ミニレターとは (郵便書簡とは) | チケット救済 | 公演紹介 | 検索 | 使い方 | サイトマップ | トップ |
取引交渉が面倒な人は
初めての方にオススメ!管理人チケット
忙しくて投稿する時間がない人は

1分でわかるミニレター
ミニレター(郵便書簡)は、はがきの3倍のスペースを持った切手付の封筒兼用の便せんで、郵便局で購入できます。 なんとこのミニレター、25gまでなら62円で出せちゃうんです!(普通は定型だと82円ですよね) さらに、便箋&封筒一体型なので封筒や便箋を別に買う必要もありません。 もちろんチケットなどの薄いものは同封可能。 そして 特定記録や速達なども、併用OK。

注意事項:ミニレターは、代金の受け渡しには一切関係ありません。つまり、 チケットの代金に関しては、別途振込みなどで行うことになります。

ミニレターとは?

ミニレターとは郵便書簡の愛称です。 郵便局で購入できる封筒兼用便箋で料額印面(62円)が印刷されてます。 内側が便箋(しかもハガキの3倍のスペース)になっているので、 しっかりとメッセージを書け、 その上、封筒にもなりますから、薄いものなら同封可能です。 何枚もの便箋が必要な場合には向きませんが、 簡単なメッセージを気軽に送れますし、 特定記録(+160円)や速達(+280円) で送ることも可能です。

ミニレターはいくらかかるの?

ミニレターは 25gまでなら 62円 (代金はミニレター購入時に払います)。
つまり、普通郵便よりも20円お得!
ただし、注意しなければらないのは、 25gを超えると定形郵便より高くなること。
(ミニレターは25gを超えると定形外郵便物の料金になります)。
例えば 26〜50gの定形郵便は92円、同じ重量のミニレターは・・・120円!ご注意あれ。

ミニレターのメリット

  • 普通郵便よりも20円安い(25gまでの場合)
  • 62円切手が貼られた封筒と便箋が一体化したようなものなので、封筒や便箋を別に用意しなくてすむ
  • 速達や特定記録との併用が可能(62+160円で222円で送れる!)

ミニレターのデメリットや注意事項

  • 折ってのり付けするのがちょっと面倒
  • イープラス等大きめのチケットの場合、半券部を折らないと封筒に入らない
  • ミニレター自体はポスト投げ込み&無賠償&追跡無しなので、チケットを郵送する場合は特定記録等と併用しましょう
  • 封筒の中身が重い場合には向かない(25gを超えると定形外郵便物扱いで逆に高くなる)
  • チケット代金の支払いは別途行う必要がある
  • [受取人にとって] 中身にチケットが入ってるとは限らない

参考リンク

このページの内容は「チケットの郵送」に特化して書いてありますので、より詳しくは最寄りの郵便局か下記郵政公社のページにてご確認下さい。

 





| おけぴネット | サポートセンター | おけぴ友の会 | プレミアム会員 | 管理人室 | 観劇レポ |
| 運営会社 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載 | サイトマップ | 携帯版 |
Copyright © Okepi Corporation All Rights Reserved.