ミュージカル『HEADS UP!』開幕レポート

舞台を愛するみなさまに贈る、舞台愛いっぱいの作品。



とある古びた劇場で上演される名作ミュージカル、その“舞台裏”を描いた群像劇、ミュージカル『HEADS UP!』開幕です。

時間がない!予算がない!人手が足りない!
でも、幕を開けなければならない。
だって、チケット完売、楽しみにしているお客様がたくさんいるのだから!
そして…。


ないない尽くしで迎えた舞台本番当日、これが舞台監督デビューとなる“新人舞台監督”新藤役には相葉裕樹さん
そんな大ピンチ!の新藤の前に現れた“ベテラン舞台監督”加賀美には哀川翔さん
登場から存在感抜群、くせ者ぞろいの裏方チームが信頼を寄せる人物に説得力を持たせる哀川さん。


相葉裕樹さん、陰山泰さん、大空祐飛さん、橋本じゅんさん、芋洗坂係長さん、哀川翔さん

初めての大役に「僕ならできる!」と言い聞かせつつ、問題山積、右往左往する新藤を演じる相葉さん。
「もうダメ…」幾度もくじけそうになりますが、周りの人に助けられる。相葉さんの真っ直ぐな眼差しと愛くるしさと相まって、放っておけない新藤なのです!

そして、裏方さんばかりではございません、前面に立つ役者さんも大切!!
女優・真昼野ひかる役には大空祐飛さん

出てきただけで“ヒロイン女優”のオーラ全開です。カッコイイ!
スターの輝きをお楽しみいただける、ショーアップされた華やかなシーンも大きな見どころです♪
そして、彼女は加賀美(哀川さん)の元妻でもあり。久々に顔を合わせる微妙な関係の二人も…気になるところです。


新藤を励まし、助言を与える“芝居を愛する劇場付きの雑用係”熊川役に中川晃教さん。ストーリーテラーでもあります。
「ぼくらの劇場に、あのミュージカルが30年ぶりにやってくる!」、その無限大のワクワク感が中川さんの歌声に乗って、劇場全体に広がります。


喜びいっぱい、キラッキラの熊川を伸びやかな歌声とピュアなお芝居でみせる中川さん

“想い”をメロディに乗せ、増幅させて客席へ届ける♪
中川さんの歌声に触れると、改めてミュージカルバンザイと思うのです。


さて、この作品で描かれるのは舞台の「仕込み」から、そこで活躍するこちらの方々をご紹介いたします。
ガラは悪いが腕は立つ、「逆境でこそ燃える!!」頼れる大道具さんチームです。


う~ら~かたっ♪
橋本じゅんさん、上原理生さん、芋洗坂係長さん

もうこのお三方の登場シーンは、コメディミュージカル要素が全開!
濃すぎる男たちが、歌いまくり、踊りまくりで客席大爆笑の連続!
そんなオモシロトリオなのですが、その実、歌は美声、ダンスは軽快(しかも、ときどきカワイイ振りを入れてくるっ!)ときたもんだ!

上原理生さん…またまた新境地開拓?!突き抜けたお役です!
そして、リーダー久米は…嗚呼、人に歴史ありなのでございます。
とことんまで振り切った芝居の幅にヤラレマシタ。常に予想を超えてくる橋本じゅんさんなのです(必見)!


続いては…。


相葉裕樹さん、入野自由さん
二人を見つめる熊川(中川さん)も交えての三重唱、このシーンとっても素敵です♪

地元のボランティアスタッフとして演出部(大道具)に参加した佐野には入野自由さん
思い出いっぱいの劇場ということで、なんとなく参加したものの、現場のプロたちには怒鳴られ続け…。
興味はあるけど素直になれない、ちょっとヤンチャな佐野と、ときどきネガティブ思考に陥りながらも一生懸命気持ちを立て直す真っ直ぐな新藤、好対照なキャラクターの二人が「舞台」で出会う。相葉さん、入野さんのキラリと光る好演が化学反応をし、輝きを増します♪
はじめて舞台制作に触れた佐野、はじめての舞台監督を務める新藤、二人の青年の成長物語でもあるのです!


ちなみに、劇中劇、ミュージカルシーンはこのような感じです!


