ミュージカル『バイオハザード』制作発表レポート

大ヒット サバイバルゲーム『バイオハザード』がオリジナルミュージカルに!

 1996年のゲームソフト発売から20年、累計出荷6,800万本を記録。2002年にはハリウッドで映画化され、シリーズ化。今年12月には全米に先駆け、新作となるシリーズ6作目・最終章が日本公開を予定している『バイオハザード』。



写真左より)海宝直人さん、吉野圭吾さん、横田栄司さん、柚希礼音さん、渡辺大輔さん、平間壮一さん

 原作のモチーフ“人類を滅亡へと向かわせる「ウィルス=奴ら」との壮絶な戦い”をもとに、オリジナルミュージカルを創り上げるスタッフ・キャストのみなさんが登壇された制作発表の模様をレポートいたします。


【リサ・マーチン役:柚希礼音さん】

~記憶をなくし、自らを探す、凛々しい女性~


凛々しい!!


「宝塚退団後、初のミュージカル、すごくお芝居がしたいと思っていましたのでとてもうれしく思っています。初めての女性役としての芝居は、まだまだわからないことだらけですが、男役でも女役でも一番大切なのは“心情”だと思っています。豪華すぎる共演者のみなさまのお力もお借りして、柚希礼音でなくリサ・マーチンとして舞台に立つことを楽しみに、作品を創り上げたいと思います」

 凛々しく大胆不敵な女性リサ、さらに自らの記憶を取り戻そうとするミステリアスな側面もあるとのこと。柚希さんのさまざまな魅力が映し出されそうですね。


【ベルナルド・チャベス役:横田栄司さん】

~城塞都市随一の強さを誇る、武骨な武闘派。息子ジルマを最も愛する~


「横田と申します。新人ですので、とにかく一生懸命、謙虚に、でも大胆に、生き延びて、元の世界に戻れるように…。若干、今、記者のみなさんがゾンビに見えるんです(笑)。
逃げ出したいような気持ちでいっぱいですが、とにかく稽古開始までに四十肩を治して、しっかりと動けるようになって稽古に臨みたいと思います」


百戦錬磨の横田さんのミュージカル、楽しみです!


【ダン・ギブソン役:渡辺大輔さん】

~訳アリのアメリカ人医師。必死にウィルスへの対抗手段を追い求める~


「最初のゲームが出たとき、中学生でした。そのときワクワクしながらプレイしたことを覚えています。まずは、その作品に自分が関われることをうれしく思います。(ゲームの魅力は)人間味、温もりのある場面もありますし、逆に窮地に立たされた時に人がどういう行動をとるのかにもドキドキしました」

 人物相関図のリサとギブソンの「?」という繋がりにも興味津々です。医師としての活躍、そして謎の部分も含め、奥行きのある人物になりそうですね。


【ロブロ役:平間壮一さん】

~リサに思いを寄せ、行動を共にする若者~


「僕は最初のゲームが出たとき6歳。おじさんがゲームをやっていて、画面を見たときにちょうどゾンビが出てくるシーンで、『バイオハザード』の恐怖感を身をもって体験しました。お客さまも「怖いのかなー」と思っているかもしれませんが、その中にある人間ドラマをしっかりと描く作品になりそうです。
 日常的にゾンビが飛び出してくる状況というのは、普段の僕らの生活とはちょっと違うかと思いますので、自分自身も強くなりながら、この役を創り上げたいと思います」


 平間さんの笑顔最強!私がゾンビだったら戦意喪失です…が、劇中ではそうはいかないでしょう(笑)。身体能力を活かしたアクションやダンスも楽しみです。


【ロベルト・レコ役:海宝直人さん(東京公演)】

~若き音楽家。音楽に希望を持ち、音楽祭を取り仕切る~(大阪公演は村井成仁さん)


「僕は『バイオハザード』の映画がすごく好きです。こうして世界中で愛されている作品に参加できることをうれしく思います。
 ミュージカル版の脚本を少し読みましたが、人間ドラマあり、スペクタクルあり…。この世界観が舞台上でどう展開していくのか、僕自身すごく楽しみです。みなさんもまだ想像もつかないかと思いますが、果たしてゾンビがどう出てくるのかも含め、お楽しみに!」


 こちらも炸裂する笑顔!海宝さんの役は音楽家とのことなのでハードなアクションは…ということですが、“音楽”が作品のキーになるようですので、ロベルトの活躍にも期待です!


