六月花形新派公演 『夜の蝶』開幕レポート~夜の女の美しい戦いを、新派の女方・河合雪之丞さんと現代演劇の女方・篠井英介さんの競演で~

現在上演中


銀座の女のプライドを賭けた戦い──
令和元年6月6日、六月花形新派公演 『夜の蝶』が三越劇場にて開幕しました。



左から河合雪之丞、喜多村緑郎、篠井英介

 原作は第一回直木賞受賞、昭和を代表する小説家・劇作家の川口松太郎が、昭和30年代、銀座で人気を二分していた実在のクラブのマダムふたりをモデルに描いた小説。昭和32年に単行本発表、同年7月に映画版が封切られました。さらに、同年10月に新梅演舞場で花柳章太郎・初代水谷八重子より舞台版初演。直後の12月には再演。当時の劇団新派の新しい“花柳界もの”として定着しました。

 東西の夜の女の美しい戦いを、新派の女方・河合雪之丞さんと現代演劇の女方・篠井英介さんというふたりの女方の対決になぞられ、華やかな世界の裏にある意地の張り合いを描き出します。出演はほかに、葉子とお菊、ふたりの女の運命を握る白沢役の喜多村緑郎さん、それぞれの妹分を演じるのは瀬戸摩純さんと山村紅葉さん。脚色・演出は新派文芸部の成瀬芳一さん。

 銀座一の高級クラブ「リスボン」のマダム葉子(河合雪之丞さん)と、京都風のバーを新規オープンさせる元舞妓のお菊(篠井英介さん)。浅からぬ縁のあるふたりの女が繰り広げるのは、ホステスの引き抜きや、売上合戦、そして喜多村緑郎さん演じる大物政治家・白沢を巡る対決。はたして銀座の女のプライドを賭けた戦いの行末は─?

 雪之丞さん、篠井さんの初日コメント、舞台写真が届きました。早速ご覧になったおけぴ会員のみなさまから寄せられた感想も交えてご紹介いたします。(以下、◆~はおけぴ会員のみなさまの感想コメントです)


【河合雪之丞さんコメント】

「いよいよ初日を迎えることになりました。お稽古の初日のときからみんなで一生懸命つくりあげてきたお芝居です。 この新しい「夜の蝶」を、銀座の夜の世界をここ三越劇場で存分にお楽しみいただきたいです。女方同士の戦いも皆様お楽しみに劇場へ足をお運びください!」

【篠井英介さんコメント】

「お芝居は生ものですから、俳優も、スタッフも、そしてお客様も一緒につくりあげていくものですので、いよいよ初日を迎えることが怖いような楽しみなような気持ちでおります。無事に勤められることを祈るばかりです!」



左から篠井英介、山村紅葉、河合雪之丞

◆河合雪之丞・篠井英介のお二方の競演がすてきでした。お二人がそれぞれの特徴を出しての両主演での上演で良かった。
時代設定が前回の東京オリンピックの前頃ですが今の時代でもありそうな夜の銀座の張り合いが面白い。
喜多村緑郎さんがいい男で納得させ、山村紅葉さんが貫録で締めていた。

◆面白かったです!とにかく河合雪之丞さんの美しさとかっこよさにに仰天!
篠井さんも、いじらしく可愛らしい芸妓さんでした。銀座のドロドロしたストーリーなのに、クスッと笑ってしまう場面あり、ほっこりストーリーあり…2人がそれぞれに目標の為に必死で生きてきた姿に爽やかさをも感じてしまうエンディングでした。
2人のやり取りも小気味で良かったですし、衣装も豪華で素敵でした!

◆映画の「夜の蝶」を見ていましたから、この素材は、女方さんで演じるのには向いていると思いました。本心とは裏腹な水商売の世界は、男が女を演ずる作り物の表現にうってつけ!

