ミュージカル『ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~』稽古場レポート

★「キース・ヘリングのポスター展」開催決定★

公演期間中シアタークリエ1Fエントランス正面スペースに、キース・ヘリングのアート作品の普段お目にかかれないビンテージポスターが11点展示されます。
おけぴスタッフイチオシは“アンディ・マウス”です!


★キース・ヘリング スペシャルデイズの詳細決定!★

6月8日(水)~10日(金) 合計 4 公演で実施!RENTとのコラボ企画やPhoto企画などバラエティに富んだイベントです。
詳細はこちらから!


【稽古場レポート】


 キース・ヘリング×ポップアート×ミュージカル、日本初上陸!

 これまで柿澤勇人さん&松下洸平さんインタビュー小淵沢取材会レポート会見&館内ツアー編小淵沢取材会レポートお絵かき大会編と追いかけてきたミュージカル『ラディアント・ベイビー』
 開幕まで1か月を切り、より一層熱を帯びる稽古場での取材会が行われました。






 公開稽古は1幕冒頭のこのナンバーから、キースが人生を駆け抜けるさスピード感を表現したオープニングナンバーです!

♪THIS IS THE WORLD


この作品、子供たちが物語の案内役を務めます!なんだか自然に笑顔になります

♪FASTER THAN THE SPEED OF LIFE#1

 キースが2日間いなくなり、困り果てるキース生涯の友、写真家のクワン(平間壮一さん)とキースのアシスタントのアマンダ(知念里奈さん)…。






最後に登場するキース(柿澤勇人さん)、“動”のナンバーが突然“静”に
 「キャストみんな、それぞれ声の色もキャラクターもダンスのタイプもちがいます。でも、みんなすごく熱い奴が集まっていますので、そのエネルギーが集まれば80年代の混沌としたエネルギーが描けると思います」

キース・ヘリング(1958-1990)
地下鉄構内の広告板にチョークで絵を描くサブウェイ・ドローイングで一躍有名になった、アンディ―・ウォーホルなどと並び称される1980年代アメリカの代表的芸術家。この作品のタイトルでもある《ラディアント(光り輝く)・ベイビー》は代表的なアイコンである。


 2シーン目は、この作品で一番パワフルなナンバー、ディスコのシーンです

♪PARADISE


ディーバウーマン(エリアンナさん)の歌声が稽古場に響き渡ります!気持ちイイ!



DJブースにいるのは、のちにキースの恋人となるカルロス(松下洸平さん)
「稽古が部活みたいになっていて(笑)。朝はストレッチ、体操と、みんなでアップして、汗かいて…、なんだか久しぶりに味わう感覚です。五朗さんは作品の魅力であるスピード感を損なわないように僕らのお尻をバンバン叩いてくれるので、必死に食らいついて良い作品を創り上げようと思います」





こちらはディーバマン(Spiさん)


 なんだかとてつもなくエネルギッシュで、ほとばしる汗もセクシー。何かを求めてヒートアップする生々しさを感じる狂騒的ナンバーです。みなさん、振りはもちろん、表情や指先の仕草など、なんかもういちいちセクシー!

そしてこのシーンの後は…



平間さん、誰よりも踊りまくりでしたからね、汗びっしょりです
「稽古は楽しいしか出てこないくらい楽しいです。ひとりひとりを僕自身が尊敬できていて、役としてというだけでなく、私生活の僕らのチームワークが舞台上に出るんじゃないかと思います」


知念さんはさわやか~
「岸谷さんの演出のもと楽しくお稽古しています。みなさん個性が違うので、その中でのびのびとやらせてもらっています」


 最後は物語の終盤、キース、クワン、アマンダ、カルロスがそれぞれの居場所に思いをはせる、作品を代表するバラードナンバー。

♪STAY

 「ここに居たい、終わらせたくない」と声が重なった瞬間…グッとこみ上げてくるものがありました。美しいナンバーです。






演出:岸谷五朗さん
「80年代のNYを舞台にキースが駆け抜けた人生を描く作品です。みなさんにも元気を与えられるような作品ですので、ぜひ劇場へお運びください」

 3曲聞いただけで、すでにこの作品の音楽に魅了されました。そして、みなさんの感情表現に人間ドラマの一端を見たような気もします。『ラディアント・ベイビー』開幕がますます楽しみになりました。熱狂的ファンを生み出しそうな予感です!

【『RADIANT BABY』稽古場公開ダイジェスト映像(公式)】


【公演情報】
『ラディアント・ベイビー』
2016年6月6日(月)~22日(水)@シアタークリエ

<スタッフ>
脚本・歌詞:スチュアート・ロス
音楽・歌詞:デボラ・バーシャ
歌詞:アイラ・ガスマン
演出:岸谷五朗
訳詞:小林香
振付:大村俊介(SHUN)、原田薫

<出演>
柿澤勇人/平間壮一/知念里奈/松下洸平
Spi/Miz/大村俊介(SHUN) 汐美真帆/エリアンナ/香取新一
加藤真央/MARU/戸室政勝/おごせいくこ
大西由馬/設楽銀河/永田 春/朝熊美羽/伊東佑真
漆原志優/新井夢乃/小林百合香/ミア
(子役は交互出演)

<あらすじ>
キース(柿澤勇人)は、自分の居場所を求めて
故郷のペンシルベニアからNYに出てくるも、初めての都会での生活に翻弄される。
友人のツェン・クワン・チー(平間壮一)、アシスタントのアマンダ(知念里奈)、
恋人のカルロス(松下洸平)、そして自身が美術を教える3人の子供たちに囲まれて
アートに没頭する彼は、名声を得てもなお自分が信じる世界を探求し苦悩の日々を送る。
病に冒され、31歳の若さでこの世を去ったキースが、
全速力で駆け回り、追い求め続けたものとは。

楽曲紹介はこちらから
公演HPはこちらから

おけぴ取材班:chiaki(撮影・文) 監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

渡辺えりさん・キムラ緑子さん“有頂天シリーズ”第2弾!『喜劇 有頂天一座』取材会レポート

シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』(テンス)第2週ゲネレポ!『ニュー・ブレイン』&ゴージャスガラコン

Japanese Musical『戯伝写楽 2018』ゲネプロレポート

さわやかな風が吹き抜ける ミュージカル『ポストマン』公演レポート

新国立劇場『赤道の下のマクベス』鄭義信さん&池内博之さんインタビュー

宝塚歌劇宙組 シアター・ドラマシティ公演『不滅の棘』開幕レポート

【祝】シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』(テンス)開幕!おけぴ会員のみなさんからの思い出コメントも!

シネマ歌舞伎『京鹿子娘五人道成寺/二人椀久』坂東玉三郎さん取材会レポート

【おけぴ観劇会 開催決定!】ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

ミュージカル『マディソン郡の橋』おけぴ観劇会 開催決定!

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)