アンサンブルを従えて、堂々主役を張るベテラン俳優小山田には今拓哉さん
朗々と歌い上げる劇中ミュージカルナンバーの迫力!!もさることながら、コミカルな芝居や隠し切れない身体能力発揮のシーンもツボです。

ほかにも、作品への思い入れが人一倍強い制作さん(青木さやかさん:終始イライラですが、その裏に芝居愛が見える!)、高所恐怖症の照明さん(陰山泰さん:アーティスト気質でクールですが…)、独裁者のような演出家(川本昭彦さん:いや、もう、なんて言うか実にイケスカナイ人物に見せるんです!つまり好演!)などなど、個性的なキャラクターが巻き起こす笑いと涙、心温まる大騒動(?!)。


ドタバタコメディで客席が沸く一幕、それぞれの人生が語られていきドラマが深まる二幕。
あっ、そういうことだったのか…張り巡らされた伏線にも心わしづかみにされる倉持裕さんの脚本と、笑いと涙をちりばめたエンターテイメント性豊かなラサール石井さんの演出、耳なじみがよく優しいメロディが印象的な玉麻尚一さんの音楽(生演奏♪)も相性抜群のオリジナルミュージカル。


お芝居を、劇場を好きな理由がそこにある!
みなさんも、ぜひ、劇場で起こる奇跡を体感してください。





☆アフタートーク出演者決定☆(敬称略)
11月18日(水)相葉裕樹、入野自由、上原理生、ラサール石井
11月20日(金)哀川翔、大空祐飛、中川晃教、ラサール石井


☆おまけ☆
役者さんってスゴイ!!
中川晃教さん、上原理生さんは、つい先日、別作品やコンサートでおけぴレポに登場されました。

♪ミュージカル『CHESS』開幕レポート(中川さんは自由奔放な天才チェスプレイヤー・フレディ役)
♪『上原理生ファーストコンサート Die Welt -ディ・ヴェルト-』コンサートレポート(上原さんの声楽家としてのお顔も!)

見ていたこちらが、若干、そのお姿を引きずっている感があったのですが…ガラリとイメージを覆されました。お見事!

【公演情報】
ミュージカル『HEADS UP!』(ヘッズ・アップ)
2015年11月13日(金)~23日(月・祝)@KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
2015年11月26日(木)~29日(日)@兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
2015年12月3日(木)@札幌市教育文化会館 大ホール
2015年12月13日(日)@倉敷市芸文館 ホール

<スタッフ>
脚本:倉持裕
原案・作詞・演出:ラサール石井
作曲・音楽監督:玉麻尚一
振付:川崎悦子

<キャスト>
哀川翔/ 相葉裕樹
橋本じゅん
青木さやか/入野自由

今拓哉/上原理生/ 陰山泰/ 芋洗坂係長
岡田誠/川本昭彦/井上珠美/新良エツ子/MINAMI

青柳塁斗/遠藤瑠美子/香月彩里/嶌村緒里江
谷 須美子/福永吉洋/渡部又吁

大空祐飛 /中川晃教

<ストーリー>
ミュージカルファンなら誰もが知る“あの名作“が
1000回目の公演を迎え、華々しく終了するはず…だった。
が、主演俳優の鶴の一声で、
某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することになった!

しかしながら、当然、舞台美術は廃棄済み、
キャストも足りない、スタッフも人手不足。
さらには新人舞台監督のデビュー作でもあった。

とんでもない条件の中でもスタッフたちは、必死に幕を開けようとする。
…幸か不幸か、チケットは完売、つまり観客が待っている!!

果たして幕は開けられるのか…。
主演俳優が「1001回目」にこだわった理由とは…?

公演HPはこちらから


おけぴ取材班:chiaki(撮影・文) 監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

【おけぴ観劇会 開催決定!】ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』 井上ひさし誕生日特別トークショーレポート~辻萬長さん、木場勝己さん、久保酎吉さん、後藤浩明さん~

『Pukul(プクル)~時を刻む愛の鼓動~』公開稽古レポート

日韓文化交流企画『ペール・ギュント』制作発表レポート~「劇団ペール・ギュント」の航海はすでに始まっています(浦井健治さん)~

【公演NEWS】2018年2月“あの男たち”が、Bunkamuraオーチャードホールに立つ! cube三銃士『Mon STARS Concert ~Again~』開催決定!!

『成河さんインタビュー 2017晩秋』人間風車とこれから…

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 開幕!

ミュージカル『マディソン郡の橋』おけぴ観劇会 開催決定!

第1回 フランチャコルタ イタリア アワード授賞式レポート~鈴木保奈美さん(味わい深い大人の女性)、中川晃教さん(フレッシュな男性)、徳岡邦夫さん(特別賞)~

新国立劇場『プライムたちの夜』開幕レポート~舞台写真&感想~

★日本初上陸★ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』浦井健治さん&城田優さん取材会レポート

ミュージカル『HEADS UP !』製作発表レポート

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)