ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート

 

ディズニーとキャメロン・マッキントッシュ、そして日本人キャストが作り出す、ファンタスティック・ミュージカル!


 いよいよプレビュー初日まであと約1ヶ月。ミュージカル『メリー・ポピンズ』の公開稽古が行われ、劇中から2曲のナンバーが披露されました。公開稽古後に行われたキャストの囲み会見の模様とあわせてお届けいたします!


ミュージカル「メリー・ポピンズ」@シアターオーブ
おけぴ会員優待チケット 申込受付中!




ロンドンのバンクス一家のもとに現れる不思議なスーパー・ナニー【メリー・ポピンズ】。ダブル・キャストで演じるのは【濱田めぐみさん】&【平原綾香さん】のおふたりです。完璧に(ときにそれ以上に!)仕事をこなし、とっても自信家のメリー。それぞれのパフォーマンス、個性の違いにも注目です。
(写真中央は濱田めぐみさんメリー、左隣は大貫勇輔さんバートです)


そしてこちらは踊る♪平原綾香さんメリー(写真中央)と、柿澤勇人さんバート(左隣)!
エレガントかつ威厳があるメリーですが、こんなキュートな一面も♪



2曲×2バージョンの楽曲披露に続き、メリー・ポピンズとバートをそれぞれダブルキャストで演じる4人が意気込みを語ってくれました!
(写真左から:バート役・柿澤勇人さん、メリー役・平原綾香さん、メリー役・濱田めぐみさん、バート役・大貫勇輔さん)
 





 この日、取材陣に公開された歌唱シーンは、メリーとバード・ウーマン(島田歌穂さん・鈴木ほのかさん)が歌う「♪鳥に餌を(feed The Birds)」と、元気が出てくる“魔法の言葉”をメリーとバート、そしてアンサンブルキャストたちが歌い踊り最高に盛り上がるナンバー「♪スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス (Supercalifragilisticexpialidocious)」
(舞台ではジェーンとマイケル役の子どもたちも一緒に歌います♪ この日は学校で稽古はおやすみでした)



(演出補のジャン・ピエール・ヴァンダースペイさん)

「自分より大変な境遇にある人に対して優しい心を持つことの大切さを教える「♪鳥に餌を」は、メリーという存在そのもの、その精神面に力強くふれる曲。そしてメリーが初めてその言葉を発明するところからはじまる「♪スーパー〜」では、メリーとバート、そして周りの人々がインスピレーションを受け、喜びを感じながら歌い踊ります」(ジャン・ピエール・ヴァンダースペイさん)


【♪鳥に餌を(feed The Birds)】


セント・ポール大聖堂前で鳥の餌を売るバード・ウーマン(島田歌穂さん)。身なりがボロボロの彼女を見て気味悪がる子どもたちに「見た目の奥を見ることが大切」と教えるメリー。少し哀しげでどこまでも優しいメロディが心に沁みます。


こちらは濱田メリーと鈴木ほのかさんバージョン。ウォルト・ディズニーがもっとも愛した楽曲と言われる「♪鳥に餌を」を平原さん、島田さん、そして濱田さん、鈴木さんという素晴らしい歌声の持ち主たちが交互にパフォーマンスする贅沢さ!



【♪スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス (Supercalifragilisticexpialidocious)】


第一幕中盤のビッグナンバー! 「おしゃべりのお店」で1オンスのアルファベットを買ったメリーと子どもたちが、世にも不思議な言葉を生み出します! 
ミセスコリー役のエリアンナさんはじめ、アンサンブルキャストの動き、表情も楽しいっ!


「何を言うかよりも、どう言うかが大切」
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!」この言葉を唱えれば、誰もが楽しい気持ちになるのです! 踊るメリー&バートにも注目♪


ミュージカル「メリー・ポピンズ」@シアターオーブ
おけぴ会員優待チケット 申込受付中!



