ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』GPレポート


ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』再演の幕が上がりました! 初日を前に行われたゲネプロをレポートいたします。(Wキャストはニコロ・パガニーニ:相葉裕樹さん、アーシャ:加藤梨里香さん、アルマンド:畠中 洋さん)



【一人の音楽家を巡る美しく残酷な物語に心揺さぶられる〜人生の十字路で何を思う〜】


街外れの十字路で悪魔アムドゥスキアスと血の契約を結んだひとりの音楽家は、100万曲の名曲の演奏と引き換えに、命をすり減らしてゆくことになる──

舞台は19世紀のヨーロッパ、突如として音楽史に登場し人々を魅了した天才ヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニ。悪魔的とも称されるほどの超絶技巧ゆえ、彼にはある噂がつきまとった。
「悪魔と契約し、魂と引き換えに音楽を手に入れた」…と。
<以降、作品の内容に触れます>


パガニーニの死後、彼の家をアーシャが訪ねるところから物語が始まります。主人亡きあとも家を守る執事アルマンドとアーシャが在りし日のパガニーニを語り始める。



ニコロ・パガニーニの人生を語るのに欠かせない存在、母テレーザ。
息子への愛、才能を信じる心は決して揺らぐことはない。大きく強い母親の愛を印象付ける、慈愛に満ちた表情でスケールの大きな歌声を響かせる春野寿美礼さん。音楽好きで賭けにも強い、朗らかな一面も魅力です。一方で、その期待に応えたい、家族のために貧困から脱したいという思いがニコロを悪魔との契約に走らせてしまったのかもしれないと思うとやるせない気持ちにもなります。



天真爛漫なアーシャを演じるのは加藤梨里香さん。加藤さんの陽のエネルギーがこの役にピッタリです。それだけでなく、時折、流浪の民として差別を受けて生きてきた影もしっかりと見せ、社会から受ける扱いと音楽がもたらす喜びがアーシャとパガニーニを結びつけたことを自然に感じさせます。そして、彼女が放つ光は頑なだった“漆黒のヴァイオリニスト”の心にも変化を生じさせるのです。



パガニーニの恋人、皇帝ナポレオンの妹エリザ・ボナパルトには元榮菜摘さん。アムドゥスキアスの差し向けたファム・ファタルだったエリザがパガニーニへの愛に目覚め──。互いに居場所を求める二人の孤独に胸が締めつけられます(♪離れれば離れるほどに愛)。気高さと弱さを行き来しながら力強く歌い上げる元榮さんの歌唱!



坂元健児さんが演じるエクトル・ベルリオーズは、その才能を見出してもらうことができず、多額の借金も抱えている音楽家。あるコンサートへの出演依頼に訪れたベルリオーズだったが──。人生の岐路に立つアーシャやベルリオーズに若き日の自分を重ね合わせるような言動には、悪魔とともに歩んできたパガニーニの願い、未来へ託す希望が込められています。象徴的なのがパガニーニとベルリオーズが歌い継ぐ♪迷い子。
坂元さんは幼い頃からのパガニーニのヴァイオリンの師コスタも演じます。



こちらは↑初日前会見での春野寿美礼さんのコメントにもあったシーンです。隙があるとアムドゥスキアスに心を持っていかれそうになるとのことでしたが、それだけでなく、アムドゥスキアスも母の強い愛を目の当たりにして一瞬隙ができるようにも感じられます。母、まったく隙なし!!



執事アルマンドには畠中洋さん。誰よりも近くでパガニーニを見守っていたアルマンドが神に挑むように歌う♪Prayer Of Rageではアルマンドがパガニーニに抱く父親にも似た思いがあふれます。



「ニコロ」「パガニーニさん」「ムッシュパガニーニ」「ご主人様」……パガニーニにまつわる人々との関係を通して、息子、悩める青年、天才音楽家、異端児など様々な顔のパガニーニが描かれる本作。パガニーニの葛藤と全能感、やがてたどり着く境地までを芝居、歌、身体表現で魅せるのは相葉裕樹さん。ヴァイオリンの演奏シーンで激しく舞う姿はもちろん、ただそこにたたずむ姿の美しさも常人離れしたパガニーニをより一層孤高の存在に高めます。終盤のアムドゥスキアスとの真っ向勝負は見応え、聴き応えのあるシーンに!



