ミュージカル『ミス・サイゴン』スペシャルカーテンコール&初日インタビューレポ(10/20ダイアモンド☆ユカイさん、キム・スハさん、小野田龍之介さん初日)

 市村正親さんのエンジニアファイナル(初日会見では…リターンの予感も?!・笑)、新キャスト加入でも話題の『ミス・サイゴン』2016が帝国劇場で開幕しました。



 『レ・ミゼラブル』の製作陣、プロデューサー:サー・キャメロン・マッキントッシュ、作:アラン・ブーブリル、作曲:クロード=ミッシェル・シェーンベルグが、1989年に世に送り出した『ミス・サイゴン』。日本では、ロンドン、ニューヨークに続き1992年に初演、以降幾度も再演される大ヒットミュージカルです。2012年から上演されているドラマ性がより一層追求された新演出版は、来年にはついにブロードウェイでの上演も決定と話題が尽きることがありません!

 ベトナム戦争末期のサイゴンで出会ったベトナム人少女キム、米兵クリス、そして彼らが出会うキャバレー経営者の通称エンジニアを中心に描かれるものがたり。それぞれの登場人物の人生、運命が交錯するドラマを珠玉のミュージカルナンバーで綴る、これぞミュージカルなのです!




 エンジニア役のダイアモンド☆ユカイさん、キム役のキム・スハさん、クリス役の小野田龍之介さんが初日を迎えた10月20日夜公演のスペシャルカーテンコール&初日インタビューをレポートいたします!



スペシャルカーテンコールの司会はクラブオーナー役の麻田キョウヤさん!


【スペシャルカーテンコール】


麻田さん:本日初日を迎えたプリンシパルキャストからひと言ずつ挨拶をお願いしたいと思います。まずは初めてクリス役を演じる小野田龍之介さんです。


「クリス役を務めさせていただいた小野田龍之介です!」


「ありがとうございます!!


「夏から2か月のお稽古、そして先日のプレビュー公演を経て無事にこの瞬間を迎えられたこと、本当にうれしく、光栄に思っています。
 この作品はとてつもないエネルギーのある作品なんだということを、お客さんとして見ている時も感じていましたが、出演して一段と強く感じています。日に日に、この作品の虜になっています。きっと最後には泣き崩れてこの作品から離れたくないと言い続けるんだろうなと思います。
 ツアーもありますが、まずはこの帝劇公演をしっかり務めていきたいと思います。みなさま今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました」



麻田さん:続いては、日本版『ミス・サイゴン』のオーディションがきっかけでロンドン公演に出演し、引き続き、日本でもキムを演じるキム・スハさんです。





「初めまして、キム役のキム・スハです。観客のみなさんに会えてとてもうれしいです。
 まず、この舞台に立つことをお許しくださった神様へすべての栄光を捧げます。
 そして私を信じてチャンスをくださったイギリスオリジナルチーム、東宝プロダクション、そしてキャストのみなさん、本当にありがとうございます。
 私一人では決してやり遂げられませんでした。みんながいてくれたから頑張れました」



「そしてお稽古場からキム3人で頑張ってきました。私たちは昆夏美ちゃんを待っています。大千穐楽まで頑張りますので、よろしくお願いいたします。本当にありがとうございます!」

ミュージカル『ミス・サイゴン』キム・スハさん&中野加奈子さんインタビュー


ひと言ひと言しっかりと思いを伝えるスハさんのスピーチを見守るみなさん



麻田さん:最後に、本格ミュージカル初参戦!我らがダイアモンド☆ユカイさんです!





「昔、30年前は、ロックンロールバンドを組んで「目指せ武道館!」でやっていました。50(歳)を過ぎて、「目指せ帝国劇場!」になるなんて予想もしていなかった。とにかく、この作品に出たくて、そしてこうして自分の大きな転機を迎えたんだなと感じています。

 こうして真ん中に立っていますが、誰よりもみんなに支えられています。実際、エンジニアのなかでも一番頼りにならないエンジニア、こいつ大丈夫かなみたいな(笑)。だけど、とにかく全力投球で、50を過ぎても挑戦してまだまだ夢をかなえることができる!それがロックンロールの精神だし、アメリカン・ドリームの精神!

