ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』初日前会見レポート


シアタークリエにて開幕するミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』。初日を前に、音楽の悪魔:アムドゥスキアス役の中川晃教さん、天才ヴァイオリニスト:ニコロ・パガニーニ役の相葉裕樹さん/木内健人さん(Wキャスト)、パガニーニに仕える執事:アルマンド役の山寺宏一さん/畠中洋さん(Wキャスト)、パガニーニの母:テレーザ役の春野寿美礼さんを囲んでの会見が行われました。会場となったのは、シアタークリエのお隣、『CROSS ROAD』上演記念特別展示会を開催中の日比谷シャンテ(3F特設会場)です。




弾けたバージョン!

【作品紹介】
音楽朗読劇VOICARION ヴォイサリオンシリーズで原作・脚本・演出を手掛ける藤沢文翁さんのオリジナル作品のひとつ、東宝初の朗読劇として2012年に上演された『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』。音楽の才能はあるが天才ではないことに苦しむヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニが自分の命と引き換えに手にした天才的な演奏──街外れの十字路で彼が血の契約を結んだのは音楽の悪魔アムドゥスキアスだった。19世紀ヨーロッパの華麗なる音楽黄金期を舞台にしためくるめく物語がミュージカル化されたのは2022年のこと。初演から2年、壮大な世界観と圧倒する音楽で観客を魅了した作品が再演を迎えます!


──初日を明日に控えた今の心境からお聞かせください。



音楽の悪魔アムドゥスキアス役:中川晃教さん
中川:
シアタークリエで初演されたオリジナルミュージカル『CROSS ROAD』、2年の年月を経てここに再集結しました。作品の素晴らしさ、エネルギーをみなさんにしっかりと届けていきたいと思います。

(会場にお集まりのみなさんからの温かい拍手が会見を盛り上げます!)



ニコロ・パガニーニ役:相葉裕樹さん
相葉:
明日、初日を迎えられることを嬉しく思っています。初演で創ったものを、崩して、もう一度積み上げる──ブラッシュアップされた新たな『CROSS ROAD』を、自信を持ってお届けします。はじめての方にも、2年前にご来場いただいた方にもお楽しみいただける作品になっています。



ニコロ・パガニーニ役:木内健人さん
木内:
素晴らしい脚本、音楽のもと、キャスト・スタッフが力を合わせ、いよいよ今年の『CROSS ROAD』がスタートします。 初日が開くとWキャストの相葉くんと会えなくなるのが寂しいですが、ここから作品を盛り上げていきたいと思います!



執事アルマンド役:山寺宏一さん
山寺:
出演者の中で最年長ですが、ミュージカル経験はもっとも少ないので、おそらく僕が一番ドキドキしています。『CROSS ROAD』の朗読劇バージョンに出演していたときから、これはミュージカルにも、映画にもなる本当に素晴らしい作品だと感じていました。そして2年前にミュージカルとなりましたが、まさかそこに自分が出るとは思いませんでした(笑)。歴史に残る、100年先も上演され続けるような作品。これが日本のオリジナルなのかとビックリされると思いますので、ぜひ劇場に足をお運びください。



執事アルマンド役:畠中洋さん
畠中:
初演では違う役で出演していましたが、再演はアルマンド役を天下の山寺さんとWキャストで務めます。山寺さんとはまた違ったアルマンドをお見せできればと思います。素晴らしい作品を、素晴らしいキャストに囲まれて──稽古から幸せな時間を過ごしました。そして明日、(エネルギーを)爆発させたいと思います。



パガニーニの母テレーザ役:春野寿美礼さん
春野:
私も再演から加わりましたが、みなさん眼差しが強くて(笑)。稽古に入ったときから緊張していましたが、一緒に過ごしていくうちにとてもユニークな方々だということがわかりました(笑)。今は、みなさんが心強い存在です。


──中川さんから見た、それぞれのパガニーニは。


中川:
僕が『モーツァルト!』で井上芳雄さんとWキャストでヴォルフガング役を務めたときにいただいた形容“赤ワインと白ワイン”を拝借すると──パガニーニは天才ヴァイオリニスト、その演奏は悪魔的と称賛された人物です。パガニーニが内に秘めているもの、内に向かうエネルギーに全力でアプローチしながらもフレッシュでさわやかな風を感じさせる木内さんは白ワイン、初演から共に創り上げている相葉さんは熟成された赤ワインです。


──お二人から見た中川さんはどんな悪魔?