【囲み会見が行われました】




濱田:メリーはいろいろな魔法を使うので、いま魔法学校から先生に来ていただいて習っています。まだ見習い魔法使いなので(笑)、一(いち)から勉強中です。
 メリーのなかには濱田めぐみ自身に近い部分もあります。でもメリーの決断と、濱田めぐみの決断の違いもある。すごく似ているところ、似て非なるところ、全く違うところと3つありますので、そこからどの部分をチョイスするか。子どもたちとお芝居をしているといろいろな化学反応も起きるので楽しいです。お客さまには何も考えずに劇場に来ていただければ、必ず素敵な思い出を持ち帰っていただける作品になると思います。


平原:魔法を使えるのが当たり前の役。たくさん魔法が出てきていまはまだパニックです(笑)。
 メリーはいつも背筋が伸びていて、…テキ、パキ? としている役で…、すみません、「テキパキしている役なので、私も稽古場からテキパキしている」と言いたかったんですけど、あまりテキパキしていなかったですね…(笑)。滑舌にも苦労しています。メリーの宇宙人のような存在感をどう出していくか。日々そのことに向き合っています。(答えは出ましたか? との質問に)答えは…前世が知っています。
(平原さんの前世エピソードが飛び出した、製作発表レポはこちら♪)


大貫:振付の量がすごく多い作品です。身体の動きとセリフと感情がマッチするまでかなり苦労しました。いまやっと少しずつお芝居をしている感じになってきています。
 バートは壁と天井でタップダンスを踊るシーンがあるのですが、これがもう、床でタップを踏むのとはぜんぜん違います。普通なら足を床に下ろせば(音が)鳴るところが、足を上げないと鳴らない。最初は不思議な感覚でしたね。


柿澤:毎日、居残り稽古も入れたら9時間以上稽古場にいます。ぶっちゃけ、ハードな稽古です。でもそれくらいしないと子どもから大人まで楽しんでもらえるエンタテインメントに仕上がらないと思いますので、苦しみながらも楽しんで乗り越えれば素晴らしいものができると信じています。
 勇輔とは見てお分かりいただけるように、ギスギスのライバル関係です! (大貫さん「え、そうなの!?」) …なんて(笑)。でもお互いに全然タイプが違いますし、メリーふたりもそれぞれ個性がちがう。キャストによっていったい何通りの化学反応が起こるのか。ぜひ何度も観ていただきたいなと思います。



柿澤:(バートの空中タップシーンは)壁を伝って、天井も一周するわけですよね。いまは身体を器具にぶら下げてタップを踏む練習をしています。
大貫:ハーネスをつけたまま歌って芝居して…という経験がないのでどうなるんだろう、と。
平原:(小声で)…ハーネスなんて、言っちゃだめだよ…
大貫:“魔法の鎧”をつけて踊ります(笑)。
濱田:(静かに微笑み、うなづく)





 コウモリ傘を片手に空から舞い降りる“完璧なナニー”メリー・ポピンズ。

 ジュリー・アンドリュース主演、実写とアニメが融合したファンタジックな手法で大ヒットした映画版(1964年アカデミー賞5部門受賞!)が大好きという方もきっと多いはず。

 今回披露された楽曲のほか、「♪チム・チム・チェリー」など名曲の数々に、迫力のダンス(振付はマシュー・ボーン!)、あっと驚く仕掛けが満載の舞台セットや衣裳…。ブロードウェイのヒットメーカー、キャメロン・マッキントッシュ率いるクリエイティブチームの手で魔法のようなミュージカルに生まれ変わった『メリー・ポピンズ』。いよいよ来月、日本初演を迎えます!

 このほかの出演は、銀行家のお父さん・バンクス氏役に【駒田一さん】【山路和弘さん】、バンクス夫人役に【木村花代さん】【三森千愛さん】、ブーム提督役に【コング桑田さん】【パパイヤ鈴木さん】、メイドのミセス・ブリル役に【浦嶋りんこさん】【久保田磨希さん】、なまけものの使用人(でも実は…)ロバートソンアイ役に【小野田龍之介さん】【もう中学生さん】。

 どの組合せも観たくなる個性の異なるダブル・キャスト。出演スケジュールも発表されました。
(アンサンブルキャストのスケジュールはこちら

 Practically Perfect! なメリーがそっと教えてくれる大切なものを、劇場で受け取る瞬間が待ちきれません!