 『ミス・サイゴン』は本当に素晴らしい作品です。何度見ても感動する!アメリカン・ドリームも日に日によくなっている(笑)!
 いやいや、毎回全力でやっているんですけど、全力でやっても70、75、80点くらいきたかな。千穐楽には絶対100点いくから!これからも『ミス・サイゴン』をよろしくお願いします」




「日に日によくなる」にはキャストから笑いも!

とはいえ、みなさまご心配なく。千穐楽には200点な勢いのユカイエンジニアのアメリカン・ドリームです!


ジジ役:池谷祐子さん


ジョン役:上原理生さん


トゥイ役:藤岡正明さん


タム役:重松俊吾くん



『M's Musical Museum Vol.3』藤岡正明さんロングインタビュー

麻田さん:11月23日まで、12月、来年の1月は地方公演へ旅立ちます。非常にハードな作品ですが、より大きな感動をお届けできるように、我々一丸となって頑張ってまいりますので、どうか応援のほどよろしくお願いいたします!


【初日記念公開インタビュー】

スペシャルカーテンコールに続き、聞き手にミュージカル誌の山内さんを迎えての公開インタビューが行われました。

山内さん:初日おめでとうございます。無事に初日の幕が下りました。今の率直なお気持ちを。



ユカイさん:そうね、やっぱり無事にここに立っている自分をなかなか想像できなかった。
 最初、始まったときは本当に俺大丈夫かなって。ミュージカル俳優としてはよちよち歩きしかできない状態、そこから2か月で歩いて走れるところまでやらないといけない。でもこうしてみんなに支えられ、今ここに立っています。感慨深いね!
 昔は武道館だったけど、今は帝劇だぜ!!イエーイ!


スハさん:この時が、本当に来るのかと思っていました。こうして観客のみなさんにお会いできたこと、私がこの帝国劇場でキム役を演じられることを嬉しく幸運に思っています。

小野田さん:とにかくホッとしています。初日前、昨日の夜は眠れないのではと思っていましたが、そんなこともなく(笑)。それは、舞台稽古、プレビュー公演と、しっかり準備ができたので、すごくいい意味でリラックスして、この作品の世界観に身を委ねられたからだと思います。これは共演者、スタッフ、オーケストラのみなさんのおかげだと思います。

山内さん:お稽古のなかで一番苦労したことは。

ユカイさん:苦労ね。あのね、毎日が苦労、でも別になんとも思っていないんですね。だってやりたくてやってんだからさ!
 ただ、ひとつ挙げると痩せちゃうんだよね(笑)。稽古が激しいのか、精神的に苦しいのか…だって、毎日演出補のJPにつかまって、ずっとお説教でしたからね。




ユカイさん:見てたじゃん、それを!


ユカイさん:なぜかわからないけど、食っても食っても痩せちゃうのよ。だから朝からウナギを食っていました!今日もウナギ食ってきました。

山内さん:キム・スハさんはいかがでしたか。

スハさん:発音の部分が一番心配でした。

ユカイさん:えー!俺より発音いいよね(笑)。



スハさん:ありがとうございます。


小野田さん:伝説的な、僕も何度も見て、CDも聞いていていた作品ですので、クリスをやることになり、どうなるんだろうという思いはありました。でも、苦労はなかったんです。その理由は、僕はJPはじめ、スタッフのみなさんに完全に身を委ねて稽古を進めることができたからです。とにかくこの作品はプリンシパルもアンサンブルもひとりひとりにドラマがあります。その中で、みんなのエネルギーをもらいながら稽古が出来たので、毎回毎回楽しかったです。
 あと、僕も最初は痩せていきました、本当ですよ


ユカイさん:ダイエットに良いよね。

小野田さん:ミス・サイゴンダイエット(笑)!