相葉:
前回に続いて、アッキーさんのアムドゥスキアスに翻弄されています。思わぬところでも芝居で仕掛けてこられるのですが、共演回数も増えてきたことで、そこも楽しめるようになりました(笑)。動じることなく、しっかりと演じたいと思います。


木内:
神出鬼没で奇想天外。アッキーさんの引き出しの多さに、お稽古場から日々驚かされています。なにが飛び出すかわからないのと同時に、僕の持っている感情を常に拾ってくださる方。芝居を拾い、投げ返す。あえて遠くに投げて僕を走らせるようなこともあります。そうやってパガニーニを苦しめ、困らせ、ときに共に喜びを分かち合う、神がかったアムドゥスキアスです。

──天才ヴァイオリニストのパガニーニ、中川さんはパガニーニ役を演じたいというお気持ちは。

中川:
朗読劇からスタートしたこの作品、山寺さんはそこでアムドゥスキアスを演じられていたんですよね。

山寺:
はい。まぁ、パガニーニとテレーザ以外はすべて演じたんですけどね(笑)。

中川:
そのお話を聞いたとき、そういう未来もあるんだと!ですので、心の中にパガニーニを演じたいという気持ちはなくはないです。そう思うほどパガニーニは興味深い人物です。ヴァイオリンの超絶技巧で有名なこの音楽家を文翁さんは非常に繊細な人物として描いています。14歳ですべてを習得した──14歳というところにも惹かれます(笑)。パガニーニのような規格外のキャラクターを演じることに、俳優としての喜びを感じる。それは僕が演じる悪魔アムドゥスキアスにも言えることです。


──日本発のオリジナルミュージカル、楽曲の印象は。


春野:
複雑ながらも、心に沁みる、心を動かされる名曲ぞろいです。素晴らしい楽曲を歌えるしあわせをかみしめています。

山寺:
作曲は音楽朗読劇で何度もご一緒している村中俊之さん。ミュージカル楽曲を手掛けるのは本作がはじめてとのことですが、素晴らしい楽曲の数々に驚かされました。どんな楽曲か予習したいという方は、YouTube「Toho Channel」で何曲か動画をご覧いただけますので、ぜひ!


──再演となりますが、前回と変わったところは。


山寺:
まず、セットが変わりました。前回はなかった盆が回ります!

中川:
音楽についても、アレンジの江草啓太さんが加わり、村中さんの音楽の世界をさらに昇華させています。初演組の畠中さんはいかがですか。


畠中:
僕自身は役が変わりましたからね。初演で演じたコスタの登場の仕方などもいろいろと変わっているので、初演をご覧になった方にもとても新鮮に観ていただけるでしょう。僕らも新作のような感覚で臨んでいますので、お客様もそのようにご覧いただければと思います。


──中川さんと春野さんはもしかして初共演ですか。


中川:
よくぞ訊いてくださいました! 『モーツァルト!』初演の大阪公演の際にメンバーみんなで春野さんがトート役で出演されていた『エリザベート』を観劇しました。そのときにはじめてお会いして以来、ようやく共演する機会を得ました。あのときのことは覚えてくださって──

春野:
もちろん、覚えています。大階段を駆け上がってこられた中川さんが目に焼き付いています。こちらも嬉しかったです。


中川:
(興奮気味に)あのときの話になると、こう(熱く)なってしまうんです!ファンの気持ちです(笑)。

──どんなところに惹かれますか。

中川:
マントの使い方などの所作が素晴らしいのはもちろん、内に秘めたブラックダイヤモンドのような輝き。悪魔の役作りに際しても、春野さんのこれまでのキャリアで培われたものを参考にさせていただいています。



