ミュージカル『ミス・サイゴン』2016 製作発表写真速報!

 2016年10月の帝国劇場を皮切りに、全国ツアー公演がスタートするミュージカル『ミス・サイゴン』。エンジニア役のダイアモンド☆ユカイさん、キム役のキム・スハさんら、国内外からの話題の新キャストも初お目見え!の製作発表が行われました。

 陥落直前のベトナム・サイゴン(現在のホーチミン市)で出会ったベトナム人少女・キムと米兵クリスの愛、サイゴン陥落の混乱がもたらす別離。戦後の衝撃的な再会…。そして、キムの息子への究極の愛と時代の荒波をたくましく生き抜くフランス系ベトナム人-通称エンジニアの生き様。様々な人生ドラマを歌で表現する作品。

 1989年のロンドン初演、1991年のニューヨーク初演に続いて、日本では1992年に初演されました。以来、ただひとり一貫して出演を続けた“ミスター・サイゴン”市村正親さん卒業の発表も話題のひとつ。
 市村さんのコメントと写真速報をお届けいたします。



「今から28年前、宝塚劇場の稽古場で、キャメロン・マッキントッシュ(プロデューサー)、ニコラス・ハイトナー(演出)、クロード=ミシェル・シェーンベルク(作曲・台本)、アラン・ブーブリル(台本)を目の前にして「生き延びたけりゃ」を歌いました。
 当時の僕は劇団四季を辞め、この作品のエンジニア役を勝ち取らなければ今後の舞台生活はないという思いで取り組んでいました。その姿は海外スタッフに「ドアから入ってきた瞬間、エンジニアが入ってきたと思った」と言われました。とにかく勝ち取ってやるという“気”がすごかったそうです。

 それから28年、僕もこの業界ではだいぶ知られる存在となりました(笑)。そこで、さあ、今回、僕はどんなエンジニアを作るのかと考えた時、非常にエンターテインメント性の強い役ですが、もう一度、今まで届かなかったくらいにエンジニアという人間を深く追求してみようと思いました。フランス人とベトナム人の間に生まれた彼の幼いころから、ベトナム戦争を切り抜けて、どうにかしてアメリカへ渡るんだという人生。ショーではなく、ドロドロでひた向きに戦争の中を生き抜いていく男を演じたいと思います」(市村正親さん)


【オープニングアクト♪火がついたサイゴン】




オープニングにふさわしい盛り上がり!オーディエンスのハートにも火がつきました!




これはコイツに…(ジョン役:上原理生さん)


ありがたいけど…(クリス役:上野哲也さん、マイムで参戦する新クリス小野田龍之介さん)


続いては小野田クリスとダブルジョンの掛け合い(ジョン役センターマイク右:パク・ソンファンさん)


ジジ役:中野加奈子さん ロンドンでも同役を務めた中野さんは日本の舞台は初挑戦!


ジジ役:池谷祐子さん


ミスター・サイゴン!エンジニア役:市村正親さん
おかえりなさ~い!!


つづいては、どどーんと20分間にわたる歌唱披露から…
あの曲、あの場面…一気に作品世界に誘われます。
『ミス・サイゴン』の歌ヂカラ、やはり唯一無二!!


【歌唱披露♪世界が終わる夜のように】

~一夜の出会いで恋に落ちたヒロインキムと米兵クリスが永遠の愛を誓う、美しいデュエット~


写真左より)キム役:キム・スハさん、笹本玲奈さん、昆夏美さん、クリス役:上野哲也さん、小野田龍之介さん




【歌唱披露♪時が来た】

~人民委員長となったトゥイ(キムの元許嫁)が社会の底辺で生きるキムに結婚を迫る迫力のナンバー~



写真左より)トゥイ役:藤岡正明さん、神田恭兵さん




【歌唱披露♪今も信じているわ】

~戦争の悪夢に苦しむクリスを懸命に支えるエレンの心の葛藤を描くナンバー(劇中ではベトナムでクリスを想うキムとのデュエットになります)~



写真左より)エレン役:三森千愛さん、知念里奈さん




【歌唱披露♪生き延びたけりゃ】

~社会主義国となったベトナムを、たくましく生き抜くエンジニアの生き様を描いたナンバー~



写真左より)エンジニア役:ダイアモンド☆ユカイさん、市村正親さん、駒田一さん



続いては3人のキムによる作品を代表する1曲が披露されました。
会見での歌唱披露でありながら、日本とロンドン、それぞれにキム役を経験しているだけあり、歌い始めると舞台の情景が目に浮かびます。
そして、それぞれキムにぴったりだなと思わせるのですが、3人が3人とも個性豊かなのです。
笹本さん、昆さん、キム・スハさんが作るそれぞれのキム像に期待です。♪命をあげよう歌唱披露の様子をどうぞ…。


【歌唱披露♪命をあげよう】

~息子タムを守ろうとキムが強い愛情を歌う作品を象徴する1曲~





堂々たる日本語歌唱で情感豊かに歌い上げるキム・スハさん


【歌唱披露♪ブイ・ドイ】

~ジョンがベトナム女性との間に生まれた混血児たちに救いの手を差し伸べようと呼びかける力強い一曲~





写真左より)ジョン役:パク・ソンファンさん、上原理生さん
ダブルジョンで迫力も2倍、3倍に!!タイプの違う歌ウマさんにどちらも見たいっ!


