【公演NEWS】30-DELUX『新版 国性爺合戦』緒月遠麻さん、大湖せしるさんインタビュー

 さまざまな伝統芸能を30-DELUXが新しいエンターテインメントとして発信する「Dynamic Arrangement Theater」
 今回挑むのは、近松門左衛門の人形浄瑠璃の代表作『国性爺合戦』

 明朝復興という旗印に翻弄される人々の人間ドラマを大胆なアレンジで届けるこの作品で、主人公の母・渚とかつての明の将軍の妻・錦祥女という数奇な運命の糸で結ばれた二人の女性として共演される緒月遠麻さん大湖せしるさん。ともに宝塚歌劇団出身、雪組時代には男役スターとして活躍したお二人の思い出話から、役へのアプローチまで盛りだくさんのインタビューが届きました。



緒月遠麻さん、大湖せしるさん


──まずは宝塚時代に同じ組に在籍されていた時期もあるお二人、お互いの役者としての魅力は。(※緒月さんは第86期生、大湖さんは第88期生として入団)

緒月さん)
 せしるはどの男役より男役でした。仕草やウインクとか、私にはできない“キザ”なんです。実は、とある貸切公演のときに誰にも言わずに自分の中で「今日は大湖せしるバージョンでやってみよう」と決めてやってみたんです。そうしたらすごくテンションが上がったんですけど、同時にこれを毎日本公演ではできないなとも悟ったんです。せしるはちゃんと自分のものにしていたんだけど、私はそれがしっくりこないというか。下級生ながら堂々とした振る舞いをしていてすごいなと思っていました。


大湖さん)
 えー、そんな風に!!

緒月さん)
 特にショーとか。自分が思っているより、あなたすごかったよ。そんな誰よりも男役だったせしるが娘役に…びっくりしたわ。




大湖さん)
 確かに男役だったころは快感でしたね。客席を見たときに目が合うと、お客様が“はぁ~”となって、その瞬間にウインクすると“キャッ”ってなるのが!

緒月さん)
 そもそもお客様を見つめられるところがすごいと思う。芝居としてならまだしも、ショーになると見られなかったから、私は。「何で見てくれないんですか」って手紙ももらったなぁ。実際に客席から見たときに目線もらうとうれしいし、そこでウインクしてもらったらファンになるよね。その気持ちはすごくわかるから、それができなかったのは私の引き出しの少なさだったなと。


大湖さん)
 でも、それがなかったとしても、キタさん(緒月さん)の空間を埋める力というのをそばで見ていて感じていました。そして、組のみんなも「キタさん、キタさん」って集まっていて、それはファンの方へはもちろん、みんなに分け隔てなく、愛を注いでいたからだと思います。
 そんな人として愛情の深い部分、普段の姿が全部舞台上に出ていて、とても魅力的でした。
 私が悩んでいる時も、何か言葉が欲しいなと思うとキタさんのところに行きました。そうするといつも気づきをくれる方なんです。たくさんのことを教えていただきました。



緒月さん)
 でも、せしるはちゃんと自分を持っていたから、悩んでいるなとは思っても、実はあまり心配していなかったんだよね。自分の中での方向性は決まっていて、こう背中を押してほしいんだなというのもわかりやすかったし。そして、目指す方向も間違っていなかったし、少し話せばしっかりと理解してくれたから。

 あと、なんていうか舞台って普段が出るよね。おとなしそうに見えるけれど、絶対そうじゃないだろうなとか(笑)。舞台上では丸裸というか、近くでしゃべるよりも見えてくるものはあると思う。


大湖さん)
 舞台に立って表現するって、その怖さもあります。


──そして、今回、舞台でお二人が女優対女優として共演することになりました。

お二人)
 (声を揃えて)楽しみしかない!

緒月さん)
 もちろん自分の役に対しての課題、クリアしなくてはならないことへの不安が全くないわけではありませんが、共演できることについては楽しみしかないですね。




大湖さん)
 娘役に転向して女性の役を演じたとき、やはり芝居の中での感情の流れが自然だったんです。その自然な感覚でキタさんと芝居がしてみたいと思っていました。宝塚時代には叶わなかったことが、今回ようやく実現するのでとっても楽しみなんです。


──ではここからは、作品についてうかがいます。お稽古前の今の段階で感じる新版『国性爺合戦』の魅力は。

大湖さん)
 台本を拝見すると、親子や夫婦の情や国と国の争いなどさまざまなドラマが描かれていますが、その中でも特に、人の欲望をストレートにぶつけ合うことで見えてくるものが描かれているところに魅力を感じました。それはとても苦しい心情のシーンでもありますが。

緒月さん)
 人の欲望の話っていいですよね。私自身、見るのもやるのも、さわやかな作品より人間臭い作品が好きなので、この作品もそういった人間ドラマの部分がすごく楽しみです。宝塚に在籍しておいてアレですが、ドロドロしたものが好きなんです(笑)。


大湖さん)
 実は私も(笑)。それぞれの欲望を否定しきれない、どこかで理解できてしまうようなところがあるんですよね。

緒月さん)
 その中で私が演じるのは、佐藤アツヒロさん演じる主人公の和藤内(わとうない)の母・渚。一筋縄ではいかない、芯の強い女性です。でも“芯の強い”と自分で言いましたが、そのひと言で片づけてもいけないのかな。


