACK』で盛り上がります。


【予習必須! 音花ゆりさん&鶴美舞夕さんが教えてくれる振付動画♪ ポイントはRポーズ!】
↓↓

公式オリジナルグッズはこちら



オモチャの宝石箱をひっくり返したようなイメージ♪
♪Crazy In Love(ビヨンセ)を歌い踊りまくる柚希礼音さん&うめコロどいトリオが見られるなんて!
韓国ミュージカルで活躍する面々やトートダンサーなどが集まった男性ダンサーたちにも負けていない、鶴美舞夕さんのしなやか筋肉にも大注目です!


『Argentango』(2014年)にも出演されていたクリスティアン・ロペスさんと踊るタンゴ。
スーツ姿でマニッシュに踊る場面、妖しい雰囲気にゾクゾクっ! 高難度リフトも圧巻です(もちろん柚希さんがリフトされる方、ですよ)


これぞ、元男役ならではの魅せ方…
スーツからセクシーなドレス姿にチェンジして、大人のタンゴがはじまります。脚線美から目が離せないっ!


自身が作詞した曲『希望の空』では、等身大の柚希礼音をまっすぐに届けてくれます。


おけぴスタッフが特に心惹かれたのは、真っ白な衣裳に裸足で踊るこの場面。
未来へ向かって、ひとりの表現者として踊る姿。男役としてのこれまでがあったからこそ、そこから離れて自由に踊る姿が眩しい・・・!


 
 宝塚時代を振り返るトークコーナーや、素顔の“ちえちゃん”に会えるクイズコーナーなど盛りだくさんの内容。さらに巨大バルーンも登場で、約1時間50分のステージはあっというま。客席とふれあう時間も多く、2階席まで顔を出す(初日公演では、2階席にあまりにも早く到着しすぎて、照明がつく前に客席にちえさんが登場するハプニングも♪)などファンサービスもばっちり! 

 『オーシャンズ11』『太王四神紀』『The Lost Glory 美しき幻影 』『スカーレット・ピンパーネル』『ロミオとジュリエット』など、宝塚時代の名曲コーナーもあるので、男役の柚希さんが忘れられない! という方も、あの頃のままのかっこよさ(もしかしたらあの頃以上?)に出逢えます♪
(宝塚楽曲は日替わり。詳細はこちら

 宝塚で下級生時代をともに過ごした陽月華さん、星組トップ時代を一緒にもりあげ、同時期に退団した音花ゆりさん鶴美舞夕さん、そして表現者・柚希礼音をよく知る稲葉大地氏(演出)の参加で、刺激的かつどこか懐かしく優しい雰囲気が広がった『REON JACK』。

 東京公演でのさらなる進化が楽しみです!




【公演情報】
『REON JACK』 柚希礼音ソロコンサート
2016年3月11日(金)~3月17日(木) 梅田芸術劇場メインホール  
おけぴ劇場マップ(梅田芸術劇場メインホール)
2016年3月26日(土)~4月11日(月) 東京国際フォーラム ホールC 
おけぴ劇場マップ(東京国際フォーラムホールC)

出演者:
柚希礼音
陽月華  音花ゆり、鶴美舞夕
ダンサー:岩崎大輔、小南竜平、加賀谷一肇、宮垣祐也、李侖炯(イ・ユニョン)、姜東錫(カン・ドンソク)、權容国(クォン・ヨングク)、朴鏡秀(パク・キョンス)  クリスティアン・ロペス  

構成演出:稲葉太地(宝塚歌劇団)

公演特設サイト





写真提供:梅田芸術劇場 撮影:岸隆子(Studio Elenish)
おけぴ取材班:mamiko

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)