代引きとは | チケット救済 | 公演紹介 | 検索 | 使い方(FAQ) | サイトマップ | トップ |
定価以下限定のチケット救済掲示板
初めての方にオススメ!管理人チケット
忙しくて投稿する時間がない人は

1分でわかる代金引換郵便
代引き(代金引換)は利用方法や手数料が分かりづらく、 なんとなく敬遠している方も多いはず…。
でも一度わかると、安心して気持ちよく相手の方と取引ができるので、 この機会にレッツ把握♪

※代金引換郵便物の為替送金は、2014年11月24日をもって廃止されました。

代金引換とは?

チケットを送る人(差出人)は郵便局に出向いてこのサービスを申込み、チケット受け取る人(受取人)はチケットが届いたらに配達人のお兄さんに代金(引換金)を支払います。
そして差出人は振替(ゆうちょ銀行口座への振込み)で代金を受け取ることができます。これが代金引換(代引き)です。
代金引換を利用するときには、必ずゆうちょ銀行口座が必要です。

差出人はどうやってお金を受け取るの?

ゆうちょ銀行口座に入金してもらいます。 この場合も 手数料がかかり、この振替手数料を差し引いた金額が払い込まれます。 振替にもいろいろ種類がありますが、ほとんどの人は「総合口座」への入金になるかと思います。 (総合口座の場合は電信払込みしか選択できません。 手数料が一番安い通常払込みは「振替口座(銀行でいう当座預金)」を持っていないとだめなんですね)

で、代金引換には結局手数料はいくらかかるの?

  • 郵便料金     申し込む時に支払う
    通常の郵便の際に支払う料金です(定形郵便なら82円)

  • 代金引換料 申し込む時に支払う
    代引きをお願いするのに必要なお金で、一律260円がかかります

  • 送金手数料 お金を受け取る時に自動的に差し引かれる
    引換金を送金してもらう時にかかるお金です

  • 印紙税 お金を受け取る時に自動的に差し引かれる
    引換金を送金してもらう時に引かれるお金です
手数料、結局いくらかかるの? 引換金(チケット代)が〜29,999円の場合編
郵便料金 82 円(定形郵便の場合)
代金引換料 一律:260 円
印紙代 一律:0 円
送金手数料 振替(ぱるる)
電信払込み(約一日)
540 円
合計 882 円

手数料、結局いくらかかるの? 引換金(チケット代)が30,000円以上(100万円未満)の場合編
郵便料金 82 円(定形郵便の場合)
代金引換料 一律:260 円
印紙代 一律:200 円
送金手数料 振替(ぱるる)
電信払込み(約一日)
756 円
合計 1,298 円

代金引換を頼みに郵便局に行く時、持っていくもの

  • チケットを入れた封筒
  • 身分証明書(運転免許証、健康保険証など)
  • ゆうちょ銀行口座の口座番号がわかるもの(キャッシュカードや通帳など)
  • 手数料としてかかるお金 (郵便料金(\82) と 代金引換料(一律260円))

代金引換の利用手順


  1. チケットを封筒に入れる
    代引専用の封筒はありませんので、封筒は自分で用意します。
    受取人のことを考えると、透明封筒がおすすめです(文具屋に売ってます)。 (受取人が配達員にお金を払う時に、封を開けなくても中身を確認できるように チケットが見えるように入れましょう。代引きはいったん封を開けたら受け取りは拒否できないんですね)
  2. 郵便局の窓口で「代金引換専用ラベル」をもらって必要事項を記入する
    お届け先(受取人)、ご依頼主(差出人)、品名(チケット)、引換金額、送金方法などを記入します。
  3. 郵便局の窓口で申し込む
    ※代金引換は郵便局の窓口以外では発送できません(ポストには投函できません)
    ※申込みの時に運転免許証、健康保険証などによる差出人の身分確認が行われる場合もある
  4. 「受領証」をもらう
    郵便局から返される「受領証」には「引受番号」が記載されています。 郵便追跡サービスでこの「引受番号」を入力すると配達状況の確認ができますので、受取人の方にも伝えておきましょう。

    そして配達され・・・・受取人がチケットを受け取って喜び・・・・代金を払い・・・

  5. 引換金の受け取り
    配達完了後1日程度で送金手数料を差し引いた金額が入金されます。 「受領証」は入金が確認できるまで大切に保管しておきましょう。

    なお、もし万が一相手が受け取りを拒否した場合、差出人の住所に 返送されてきます。この場合、送料(\82-)と代引き手数料(\262-)は戻ってきません。

代引きのメリット

  • チケットと代金の引き換えなので安心
  • 配達状況の追跡サービスが利用できる
  • チケットの「交換」にも利用できる(お互い代引きで送りあう)
  • 休日でも配達される
  • [差出人にとって] 発送証明/配達証明が得られる
  • [受取人にとって] 先払いでチケットが届かないリスクが下がる
  • [受取人にとって] ATMや窓口にいかずに玄関で支払える
  • [受取人にとって] 不在だった場合は、集配局でも支払いが可能
  • [受取人にとって] 振込手数料がかからない
  • [受取人にとって] ちなみに局留めもできる!

代引きのデメリット

  • [差出人にとって] 受取人に拒否されてしまうリスクがある(公演間近な場合は致命的)
  • [差出人にとって] 受取人に拒否されてしまった場合でも、送料(\82-)と代引き手数料(\262-)は返金されない
  • [受取人にとって] 不透明封筒の場合、開封してみたらチケットが別物というリスクがある
  • [受取人にとって] 不在の場合は再配達になる(ただ、集配局でもお支払い可能です)

参考リンク

このページの内容は「チケットの郵送」に特化して書いてありますので、より詳しくは最寄りの郵便局か下記日本郵便のページにてご確認下さい。


| おけぴネット | サポートセンター | おけぴ友の会 | プレミアム会員 | 管理人室 | 観劇レポ |
| 運営会社 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載 | サイトマップ | 携帯版 |
Copyright © Okepi Corporation All Rights Reserved.