【感想追記】新国立劇場バレエ団『Men Y Men』リハーサルレポート

【ご覧になったみなさんの感想をご紹介いたします】



◆バレエって、かしこまっているという先入観がありましたが、『ラ・シルフィ-ド』はダンサーの身ぶり手ぶりの身体表現がものすごく豊かで、物語が分かりやすく、とても面白かったです。
特に、1幕の結婚式の場面は、民族舞踊も入って来て、見応えがありました。
男性だけの舞踊『Men Y Men』は、ダンサーたちの上半身の肌色が背景の黒のなかに浮かんで、それが群舞の美しい形態を取りながらいろいろに変化していくのが面白かったです。

◆ラフマニノフの音楽に合わせた『Men Y Men』では、男性ばかりで踊られた力強くアクロバティックなダンスにおどかされました。
それとは一変してバレエ初のロマンティック・バレエとして知られている『ラ・シルフィード』は優雅できれいな踊りでした。
妖精たちの群舞、スコットランドの民族衣裳で踊られるダンス、そして妖精と農夫で踊られるパ・ド・ドゥは圧巻でした。
パントマイムのような振り付けが多く話もわかりやすいです。

◆2作品ですが上演時間は短めで、雰囲気もまったく違う作品なので、
バレエが初めての人でも楽しめると思います。
一粒で二度美味しいみたいなプログラムなので、本当にお勧めです☆

◆男性ダンサーだけが踊る『Men Y Men』は非常に躍動感があって、観ていて心地よかった。もっと観たいと思っているうちに終わってしまった。
『ラ・シルフィード』は趣が全く違うロマンティック・バレエ。
スコットランドが舞台というのはタータン(チェック)の衣裳と男性のスカートでわかる。
妖精に愛され、自分も妖精を恋してしまった男性の悲劇。
『ジゼル』を思わせる群舞が美しく幻想的だった。
全く異質な作品の組合せだが違和感はなく、コンテンポラリー・ダンスと古典がいっぺんに楽しめるお得な公演だった。

◆まず一つ目の『Men Y Men』が秀逸。時にクール、時にキュートな男性のみの踊りが、ラフマニノフのオーケストラ曲(ピアノ曲をオーケストラ曲にアレンジ)と巧みな照明の相乗効果で好印象でした。
次の『ラ・シルフィード』がバレエらしいバレエなので、1回でタイプの違うものが見られるお得公演ですよ~。

◆『Men Y Men』は、男性オンリー演目ではあるが、(昨年の)『トロイゲーム』とは全く趣きが異なる。
ラフマニノフに合わせて流れるような踊りなのだが、男性ダンサーならではのリフトも多用されて見応えがある。2曲分では足りない!

◆『Men Y Men』は雄々しくたおやかな舞踊。バレエは書かなかったラフマニノフの曲に合わせてあっという間の30分弱でした。
『ラ・シルフィード』はロマンティック・バレエ、悲恋ものです。
でも、ちょっと違う!舞台はスコットランド、だから、タータンが衣裳です。
舞台全体のカラーは暖かみのある秋色。そんなか、ジェームスの緑を基調にしたタータンは彼と森に住む妖精シルフィードとの恋を暗示するよう。
見せ所、聴かせどころたっぷりのひと時でした。

◆『Men Y Men』は男性ダンサーだけの現代バレエ。
現代バレエといってもクラシカルな振り付けです。男性ダンサーの魅力が十分に味わえる作品で、男性同士でリフトしたりアダジオのような振り付けもあったりで新鮮です。
でも、なんといっても男性ダンサーの肉体美が魅力です(*^▽^*)
『ラ・シルフィード』は真逆でバレリーナの優美さが味わえます。
悲劇とはいえロマンチックで、幻想的な雰囲気。そして衣裳もかわいいです。
シルフィードの衣裳にはお花があしらわれていて、人間の衣裳にはタータンチェックが多用されていて、見た目も楽しませてくれます。
新国立劇場バレエ団のコールドはやはりキレイなので、そこもお勧めです♪






新国立劇場バレエ団2月の公演は、全くタイプ異なる作品が楽しめる魅惑の2本立て♪

ひとつは、“森の妖精たち”…もうこのワードだけで幻想的な世界が目に浮かぶ、スコットランドを舞台にしたロマンティック・バレエの傑作『ラ・シルフィード』(久々の上演!)。

『ラ・シルフィード』主要キャストも発表されましたね!

【2/6(土)13:00】
シルフィード:米沢 唯 ジェームス:奥村康祐 グァーン:福田圭吾 エフィ:寺田亜沙子 マッジ:髙橋一輝
【2/6(土)18:00】
シルフィード:細田千晶 ジェームス:井澤 駿 グァーン:木下嘉人 エフィ:堀口 純 マッジ:本島美和
【2/7(日)14:00】
シルフィード:長田佳世 ジェームス:菅野英男 グァーン:福田圭吾 エフィ:寺田亜沙子 マッジ:髙橋一輝
【2/11(木・祝)14:00】
シルフィード:小野絢子 ジェームス:福岡雄大 グァーン:木下嘉人 エフィ:堀口 純 マッジ:本島美和



そして、もうひとつが今回ご紹介する『Men Y Men』、日本初演です!