──確かに、渚は日本人女性ですが、夫の祖国でもある明朝復興のために、息子や夫と海を渡ります。さらにそこで…、人間的な大きさを感じますよね。



緒月さん)
 私、昔から宝塚の男役さんが演じる女性のキャラクターが好きだったんです。もちろん娘役さんも魅力的ですが、男役さんってどこか一味違うんです。不思議なんですけど。今回、渚を演じるにあたり、私が感じる“男役がやる女性”の魅力が出せたらいいなと思っています。だってあの時代のあの状況下ですから、人間的な強さがないと生き抜いていけないと思うんです。そこでは、どこかで男役だったことも役立つような気がして。


大湖さん)
 私が演じるかつての明の将軍・甘輝の妻、錦祥女(キンショウジョ)も渚とは性格づけは違いますが、本当に強い女性です。自分自身のプライドを守りながら、最後に“人のために”彼女がする行動を、今の私ができるだろうか…。そう考えると、この役を演じきることで、私自身、大湖せしるとしての新たな引き出しが増えるような、多くのことを得られる役だろうなという楽しみがあります。


──そんな濃密な人間ドラマの中に、ときどき笑いの要素が入ってくるのも30-DELUXの魅力です。

緒月さん)
 ありますね。私、意外と得意なんですよね。




大湖さん)
 え?「意外と」付きますか(笑)。私、台本を読んでいてキタさんの表情まで想像できましたよ!私の役はあまりそういうところはないので、そこはキタさんの面白さを楽しませていただきます。

緒月さん)
 やるからには別空間になるぐらい変えようかな。というのは、作品自体が重めというかドロドロしているので、そういう場面が必要なんですよ。
 そして、求められるからにはそこにちゃんと応えていきたいと思うんです。あまり考え過ぎずに、感じたままにやります。


大湖さん)
 キタさん、舞台では丸裸ですから(笑)!普段のキタさんの面白さがにじみ出れば大丈夫です(笑)!

──お二人の幅広い魅力を見られそうな新版『国性爺合戦』がますます楽しみになりました。楽しいお話をありがとうございました。


 公演は9月14日よりシアター1010にて開幕、その後、愛知公演、福岡公演、大阪公演が予定されています。約300年前、当時鎖国下であった日本で、中国人と日本人の混血である男を主人公に据え人気を博した近松門左衛門の代表作がどう生まれ変わるのか!この秋注目の公演です。


30-DELUX清水順二さん、森大さん、田中精さん鼎談も併せてお楽しみください



【公演情報】
『新版 国性爺合戦』
2016年9月14日(水)~18日(日)シアター1010 (おけぴ劇場map)
2016年9月24日(土)、25日(日)東海市芸術劇場 (おけぴ劇場map)
2016年9月30日(金)福岡市民会館 (おけぴ劇場map)
2016年10月14日(金)~16日(日)シアター・ドラマシティ (おけぴ劇場map)

<スタッフ>
作:西森英行
演出:伊勢直弘
音楽:和田俊輔

<キャスト>
佐藤アツヒロ/馬場良馬/緒月遠麻/大湖せしる/名塚佳織(Wキャスト)/加藤雅美(Wキャスト)
森大/田中精/林明寛/山口大地/武藤晃子/谷口敏也/川口莉奈
湯田昌次/大山将司/金田瀬奈/中村悠希
村瀬文宣/大成翔輝/大塚晋也/安藤佳祐
清水順二/陰山泰

<あらすじ>
その名は、和藤内(ワトウナイ)。

「俺はいつかデカいことをする」という野望を抱きながらも、
恋女房の小むつと共に、平和な日々を過ごしていた。
和藤内は、幼い頃から、自分にしか聞こえない声を聞いていた。

「お前は、世に比類なき天下人になるのだ…」

ある日、老一官は、唐土より流れ着いた明の皇女・栴壇皇女(センダンコウニョ)から、
祖国・明の危機を告げられる。
裏切りの将軍・李蹈天(リトウテン)により、明は韃靼国の侵攻を受け、
滅亡の危機に瀕しているという。
和藤内は、明朝復興の為に、父母と共に海を渡る。
そして、かつての明の将軍・甘輝(カンキ)に助けを乞うべく、
甘輝の妻・錦祥女(キンショウジョ)に会うため、獅子ヶ城へ向かう。

その全てを、一匹の虎が見つめていた…。
果たして和藤内は、父が渇望する明朝復興を成し遂げられるのか?

海越えた地に、祖国の旗を再び掲げるための戦いが、今、幕を上げる。

公演公式ページはこちらから

提供:30-DELUX/ジェイズプロデュース

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

『天保十二年のシェイクスピア』高橋一生さんインタビュー

九州初上陸!時空を超えたエンターテイメント『平成中村座』製作発表レポート

豪華絢爛 祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』おけぴ観劇会 開催決定!

【テーマは歓喜】スーパー歌舞伎Ⅱ<セカンド>『新版 オグリ』製作発表レポート

ミュージカル『ラ・マンチャの男』大阪公演開幕! 松本白鸚さん 瀬奈じゅんさん 駒田一さんコメントが届きました

こまつ座第129回公演『日の浦姫物語』開幕レポート~舞台写真と感想で綴る~

伊礼彼方ミュージカル・カバー・アルバム「Elegante」リリースイベント@博多 レポート

上原理生さんロングインタビュー ~ミュージカルに感謝~

南座「九月花形歌舞伎」愛之助さん、七之助さん、中車さんが意気込みを語りました 

ミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』おけぴ観劇会 開催決定!

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)