こちらは音楽の悪魔、アムドゥスキアスの中川晃教さん。束縛の中で生きるパガニーニに対して、こちらはすべてを超越した存在。中川さんが全身で奏でる音楽は、まるで宙を舞っているかのような解放感にあふれます。そして気づくと音もなくそこに居る……遊び心もありながら、決して逃がさない。アムドゥスキアスのパガニーニへの執着の恐ろしさ。音域も曲想も凄まじく幅広いアムドゥスキアスの楽曲を絶対的な表現力で聴かせます。



悪魔のヴァイオリニストと呼ばれたパガニーニの笑顔に落涙


「演奏と引き換えに、命をすり減らしてゆく」、パガニーニとアムドゥスキアスの契約には実はもうひとつの約束事がありました。もしかしたら命をかけること以上に、そのことがパガニーニを苦しめていたのかもしれない。なぜなら音楽の喜びがそこにあるから。そしてその約束に対しては決して引かずに、容赦がないアムドゥスキアス。思わず「本当に悪魔だわ……」と心の声がこぼれそうでした。ついに迫る最期のとき、ギャンブルがすこぶる苦手なパガニーニが大きな賭けに出る! それは──ぜひ劇場で!

再演では、舞台セットも楽曲アレンジも大きく変わっています。盆を回すことで、シーンの継ぎ目は滑らかになり目くるめく展開が生まれると同時に、物語がよりクリアに(演出は末永陽一さん)。作曲・村中俊之さん、編曲・江草啓太さんによる音楽は、キャラクター毎の旋律がドラマと結びつき非常に効果的。楽曲はより壮大になり観客も大きなうねりの中で感情を心地よく揺さぶられます。最後のパガニーニの賭けも、その旋律だけで泣けてくる!! そして、改めて原作・脚本・作詞の藤沢文翁さんが紡ぐ“物語力”の大きさも実感。比喩的に「悪魔的」と呼ばれていたパガニーニが本当に悪魔と取引をしていたという大胆な発想という、物語の大きな飛躍とともに、「リスト、ショパン、シューベルトら、若き音楽家たちによる女優ハリエット・スミッソンの救済コンサート」や「パガニーニがギャンブルに負けてヴァイオリンを巻き上げられた」などの史実を織り交ぜることで、劇中のパガニーニが確かにあの時代を確かに生きた人となって立ち上がり、痛みや喜びがより一層生々しく感じられるのです。

こうなると気になるのはWキャストの木内健人さん、有沙瞳さん、山寺宏一さんの歌やお芝居の表現と化学変化です! Wキャストの妙も味わいたい!


【公演情報】
ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』
2024年4月22日(月)~5月12日(日) 東京・シアタークリエ
5月17日(金)~19日(日) 大阪・新歌舞伎座
5月24日(金)~26日(日) 福岡・博多座

<スタッフ>
原作・脚本・作詞:藤沢文翁
作曲:村中俊之
編曲:江草啓太
演出:末永陽一

<出演者>
音楽の悪魔 アムドゥスキアス 中川晃教
ニコロ・パガニーニ 相葉裕樹/木内健人(Wキャスト)
ジプシーの娘 アーシャ 加藤梨里香/有沙 瞳(Wキャスト)
ナポレオン皇帝の娘 エリザ・ボナパルト 元榮菜摘
ヴァイオリン教師 コスタ 坂元健児
パガニーニに仕える執事 アルマンド 山寺宏一/畠中 洋(Wキャスト)
パガニーニの母 テレーザ 春野寿美礼
荒居清香 荒川湧太 小倉優佳 川口大地 柴田実奈 趙 京來 德岡 明 中野亮輔
宮田佳奈 山﨑感音

製作=東宝

公演HP:https://www.tohostage.com/crossroad/


おけぴ取材班:chiaki(撮影・文)監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

新国立劇場 演劇『デカローグ5』福崎那由他さん&渋谷謙人さん&寺十吾さん鼎談

ミュージカル『この世界の片隅に』開幕記念会見レポート~気持ちを色に例えると~

【公演NEWS】舞台『千と千尋の神隠し』ロンドン・コロシアムでの4か月公演がついに開幕!

第四十九回菊田一夫演劇賞発表 大賞は「ラグタイム」上演関係者一同!

【公演NEWS】劇団☆新感線『バサラオ』ご出演の中村倫也さんが福岡ソフトバンクホークス-北海道日本ハムファイターズ戦のセレモニアルピッチに登場!

【公演NEWS】ついに開幕!『メディスン』初日コメント・舞台写真公開!

【公演NEWS】ミュージカル『この世界の片隅に』座談会オフィシャルレポート♪

【NEWS】第77回トニー賞ノミネーション速報!

ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』GPレポート

【おけぴ観劇会】『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』おけぴ観劇会開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ナビレラ』おけぴ観劇会6/1(土)昼シアタークリエにて開催決定

【おけぴ観劇会】ミュージカル「この世界の片隅に」おけぴ観劇会 5/19(日)昼開催決定@日生劇場

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