【モーリス・グリーン役:吉野圭吾さん】

~アメリカ軍大佐。空軍基地に駐在する。軍の命令に頑ななまでに忠実~


地球の息吹を感じていただけるようなそんな作品にね、なったらいいと思います。
歌で、声で地球を救う…そんなところがテーマですかね(笑)」



G2さんを直撃!


おっ!ネタバレスレスレ?!

「タイトルにもありますよね、“ヴォイス・オブ・ガイア”ってね。
(戦いについては)大佐の役なので戦っていることがないのかなと思うので、応援に回りたいと思います(笑)」


会場を笑いに包む吉野さん。でもきっと劇中ではかなりシリアスなお役とお見受けします。


【脚本・演出:G2さん】



「今回、オリジナルストーリーを書いていいとのお許しをいただきました。
 そんなストーリーの一幕は、舞台はアドリア海沿岸のとある城塞都市、すでにウィルスが蔓延し世界が大変なことになっている状況。そこに生き残りをかけた人々がいる。食料が尽きてきて、そこから出ていかなくてはならない一方で、周囲にはゾンビが群がっている、さあどうする!
 そこでカギとなるのは音楽です。音楽とゾンビの意外な関係性というのがミュージカル版のオリジナリティです。

 二幕では、登場人物たちは救いを求めてエーゲ海の小島を目指し、その城壁都市から出ていきます。その過程で“海の中”を舞台にしたシーンがあります。台本を読んだ誰もが「これをどうするんだ」とお思いになるようですが、私も、今はまだそう思っています(笑)。
 美術デザイナーからも面白いアイデアをいただき、そこからいろいろ考えて、海の中の不思議なシーンを作りあげようと思います」


 思わず♪アンダー・ザ・シーが頭の中に流れましたがが、そういった場面ではないでしょうね。謎が謎を呼ぶ…どんな世界が繰り広げられるのか、早く初日にならないかな。


【作曲・音楽監督:和田俊輔さん】



「アドリア海周辺の風土を感じるような楽曲をBGMに据え、加えてゾンビの恐怖感、サバイバル感、サスペンス感を音楽で表現しようと思っています。自分でも意外でしたが、『バイオハザード』(アクション・ホラー)という題材ですが、ド・ストレートなミュージカルの楽曲、すごくミュージカルらしいナンバーもあります。お楽しみに」

音楽が表現する“愛”と“希望”がテーマの作品、和田さんの音楽の力に期待しています!


【監修:小林裕幸(CAPCOM)】



「初のミュージカル化、素晴らしい布陣での新たなエンターテイントの誕生を楽しみにしています。G2さんが描きたい『バイオハザード』を思い切りやっていただき、その面白さを多くの方に知っていただきたいです。『バイオハザード』をみなさんにお預けします!
 また、戦う女性のキャラクターはゲームにも映画にも登場しますが、柚希さんにはこのミュージカルで新しいキャラクター“リサ”を作っていただきたいです。ダンスが素敵なので、演出で入るかなと楽しみにしています」




【写真館】



すでに武闘派の片鱗…横田さん!!


劇中でもみなさんの笑顔がはじける結末を祈っています!


ゲーム音痴を告白する柚希さん!!


しかも…「リサを演じられるか心配になるくらい、敵が来ると逃げたくなるんです!」


「ご指南ください!」


「ぜひ一度CAPCOMへお越しください」(小林さん)のお誘いに!


「久しぶりにゲームもやってみようかな」(横田さん)


「僕も一緒に連れていっていただきたい」(吉野さん)


「ゲームはそんなにやったことがないので、柚希さんのお話を聞いて、ちょっとやってみようかと思います」(海宝さん)

途中からゲーム談議に花が咲きました!!