山内さん:小野田さん、この大役を帝国劇場で演じることへの想いは。

小野田さん:はじめて帝国劇場に立たせていただいたのが、ちょうど10年ほど前、15歳ぐらいの時でした。その時はまさか自分がクリスをやるなんて思ってもいませんでした。
そして、25歳になった今年…




ユカイさん:え、25歳なの!うそー!本当?
小野田さん:本当です!『ミス・サイゴン』と同い年なんですよ。
ユカイさん:先輩だと思ってた!


小野田さん:自分の中でも節目の年に、こうして記念すべき年の『ミス・サイゴン』に携われたことは本当に幸せです。


山内さん:最後にみなさんにうかがいます。役、作品を通して届けたいメッセージは

小野田さん:この物語にはベトナム戦争の中で生きた人々のドラマが描かれています。今のこの時代でも、世界のどこかで争いごとはあります。そのなかで常に、それがベストではなくても答えや生きる術を見つけて、懸命に生きているひとがたくさんいると思うんです。それを深く描いたのがこの作品です。ひとりひとり、舞台上にいるすべての人の生き様を感じていただけたらと思います。

スハさん:小野田さんと似たようなお話ですが、私たちの周辺ではまだベトナム戦争のように悲しくて残忍なことが起きています。今日、ご覧になった私たちの悲しいストーリーを忘れないでください。みなさんの記憶に刻んでください。

ユカイさん:二人とも若いのに大人みたいだな。素晴らしい。最後が俺で大丈夫?

 物語って2つあると思うんです。ひとつはハッピーエンドで答えが出る物語。もう1つはフランス映画のように突然の幕切れとなり、その後どうなるんだろうなと考えさせられる物語。俺はどちらかというと2つ目のほうが好きなんです。

 『ミス・サイゴン』はまさしくそのようなストーリーなので、結局、この作品を見てみなさんに何を感じていただけるかが重要なことなのかなと思っています。
 
 自分のことを言わせてもらうと、30年間ロックをやって来てましたしが、エンジニアはまさしくロックンロールの精神です。どんなことがあっても絶対成功するんだ!と常に前のめり。本当のアメリカン・ドリームというのは夢をかなえることではなくて、夢をかなえるために頑張ること。そう思って、この歌を歌っていきたい。

 素晴らしい仲間たち、このサイゴンファミリーみんなが創り上げている最高の舞台、俺はそんな舞台に立てて本当に幸せです。そして立つかぎりは120パーセント、もう、どんなことがあっても全力投球でやりますので、また、『ミス・サイゴン』を見に来てくださいね!!よろしくお願いします。


山内さん:『ミス・サイゴン』はキャストの組み合わせが変わることで新たな発見も生まれる舞台です。1月まで公演は続きますので、ぜひまた劇場へお運びいただければ幸いです。キャストのみなさん、素敵なお話をありがとうございました!




最後に早速寄せられた感想から、ユカイさん、スハさん、小野田さんへのコメントを中心にご紹介。



◆見終わった後スッキリ出来るような作品ではありませんが、見たことがない人には是非一度見て欲しい、心に残る作品です。
 素晴らしいナンバーの数々、帝国劇場ならではのダイナミックな演出、そして作品全体を通して描かれる「壮絶な愛」。ミス・サイゴンは決して色褪せないミュージカルです。
 特に今回初参加のダイアモンド☆ユカイさんのエンジニアは当たり役、必見です!