【歌唱披露♪アメリカン・ドリーム】

~憧れのアメリカに渡るときがついに来たと、エンジニアがビッグになる夢を歌いあげる作品を代表するビッグナンバー~




注目の新エンジニア、ダイアモンド☆ユカイさんは圧巻の空間掌握力!
とってもロックなパフォーマンスでした!


続投となる“役を生きる”駒田エンジニア


25年目にしてさらなる深化を宣言の市村エンジニア


最後は全員参加!!






この20分の歌唱披露で、早くも作品の力に圧倒されました。
でも、これは『ミス・サイゴン』2016のスタート。続投キャストの深化と新キャストによるフレッシュな風、その融合で25年目にして、また新しいサイゴンファミリーの誕生です。
日本ミュージカル史を語る上で欠かせない この名作をぜひ劇場でご覧ください!




【公演概要】
ミュージカル『ミス・サイゴン』
2016年10月19日(水)~11月23日(水・祝)@ 帝国劇場 (おけぴ劇場map)
プレビュー公演10月15日(土)~18日(火)
【岩手】12月10日(土)~11日(日)@岩手県民会館 (おけぴ劇場map)
【鹿児島】12月17日(土)~18日(日)@鹿児島市民文化ホール (おけぴ劇場map)
【福岡】12月23日(金・祝)~25日(日)@久留米シティプラザ ザ・グランドホール (おけぴ劇場map)
【大阪】12月30日(金)~2017年1月15日(日)@梅田芸術劇場 メインホール (おけぴ劇場map)
【名古屋】2017年1月19日(木)~22日(日)@愛知県芸術劇場 大ホール (おけぴ劇場map)

<スタッフ>
オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク
演出:ローレンス・コナー
歌詞:リチャード・モルトビー・ジュニア/アラン・ブーブリル

<キャスト>
エンジニア:市村正親/駒田一/ダイアモンド☆ユカイ
キム:笹本玲奈/昆夏美/キム・スハ
クリス:上野哲也/小野田龍之介
ジョン:上原理生/パク・ソンファン
エレン:知念里奈/三森千愛
トゥイ:藤岡正明/神田恭兵
ジジ:池谷祐子/中野加奈子

麻田キョウヤ/荒田至法/植木達也/大津裕哉/大塚俊/大竹尚/岡本悠紀/小川善太郎/加藤貴彦/鎌田誠樹/川島大典/川辺貴啓/小林遼介/小山圭太/齋藤准一郎/清水俊介/杉山有大/仙名立宗/田川景一/田村允宏/丹宗立峰/土倉有貴/富永雄翔/西野誠/日向智法/藤岡義樹/堀江慎也/本多剛幸/増山航平/
青山郁代/伊宮理恵/江崎里紗/岡本華奈/吉川恭子/木南清香/小島亜莉沙/斉藤綾香/杉ありさ/華花/吉田玲菜

<ストーリー>
1970年代のベトナム戦争末期、戦災孤児だが清らかな心を持つ少女キムは陥落直前のサイゴン(現在のホー・チ・ミン市)でフランス系ベトナム人のエンジニアが経営するキャバレーで、アメリカ兵クリスと出会い、恋に落ちる。お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、アメリカ兵救出のヘリコプターの轟音は無情にも二人を引き裂いていく。
クリスはアメリカに帰国した後、エレンと結婚するが、キムを想い悪夢にうなされる日々が続いていた。一方、エンジニアと共に国境を越えてバンコクに逃れたキムはクリスとの間に生まれた息子タムを育てながら、いつの日かクリスが迎えに来てくれることを信じ、懸命に生きていた。
そんな中、戦友ジョンからタムの存在を知らされたクリスは、エレンと共にバンコクに向かう。クリスが迎えに来てくれた---心弾ませホテルに向かったキムだったが、そこでエレンと出会ってしまう。クリスに妻が存在することを知ったキムと、キムの突然の来訪に困惑するエレン、二人の心は千々に乱れる。したたかに“アメリカン・ドリーム”を追い求めるエンジニアに運命の糸を操られ、彼らの想いは複雑に交錯する。そしてキムは、愛するタムのために、ある決意を固めるのだった---。

『ミス・サイゴン』公式サイト
saigon2016
おけぴ取材班:chiaki(文・撮影) 監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

ミュージカル『あなたの初恋探します』開幕レポート

【公演NEWS】新国立劇場『消えていくなら朝』開幕!~時代をつかむ劇作家・蓬莱竜太と芸術監督・宮田慶子がタッグを組み、「現在」を描き出す~

シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』 くさやを気軽に楽しめる世界初のバー【くさやバー】とタイアップ決定!

【公演NEWS】NTLive × 新国立劇場『誰もいない国』イベントレポート ~ピンターと『誰もいない国』~

バレエダンサー宮尾俊太郎 × MET ライブビューイング オペラとバレエの《ロメオとジュリエット》を語るスペシャルトークイベント開催決定!

ついに開幕!成河さんによる一人芝居『フリー・コミティッド』~ちょっと風変わりな一人芝居?!~

【渋谷天外、高田次郎、藤山扇治郎、久本雅美が意気込みを語る】劇団創立70周年記念公演「松竹新喜劇」

ミュージカル『マリー・アントワネット』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『マイ・フェア・レディ』製作発表レポート

道頓堀presentsフードミュージカル『Gotta(ゴッタ)』プレビュー開幕!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)