現在上演中の公演
【公演NEWS】新国立劇場『誰もいない国』開幕!舞台写真が届きました~一筋縄ではいかない実力派俳優たちの“怪演”も大きな見どころ~

【公演NEWS】新国立劇場『誰もいない国』開幕!舞台写真が届きました~一筋縄ではいかない実力派俳優たちの“怪演”も大きな見どころ~

現在上演中 会員チケット受付中

ノーベル文学賞を受賞した劇作家ピンターによる傑作。イギリス・ロンドンを舞台に、アイデンティティの境界線を問う。  新国立劇場では本日11月8日(木)に演劇「誰もいない国」が開幕しました。 右から)柄本明、石倉三郎 右から)石倉三郎、柄本明、平埜生成、有薗芳記  ノーベル文学賞を受賞した20世紀を代表する劇作家ハロルド・ピンターの『誰もいない国』は1975年ロンドン、ナシ

…続きを読む

新国立劇場『誰もいない国』稽古場レポート

新国立劇場『誰もいない国』稽古場レポート

現在上演中 会員チケット受付中

 新国立劇場11月公演『誰もいない国』の稽古場へ潜入!ノーベル賞作家ハロルド・ピンターの会話劇、演出は寺十(じつなし)吾さん、舞台となる屋敷の主ハーストと、そこを訪れたスプーナーを演じるのが柄本明さん、石倉三郎さん。そして有薗芳記さんと若手の平埜生成さんという4人の男たちが作りだす空気に引き込まれた稽古の様子をお届けします!  舞台となるのは、ロンドン北西部にある屋敷の一

…続きを読む

エディット・ピアフ 没後55年 大竹しのぶさん主演『ピアフ』開幕

エディット・ピアフ 没後55年 大竹しのぶさん主演『ピアフ』開幕

現在上演中

「全てが電子化されていく世の中で、本物の、動物的な「生」を演じる俳優のエネルギー。一つひとつの場面は短いのですが、それを作り出していく俳優のエネルギーを感じてもらえたら」(大竹さん)  エディット・ピアフが亡くなって55年となる今年、パム・ジュムス作、栗山民也演出、大竹しのぶ主演の舞台『ピアフ』が4度目の上演!シアタークリエでの初日を前に行われた会見でのコメント、ゲネプロの様子をレポート

…続きを読む

【南座 新開場!】高麗屋三代襲名披露「吉例顔見世興行」新・松本幸四郎さんインタビュー

【南座 新開場!】高麗屋三代襲名披露「吉例顔見世興行」新・松本幸四郎さんインタビュー

現在上演中

 耐震補強大規模改修工事、劇場内の客席や舞台機構のリニューアルを経て、11月1日に新開場する南座。  その幕開けとなる「吉例顔見世興行」は、松本幸四郎改め 二代目松本白鸚さん、市川染五郎改め 十代目松本幸四郎さん、松本金太郎改め 八代目市川染五郎さん、高麗屋三世代そろっての襲名披露を兼ねた公演となります。  憧れの役だったという『勧進帳』武蔵坊弁慶のほか、染五郎さんと親子で

…続きを読む

十一月新派特別公演「犬神家の一族」製作発表レポ

十一月新派特別公演「犬神家の一族」製作発表レポ

現在上演中 会員チケット受付中

「犬神家の一族」が、新派130年の舞台で甦る── 遺産相続をめぐり、巻き起こる骨肉の争い…… 過去と現在に張り巡らされた謎に、名探偵・金田一耕助が挑む!! 横溝正史の「犬神家の一族」は、1950年から1年半にわたって雑誌「キング」に連載された長編推理小説です。76年には角川映画の第一作として市川崑監督によって映画化され、一世を風靡。大ヒットを記録したことを覚えている方もいらっしゃると

…続きを読む

【公演NEWS】新国立劇場『誰もいない国』公開トークイベントレポートが届きました

【公演NEWS】新国立劇場『誰もいない国』公開トークイベントレポートが届きました

現在上演中 会員チケット受付中

 10月5日(金)新国立劇場にて11月公演『誰もいない国』に出演する柄本明、石倉三郎、翻訳を担当した喜志哲雄、そして演出の寺十吾が出席し一般のオーディエンス向けの公開トークイベントが開催された。その中で、ノーベル文学賞も受賞した劇作家ハロルド・ピンターの作品についてや、今回の出演に対する意気込みを伺った。 ■新国立劇場・初登場の柄本明「作品を探る旅に出るような気持ち」

…続きを読む

新生MAついに開幕! ミュージカル『マリー・アントワネット』博多座公演 観劇レポート

新生MAついに開幕! ミュージカル『マリー・アントワネット』博多座公演 観劇レポート

現在上演中

 なにもかも新しい新生MA、ついに博多座から始動!  これはもはや新作? そう思ってしまうほど、新たな魅力に満ちたミュージカル『マリー・アントワネット』博多座公演ダブルキャスト両初日観劇レポートをお届けいたします!! 豪華なドレスで登場するマリー・アントワネット。初演版、韓国版ともまた違う“よりリアル”な生澤美子さんによる衣裳の数々。ヘアスタイルやアクセサリーも見逃せません!(マリ

…続きを読む

【公演NEWS】 博多座9月公演 ミュージカル 『マリー・アントワネット』 9月14日/9月15日 初日オフィシャルレポート

【公演NEWS】 博多座9月公演 ミュージカル 『マリー・アントワネット』 9月14日/9月15日 初日オフィシャルレポート

現在上演中

新生『マリー・アントワネット』博多座にて開幕! 新演出版が日本初演 花總まり「本当の本当の初日!」 9 月14 日カーテンコール 9 月15 日カーテンコール   ミュージカル『マリー・アントワネット』が、9 月 14 日(金)に福岡・博多座で開幕した。  遠藤周作の原作をベースに、『エリザベート』『モーツァルト!』など数々の傑作ミュージカルを生み出し

…続きを読む

【祝・博多座開幕】ミュージカル『マリー・アントワネット』シルヴェスター・リーヴァイさんインタビュー

【祝・博多座開幕】ミュージカル『マリー・アントワネット』シルヴェスター・リーヴァイさんインタビュー

現在上演中

 新演出版が幕を開けたミュージカル『マリー・アントワネット』!開幕の地、博多座にて行われた、本作作曲家のシルヴェスター・リーヴァイさんのインタビューをおけぴがスペシャルレポートいたします。 ──音楽は、その手で掴むことはできない、口に入れて味わうこともできない、目にも見えない、“聞くことしかできない”ものです。しかし、その作用、その力は、世界に存在するほとんどのものを凌駕する。音楽

…続きを読む

ミュージカル『マリー・アントワネット』製作発表会見&歌唱披露レポート

ミュージカル『マリー・アントワネット』製作発表会見&歌唱披露レポート

現在上演中

 9月14日に博多座で開幕し、10月11月は帝国劇場、その後、12月に御園座、2019年1月梅田芸術劇場まで上演される大作ミュージカル『マリー・アントワネット』の製作発表会見、歌唱披露が行われました。  もはや説明不要なほどの名コンビ、ミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)&シルヴェスター・リーヴァイ(音楽・編曲)が生み出したミュージカル『マリー・アントワネット』は、遠藤周作の「王妃マリ

…続きを読む

< 新しい記事 古い記事 >

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)