 大ヒットゲーム『バイオハザード』の世界初のミュージカル化、『バイオハザード-ヴォイス・オブ・ガイア-』は東京公演が9月30日より赤坂ACTシアターにて、大阪公演は11月11日より梅田芸術劇場メインホールにて上演されます。
 ゲームファンも、ミュージカルファンも一緒に盛り上がりましょう!

【公演情報】
『バイオハザード-ヴォイス・オブ・ガイア-』
<東京公演>2016年9月30日(金)~10月12日(水)@赤坂ACTシアター (map)
<大阪公演>2016年11月11日(金)~16日(水)@梅田芸術劇場メインホール(map)

<スタッフ>
脚本・演出:G2
作曲・音楽監督:和田俊輔
原作:CAPCOM (ゲーム「BIOHAZARD」)
監修:小林裕幸(CAPCOM)

<キャスト>
柚希礼音/横田栄司 渡辺大輔 平間壮一 海宝直人・村井成仁 KYOHEI/壤晴彦/吉野圭吾
Special dancer YOSHIE
中井智彦 Raychell 水希友香 有川マコト
今村洋一 東山竜彦 堀部佑介 宮垣祐也 森山純 安福毅 渡辺崇人
扇けい 工藤彩 後藤祐香 横岡沙季 米島史子
佐藤賢一 田中領 松本城太郎 中山孟 渡辺諒

<ストーリー>
アドリア海沿岸のとある城塞都市。過去の記憶を失くしたリサ・マーチン(柚希礼音)は、食料調達に出かけた仲間たちの帰りを待っていた。

周りを囲む“奴ら”から逃れ、命からがら戻れたのはたった2人、その片割れのマルコ(KYOHEI)が“奴ら”に噛まれていた。

絶望が広がる中、唯一の生き残りロブロ(平間壮一)が、噛まれても生きている少女がエーゲ海の小島にいるらしいと告げる。
医師ダン・ギブソン(渡辺大輔)はその少女の抗体から血清を作ることを提案。
ダンとロブロ、空軍オタクのゼルグ(有川マコト)が小島へ向かうことに。

出発の時、“奴ら”の目を逸らすため、音楽家ロベルト(海宝直人/村井成仁)を中心に音楽祭が開かれた。
3人を上手く出発させたと思いきや、奴らは暴れ出して住民を襲う。
リサと武闘派のチャベス(横田栄司)がどうにか退治するが、チャベスの愛息ジルマが噛まれてしまった。
2日以内に血清を打たなければ!リサとチャベスはジルマをつれて小島を目指す。
その途中、空軍基地でリサはモーリス・グリーン大佐(吉野圭吾)と軍医ジョー・ナッグス(壤晴彦)から意外な自分の過去を知る…。

果たしてリサたちは血清を手に入れ、世界を救うことができるのか?

公演HPはこちらから
 
おけぴ取材班:chiaki(取材・文・撮影) 監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

こまつ座第120回記念公演『きらめく星座』 井上ひさし誕生日特別トークショーレポート~辻萬長さん、木場勝己さん、久保酎吉さん、後藤浩明さん~

『Pukul(プクル)~時を刻む愛の鼓動~』公開稽古レポート

【公演NEWS】2018年2月“あの男たち”が、Bunkamuraオーチャードホールに立つ! cube三銃士『Mon STARS Concert ~Again~』開催決定!!

『成河さんインタビュー 2017晩秋』人間風車とこれから…

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 開幕!

ミュージカル『マディソン郡の橋』おけぴ観劇会 開催決定!

第1回 フランチャコルタ イタリア アワード授賞式レポート~鈴木保奈美さん(味わい深い大人の女性)、中川晃教さん(フレッシュな男性)、徳岡邦夫さん(特別賞)~

新国立劇場『プライムたちの夜』開幕レポート~舞台写真&感想~

【公演NEWS&観劇プチレポ】ナイロン100℃ 44th SESSION 『ちょっと、まってください』開幕!

★日本初上陸★ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』浦井健治さん&城田優さん取材会レポート

ミュージカル『HEADS UP !』製作発表レポート

『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』おけぴ観劇会 開催決定!

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)