◆開演前から、レトロな三越劇場にピッタリでお洒落な舞台セットが目に入りワクワク。
 違うタイプの女方の共演。期待以上に楽しかった。ドロドロしたお話にならず、爽やかささえ感じました。山村紅葉さんの京都弁はパーフェクトでお話にリアリティを感じました。新派らしい上品さが漂う中に新鮮さも感じました。




左から喜多村緑郎、河合雪之丞

◆河合雪之丞さんの醸し出す美しさにため息が出ました。台詞回しもカッコいい。
新派は、喜多村緑郎さんもいらっしゃるし、若い世代の劇団員さんも頑張って新しい新派を盛り上げて欲しい。注目すべき存在になりつつあると感じました。

◆映画とはかなり違いがあり、この後どうなるんだろうと楽しめました。
次々と披露される艶やかな着物、その東西の違い、帯結びの素人と玄人の違い。背景に象徴的に描かれる、昔の銀座の街並み。それらが三越劇場の内装と相俟ってレトロ好きにはたまりません。
篠井vs雪之丞の舌戦はこれからさらに熟すと笑いだけでなく涙も誘いそう。緑郎は長身を生かして、そうとういい男ぶりでした。

◆新派の歴史を感じる装置でしたし、三越劇場の装飾ととても合っていました。ゲストの篠井さんと雪之丞さんのヒロイン対決は一見の価値があります。歌舞伎の女方とは違う、河合武雄、先代喜多村緑郎、花柳章太郎、花太郎らかつての新派の名優達が作り上げた新派らしい女方の姿が見られ感動しました。




左から喜多村緑郎、篠井英介

◆銀座のママの「鞘当て」。両花道風の登場から、歌舞伎と新劇風の女方お二人、
河合雪之丞・篠井英介の衣装・台詞のバトルが楽しい。半端ない熱量の放電に感服です。
ほろ苦くはあるが気持ちの良いラストであった。雪之丞のお弟子さん、河合穂積、河合宥季もきっちり芝居をしていた。

◆娘時代の確執と現在の因縁、どんな結末が待っているのやらとやや陰湿な2人のやりとりを見守っていると、意外な結末が。こういうのいいですねぇ。時代背景が生まれる前の話なので、ちゃんと理解出来てないかもですが、人びとの営みや艶やかな2人の女方芝居を楽しみました。



銀座の女のプライドを賭けた戦い──
東西の夜の女の美しい対決を、新派の女方・河合雪之丞さんと現代演劇の女方・篠井英介さんの競演で……これはもう観るしかない!


【公演情報】
六月花形新派公演 『夜の蝶』
2019年6月6日(木)~28日(金)@三越劇場

<スタッフ>
原作:川口松太郎
脚色・演出:成瀬芳一

<出演>
喜多村緑郎 河合雪之丞 篠井英介
瀬戸摩純 山村紅葉
田口守 伊藤みどり ほか

<あらすじ>
銀座随一の高級クラブ“リスボン”―“リスボン”のマダムである葉子(河合雪之丞)は近頃、機嫌が悪い。というのも、京都で舞妓あがりのお菊(篠井英介)がここ銀座にバーを構えるというのである。
葉子はお菊の銀座進出は勿論のこと京都の雰囲気を売りに趣向を凝らした店の設えと噂に聞いて、気になって仕方がなかった。
一方、高級クラブ“お菊”は、大物政治家・白沢一郎(喜多村緑郎)の後押しで、葉子はじめ葉子の妹分のお景(瀬戸摩純)や、銀座のマダム達の羨望と嫉妬を尻目に華々しく開店。京都風にした新戦術は大きな評判を呼び、お菊は妹分のお春(山村紅葉)と手を取り合って喜ぶ。
銀座一の“リスボン”と話題沸騰となった“お菊”の対立。銀座の夜の世界を舞台に、二人のマダムが、色と欲の為に女の戦いを繰り広げる――

公演HPはこちらから

写真提供:松竹株式会社 感想コメント:おけぴ会員のみなさま

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)