【『Men Y Men』リハーサルレポート】





男性ダンサーのみが踊るこの作品、新国立劇場バレエ団で男性のみというと…昨年の『トロイ・ゲーム』が思い出されますが、『トロイ・ゲーム』の魅力が「躍動感」なら、『Men Y Men』「柔らかさ」「強さ」

この日は、振り・動きの一つひとつを確認し、組み立てていく。作品のベースになる段階をみっちりとお稽古されているとのこと!
ゲスト・バレエ・マスターのアントニー・ダウスンさんのもと振付指導が行われているリハーサル現場へ潜入いたしました!

あまり見慣れない動きの連続にドキドキ!そんなことできてしまうの?! ダンサーさんの身体能力に圧倒され、ダウスンさんの指導でより一層魅力を増す動きに引き込まれたリハーサルをレポート!



パートナーと組んでの動きが多いため、お互いの呼吸や力のバランスが大切となってくる動きについての指導で印象的だったのは「ギリギリまでリスクをとる」、そして「メリハリ」



くるりとこんなポーズに!何気なくやって見せるダウスンさんです



長身の貝川さんもくるりと!


男性のみなので、当然、支える側も委ねる側も男性というのは見ていて新鮮です!





そうかと思うと冒頭にもご紹介したシーン、駆け寄っていきバシッと↓このようなダイナミックなポーズ!




静止画なのでポーズという形でご紹介して参りましたが、実際にはこれらの動きがラフマニノフの音楽に乗った“一連の動き”となります。
この“男性だけの”という響きと“ラフマニノフの音楽”というのも、その化学反応に期待せずにはいられない興味津々ポイントです。

音楽をつかみながら、高度な振りを表現に高める!日本初演への挑戦は本番まで続きます。

この作品の振付は2014/2015シーズンバレエ『眠れる森の美女』で新国立劇場バレエ団との仕事を成功させたウエイン・イーグリングさん
ユニークな動きの中でも、その根底にはクラシック・バレエの要素が確かにある!

「柔らかさ」と「強さ」の融合で生まれる、「洗練された美しさ」に出会える日が楽しみです!



【ここからはバレエ男子さわやかショット特集】



八幡顕光さん
(一つひとつの動きが切れ味鋭く、かつ、エレガントで自然と目が行くダンサーさんです。リハーサル中もダウスン先生とコミュニケーションを密にとりリーダーシップを発揮!)


福田圭吾さん


江本拓さん


貝川鐵夫さん


輪島拓也さん


原健太さん


ミュージカル『ビリー・エリオット』日本版の上演も決まり、今後ますます注目を集める“バレエ男子”。現役バレエ男子の活躍を、今年もどしどしご紹介して参ります!


バレエファンのみなさんはもちろん、お初のみなさんには2016年をバレエ元年にしていただけるとうれしいです♪

【公演情報】
ラ・シルフィード/ [新制作] Men Y Men

2016年2月6日(土)13:00
『ラ・シルフィード』
シルフィード:米沢 唯 ジェームス:奥村康祐
『Men Y Men』
八幡顕光、江本 拓、中家正博、池田武志、
木下嘉人、福田紘也、宝満直也、林田翔平、
宇賀大将

2016年2月6日(土)18:00
『ラ・シルフィード』
シルフィード:細田千晶 ジェームス:井澤 駿
『Men Y Men』
マイレン・トレウバエフ、貝川鐵夫、福田圭吾、
輪島拓也、小口邦明、小柴富久修、原 健太、
髙橋一輝、渡部義紀

2016年2月7日(日)14:00
『ラ・シルフィード』
シルフィード:長田佳世 ジェームス:菅野英男
『Men Y Men』
八幡顕光、江本 拓、中家正博、池田武志、
木下嘉人、福田紘也、宝満直也、林田翔平、
宇賀大将

2016年2月11日(木・祝)14:00
『ラ・シルフィード』
シルフィード:小野絢子 ジェームス:福岡雄大
『Men Y Men』
マイレン・トレウバエフ、貝川鐵夫、福田圭吾、
輪島拓也、小口邦明、小柴富久修、原 健太、
髙橋一輝、渡部義紀

※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。


公演HPはこちらから

おけぴ取材班:chiaki(撮影・文) 監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

ミュージカル『キューティ・ブロンド』おけぴ観劇会開催決定!

ミュージカル『SMOKE』開幕レポート~感想と舞台写真で綴る~

ミュージカル『レ・ミゼラブル』2019年新キャスト発表記者会見レポート

十一月新派特別公演「犬神家の一族」製作発表レポ

【舞台写真&感想も掲載!】こまつ座『母と暮せば』囲み取材レポ

【公演NEWS】新国立劇場『誰もいない国』公開トークイベントレポートが届きました

【公演NEWS】『伊礼彼方の部屋 Vol.2~俺のフランキー、僕のフランキー、俺のフランキー~』

【舞台写真が届きました!10/4追記】新国立劇場『誤解』稽古場レポート~美しくシンプルな舞台で5人の登場人物が奏でるカミュの世界~

若き天才指揮者ヤニック・ネゼ=セガン MET 新音楽監督就任!METライブビューイング豪華ラインナップご紹介( 《サムソンとデリラ》東劇限定ペアご鑑賞券プレゼントも)

新生MAついに開幕! ミュージカル『マリー・アントワネット』博多座公演 観劇レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

チケットぴあ
ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)