◆まずはキム役のキム・スハさんの歌が上手くてびっくり。
 ささやくように歌う時も力強く歌う時も声が通って台詞もわかりやすく本当に素敵でした!舞台の迫力、歌、キャスト、全て完璧。前知識なしでも感動する事間違いなし!
是非観て欲しい作品です。

◆ミス・サイゴンならではやはりヘリコプターの場面、場内に起きる爆音と爆風の移り変わり。舞台装置も素晴らしいが舞台転換の速さ一瞬の内に大使館の柵の内側と外側が替わって行く、演出の素晴らしさは圧倒される。ミュージカルとしては筈せない作品です。

◆キムという少女が貫いた愛の形は勿論ですが、「戦争」という、命の奪い合いを正当化できる事象の恐ろしさを、本当に丁寧に、忠実に力量ある役者さんや演出家さん・スタッフさんで描いているので、そこが最大の魅力だと思います。

◆戦争という素材は小説、映画、ミュージカルなどでよく使われる素材の一つです。お互いになぜ殺し合わなければならないのか、理由も分からないまま命を落としていく若者たち。戦争により愛する家族と離れなければならなかった人々。
 緊迫な状況に追い込まれ、正義など考える余裕なんてない悲しい現実…『ミス・サイゴン』は戦争が引き起こした数多くの悲劇のうち極一部の内容です。
 戦争というのがどれだけたくさんの人に傷を残したのか、改めて思いました。久しぶりに泣けました!心に残る舞台でした!!

◆辛いし、キツいし、ショッキングなミュージカルです。でも、何度観ても観た回数だけ違った答えが見える、頭と心をフルに刺激してくれる作品だと思います。ぜひいろんな世代の人に体験して欲しいです!
 知念里奈さんの弱さと強さを同時に感じさせるエレンに泣かされました!

◆日本初出演のとなるキム・スハさんのキムを楽しみに観劇しました。
 登場シーンでは、素朴な容姿(失礼)と健康的な身体が、ある意味リアリティがあって良いな、と思う。そして、ひとたび歌いだすと、一瞬で会場の空気を一変させ、観客の目を引き付ける存在感が。伸びやかで美しく良く通る歌声。感情表現も豊かで、今回、スハさんのデビューを観る事が出来て超ラッキーでした。

◆ミス・サイゴン、初見です。ダイアモンド☆ユカイさんがとてもはまり役に思いました。生に執着し、足掻き、足掻ききる姿は、時に醜く、時に滑稽で、なんと人間らしいことか。

◆新キャストのキム役のキム・スハさんの歌声がとても綺麗で透き通った声でした。声の線は細く繊細な感じですが、声量がすごくて感情の伝達が素晴らしい。この舞台のために初めて日本語を覚えたとは信じられないほど完璧な日本語でまたびっくりしました!感動して帰りの電車で即チケット調べました(笑)。

◆今回、ミス・サイゴンのカンパニーの仲間入りをした小野田龍之介さん、彼が10代の頃から、出演する作品を観ていますが、観させて頂く度に、ミュージカルの神様に愛されているであろう圧倒的な歌声に気圧されてしまいます。クリス、素晴らしかったです。
 笹本玲奈さんは相変わらずの情熱的で、でも淡い白色の様なキムで、可憐で素敵でした。エンジニアを演じたダイアモンド☆ユカイさん、エンジニアというキャラクターに通ずる所があり、お茶目でどこか憎めないエンジニアを見せていただきました。ジョン役のパクソンファンさん、ジジ役の中野加奈子さん、もう、素晴らしいの一言に尽きました。圧倒的な歌声、震えが止まりませんでした。


ミュージカル『ミス・サイゴン』2016 製作発表写真速報!


【公演概要】
ミュージカル『ミス・サイゴン』
2016年10月19日(水)~11月23日(水・祝)@ 帝国劇場 (おけぴ劇場map)
プレビュー公演10月15日(土)~18日(火)
【岩手】12月10日(土)~11日(日)@岩手県民会館 (おけぴ劇場map)
【鹿児島】12月17日(土)~18日(日)@鹿児島市民文化ホール (おけぴ劇場map)
【福岡】12月23日(金・祝)~25日(日)@久留米シティプラザ ザ・グランドホール (おけぴ劇場map)
【大阪】12月30日(金)~2017年1月15日(日)@梅田芸術劇場 メインホール (おけぴ劇場map)
【名古屋】2017年1月19日(木)~22日(日)@愛知県芸術劇場 大ホール (おけぴ劇場map)