中川さんの絶賛コメントに春野さんは思わずこのリアクション
春野:
中川さんのアムドゥスキアスは所作も台詞も緩急自在です。隙があるとすうっと心に入ってきて、操られ、心を乗っ取られるような感じです。素晴らしい表現です。物語の終盤、アムドゥスキアスとテレーザが対峙するシーンがあるのですが、気を緩めると隣でささやくように言葉を発する悪魔に連れていかれそうになる。トート的な存在でもあり、そうかと思えばとてもお茶目なところもある。それはもう魅力的なので、客席のみなさんもちょっと隙を見せると心を持っていかれてしまいますよ。心してご覧ください。


──最後に中川さんからメッセージを。


中川:
こうしてたくさんの方々が集まってくださったこと、その力が『CROSS ROAD』開幕を後押ししてくれているように感じます。ありがとうございます。そして、ここ日比谷シャンテの3階で開催されているパネル展が『CROSS ROAD』への新たな入口のひとつになることを願っています。人の心を魅了する作品の一員として音楽の悪魔アムドゥスキアスを、一生懸命、演じたいと思います。素晴らしいパガニーニのお二人をはじめ、この作品に集ったキャストのみなさんと最高のミュージカルをお届けします。

 人は人なり のぞみもあるが
 捨てて立つ瀬を 越えもする
 ──(美空ひばり「柔」より)


美空ひばりさんの「柔」の歌詞を、開幕への意気込みとさせていただきたいと思います。邪念を捨てて挑んで参ります! シアタークリエに、ぜひ、お越しください。



ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』は5月12日までシアタークリエにて、その後、大阪・新歌舞伎座、福岡・博多座にて上演されます。


【公演情報】
ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』
2024年4月22日(月)~5月12日(日) 東京・シアタークリエ
5月17日(金)~19日(日) 大阪・新歌舞伎座
5月24日(金)~26日(日) 福岡・博多座

<スタッフ>
原作・脚本・作詞:藤沢文翁
作曲:村中俊之
編曲:江草啓太
演出:末永陽一

<出演者>
音楽の悪魔 アムドゥスキアス 中川晃教
ニコロ・パガニーニ 相葉裕樹/木内健人(Wキャスト)
ジプシーの娘 アーシャ 加藤梨里香/有沙 瞳(Wキャスト)
ナポレオン皇帝の娘 エリザ・ボナパルト 元榮菜摘
ヴァイオリン教師 コスタ 坂元健児
パガニーニに仕える執事 アルマンド 山寺宏一/畠中 洋(Wキャスト)
パガニーニの母 テレーザ 春野寿美礼
荒居清香 荒川湧太 小倉優佳 川口大地 柴田実奈 趙 京來 德岡 明 中野亮輔
宮田佳奈 山﨑感音

製作=東宝

公演HP:https://www.tohostage.com/crossroad/


おけぴ取材班:chiaki(撮影・文)監修:おけぴ管理人

おすすめ PICK UP

新国立劇場 演劇『デカローグ5』福崎那由他さん&渋谷謙人さん&寺十吾さん鼎談

ミュージカル『この世界の片隅に』開幕記念会見レポート~気持ちを色に例えると~

【公演NEWS】舞台『千と千尋の神隠し』ロンドン・コロシアムでの4か月公演がついに開幕!

第四十九回菊田一夫演劇賞発表 大賞は「ラグタイム」上演関係者一同!

【公演NEWS】劇団☆新感線『バサラオ』ご出演の中村倫也さんが福岡ソフトバンクホークス-北海道日本ハムファイターズ戦のセレモニアルピッチに登場!

【公演NEWS】ついに開幕!『メディスン』初日コメント・舞台写真公開!

【公演NEWS】ミュージカル『この世界の片隅に』座談会オフィシャルレポート♪

【NEWS】第77回トニー賞ノミネーション速報!

ミュージカル『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』GPレポート

【おけぴ観劇会】『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』おけぴ観劇会開催決定!

【おけぴ観劇会】ミュージカル『ナビレラ』おけぴ観劇会6/1(土)昼シアタークリエにて開催決定

【おけぴ観劇会】ミュージカル「この世界の片隅に」おけぴ観劇会 5/19(日)昼開催決定@日生劇場

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