平原:実は泣けるミュージカル。台本も泣きながら読みました。お客さまも感情移入できる役柄がきっとあるはず。
柿澤:子どもたちのはじめてのミュージカル体験には最高の作品。もちろん仕事や育児で疲れている大人にもぜひ観てほしい。
大貫:バンクスさんのシーンとか、男としてはぐっとくるものがあるので、ぜひお父さんたちにも観てほしいな。
柿澤:うちの親父に観てほしい! きっと性格が変わると思う(笑)



ミュージカル「メリー・ポピンズ」@シアターオーブ
おけぴ会員優待チケット 申込受付中!



【公演情報】
ミュージカル『メリー・ポピンズ』
2018年3月25日(日)~5月7日(月)
プレビュー公演 2018年3月18日(日)~3月24日(土)
東急シアターオーブ


<出演>
濱田めぐみ/平原綾香(メリー・ポピンズ)
大貫勇輔/柿澤勇人(バート)
駒田一/山路和弘(ジョージ・バンクス)
木村花代/三森千愛(ウィニフレッド・バンクス)
島田歌穂/鈴木ほのか(バードウーマン/ミス・アンドリュー)
コング桑田/パパイヤ鈴木(ブーム提督/頭取)
浦嶋りんこ/久保田磨希(ミセス・ブリル)
小野田龍之介/もう中学生(ロバートソン・アイ)
(以上、ダブル・キャスト)

石川剛/エリアンナ/小島亜莉沙/丹宗立峰/長澤風海/般若愛実

青山郁代/五嵐耕司/石井亜早実/大塚たかし/岡本華奈/風間無限
工藤彩/工藤広夢/熊澤沙穂/斎藤准一郎/高瀬育海/高田実那/田極翼
照井裕隆/中西彩加/華花/樋口祥久/藤咲みどり/三井聡/武藤寛

<オリジナルクリエイティブスタッフ>
原作:P.L トラヴァース
オリジナル音楽/歌詞:リチャード・M・シャーマン ロバート・B・シャーマン
脚本:ジュリアン・フェロウズ
追加音楽/歌詞:アンソニー・ドリュー ジョージ・スタイルズ
演出:リチャード・エア
共同演出/振付:マシュー・ボーン
共同振付:スティーヴン・メア

日本版演出:ジェームズ・パウエル
振付翻案:ジェフリー・ガラット
音楽スーパーヴァイザー:スティーヴン・ブルッカー

<あらすじ>
たくさんの問題を抱えた一家、バンクス家。
バンクス夫妻の子供たち、聞き分けのないジェーンとマイケルには、新しい家庭教師が必要で、両親、とりわけ父親のジョージ・バンクスは、しつけに厳しい人物を探していました。
そこに現れた謎めいた女性、メリー・ポピンズ!
次々と巻き起こる事件を通じて、バンクス一家は、彼女こそが完璧な家庭教師だと気づいていきます。
子供たちはメリー・ポピンズに導かれ摩訶不思議で、忘れられない冒険の数々を体験しますが、彼女の不思議な力に巻き込まれるのは、ジェーンとマイケルだけではなかったのです―――。

公演公式サイト

おけぴ取材班:mamiko   監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

【公演NEWS】橋本さとし、石井一孝、岸祐二が、Bunkamuraオーチャードホールで、歌、ダンス、トーク、全力でパフォーマンスした白熱の3日間!2/20-22『Mon STARS Concert ~Again~』レポート

第一ホテル創業80周年特別企画「霧矢大夢・彩吹真央 トーク&ライブ2018」、霧矢大夢さん、彩吹真央さんインタビュー

【彼じゃなくて、俺かもしれない】新国立劇場「舞踏の今 その2」大駱駝艦・天賦典式『罪と罰』麿赤兒さんインタビュー

ミュージカル『Romale(ロマーレ)』制作発表会見レポート

渡辺えりさん&キムラ緑子さん 『喜劇 有頂天一座』大阪公演開幕!

ミュージカル『メリー・ポピンズ』稽古場レポート

ミュージカル『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』観劇レポ

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』初日前囲み取材レポート

ミュージカル『マディソン郡の橋』 山口祐一郎さん・涼風真世さん取材会レポート

ミュージカル『シークレット・ガーデン』おけぴ観劇会 開催決定!

新国立劇場『赤道の下のマクベス』鄭義信さん&池内博之さんインタビュー

【おけぴ観劇会 開催決定!】ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)