<スタッフ>
オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク
演出:ローレンス・コナー
歌詞:リチャード・モルトビー・ジュニア/アラン・ブーブリル

<キャスト>
エンジニア:市村正親/駒田一/ダイアモンド☆ユカイ
キム:笹本玲奈/昆夏美/キム・スハ
クリス:上野哲也/小野田龍之介
ジョン:上原理生/パク・ソンファン
エレン:知念里奈/三森千愛
トゥイ:藤岡正明/神田恭兵
ジジ:池谷祐子/中野加奈子

麻田キョウヤ/荒田至法/植木達也/大津裕哉/大塚俊/大竹尚/岡本悠紀/小川善太郎/加藤貴彦/鎌田誠樹/川島大典/川辺貴啓/小林遼介/小山圭太/齋藤准一郎/清水俊介/杉山有大/仙名立宗/田川景一/田村允宏/丹宗立峰/土倉有貴/富永雄翔/西野誠/日向智法/藤岡義樹/堀江慎也/本多剛幸/増山航平/
青山郁代/伊宮理恵/江崎里紗/岡本華奈/吉川恭子/木南清香/小島亜莉沙/斉藤綾香/杉ありさ/華花/吉田玲菜

<ストーリー>
1970年代のベトナム戦争末期、戦災孤児だが清らかな心を持つ少女キムは陥落直前のサイゴン(現在のホー・チ・ミン市)でフランス系ベトナム人のエンジニアが経営するキャバレーで、アメリカ兵クリスと出会い、恋に落ちる。お互いに永遠の愛を誓いながらも、サイゴン陥落の混乱の中、アメリカ兵救出のヘリコプターの轟音は無情にも二人を引き裂いていく。
クリスはアメリカに帰国した後、エレンと結婚するが、キムを想い悪夢にうなされる日々が続いていた。一方、エンジニアと共に国境を越えてバンコクに逃れたキムはクリスとの間に生まれた息子タムを育てながら、いつの日かクリスが迎えに来てくれることを信じ、懸命に生きていた。
そんな中、戦友ジョンからタムの存在を知らされたクリスは、エレンと共にバンコクに向かう。クリスが迎えに来てくれた---心弾ませホテルに向かったキムだったが、そこでエレンと出会ってしまう。クリスに妻が存在することを知ったキムと、キムの突然の来訪に困惑するエレン、二人の心は千々に乱れる。したたかに“アメリカン・ドリーム”を追い求めるエンジニアに運命の糸を操られ、彼らの想いは複雑に交錯する。そしてキムは、愛するタムのために、ある決意を固めるのだった---。

『ミス・サイゴン』公式サイト
saigon2016
おけぴ取材班:chiaki(撮影・文) 監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

【おけぴ観劇会 開催決定!】ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』 井上ひさし誕生日特別トークショーレポート~辻萬長さん、木場勝己さん、久保酎吉さん、後藤浩明さん~

『Pukul(プクル)~時を刻む愛の鼓動~』公開稽古レポート

日韓文化交流企画『ペール・ギュント』制作発表レポート~「劇団ペール・ギュント」の航海はすでに始まっています(浦井健治さん)~

【公演NEWS】2018年2月“あの男たち”が、Bunkamuraオーチャードホールに立つ! cube三銃士『Mon STARS Concert ~Again~』開催決定!!

『成河さんインタビュー 2017晩秋』人間風車とこれから…

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 開幕!

ミュージカル『マディソン郡の橋』おけぴ観劇会 開催決定!

第1回 フランチャコルタ イタリア アワード授賞式レポート~鈴木保奈美さん(味わい深い大人の女性)、中川晃教さん(フレッシュな男性)、徳岡邦夫さん(特別賞)~

新国立劇場『プライムたちの夜』開幕レポート~舞台写真&感想~

★日本初上陸★ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』浦井健治さん&城田優さん取材会レポート

ミュージカル『HEADS UP !』製作発表レポート

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)