【馬場良馬さん主演】舞台『古-inishie-』稽古場写真&プロデューサーのメッセージが届きました!

 馬場良馬さん主演、空中分解した劇団メンバーたちの再会を描く舞台『古~inishie~』がシアターサンモールにて7月24日(水)から8月4日(日)まで上演されます。


 10周年記年公演を目前にして、活動にピリオドを打った劇団『タイムストリップ』。かつて共に青春の情熱を舞台にぶつけたメンバーたちが5年ぶりに集まったのは、座長の家族が営むスナック「古~inishie~」の物置に眠る思い出の品々を整理するためだった。それぞれの道を歩き始めている彼らの思い出話のなかから浮かび上がってくるものとは…?


(稽古場より)
劇団『タイムストリップ』元座員、主演男優・板垣翔役の馬場良馬さん

 かつての看板俳優で、いまは政治家の秘書になった主人公を演じるのは、シアターサンモール初主演の馬場良馬さん(「特命戦隊ゴーバスターズ」「弱虫ペダル」など)。

 このほか劇団の座長役を演じる西ノ園達大さん、家業の不動産屋を継いだ元劇団員役の上杉輝さん(TOKYO流星群)、座長の妹でスナックのママ役の木野村温子さんに加え、水瀬慧人さん、宮下貴浩さん、瀬尾タクヤさん、小野寺ずるさん、栗生みなさん(劇団6番シード)、沖なつ芽さんがご出演。


(写真左から)宮下貴浩さん、瀬尾タクヤさん、西ノ園達大さん、馬場良馬さん

 脚本は池谷雅夫さん(『画狂人北斎』)、演出は私オムさん(『蛇の亜種』)。プロデュースはこれまで『手紙』『画狂人北斎』『バクステ!!』などを手がけてきたNo4(エヌオーフォー)です。


 公演初日に向けて、プロデューサーの難波利幸さんよりメッセージが届きました。


【難波利幸さんメッセージ】

 『古‐inishie‐』という作品の企画を思いついたのは2年前に高校の同窓会に行ったことがキッカケでした。当然昔話に花が咲いたわけですが、その時の2次会、3次会でお酒が入ってきた時に面白いもので会話が段々とハードな内容になっていきました。(笑)
仲がいいからこそ昔の言わなくていいことを言い合うこととなり、お酒が言わす争いやら仲直りやら涙やら…。
 さて、劇団『タイムストリップ』は2005年に旗揚げ。座長の経営するスナック『古‐inishie‐』が事務所兼倉庫になっていた。9年間の劇団公演を経て10周年記念公演を迎えようとしていた矢先にその公演は頓挫する。そのせいで劇団は2014年に空中分解。その後スナック『古‐inishie‐』が立ち退きになることとなり、解散状態から5年が経った2019年、荷物を整理しようと座長はかつての劇団員に連絡を取る。そこに集まってきた数人の劇団員たち。さぁ、この劇団同窓会にはどんな展開が待っているのでしょうか。

 人間の純粋さ、滑稽さ、必死であるが故のくだらなさ。ご期待ください!



 「思い出の熱い涙は歪な過去の帳尻合わせ」(ケオン・イナム)

 チラシに記載されたこの名言(?)の真の意味とは? 懐かしくも胸かき乱される過去、そして現在を生きる登場人物たちの人間ドラマ。いよいよ開幕です!


<公演情報>
『古~inishie~』
作:池谷雅夫 演出:私オム

【キャスト】
馬場良馬

水瀬慧人
宮下貴浩
上杉 輝
瀬尾タクヤ

木野村温子
小野寺ずる
栗生みな 
沖なつ芽

西ノ園達大

【ストーリー】
劇団『タイムストリップ』は作・演出家で座長の星野旺次郎(43)を中心に14年前に旗揚げされた。
初演の演目は『明智光秀リーマンショック 本能寺の変で大化の改新』

劇団の実質の活動は9年間、10周年記念公演『平成レボリューション第二次世界大
戦シンドローム』の上演を前に劇団は空中分解した。
題名から察する通り、少し残念な匂いのする劇団だった。

なぜ9年間の劇団活動にピリオドを打たねばならなかったのか?

星野旺次郎と星野侑子(31)の兄妹は母が経営するスナック『古‐inishie‐』で育った。
父親はおらず、兄の旺次郎は演劇にのめり込み、妹の侑子はヤンキーとして活躍。
母亡きあとは侑子が店を継ぎ、『古‐inishie‐』は劇団員たちの溜まり場となり、2階は事務所兼倉庫と化した。
半年前まで石嶺はるか(21)がアルバイトをしていた。

劇団が解散状態となって5年が経った。
この5年間、劇団員たちは何をしていたのか。

9年間の劇団時代の大量の荷物がスナック『古‐inishie‐』に残っていた。
行政の区画整理に引っ掛かり立ち退きを余儀なくされたことをキッカケに旺次郎は整理を決心し、元劇団員15名全員に連絡を取った。

そして、数人が『古‐inishie‐』に集まって来た。
まだ役者を続けている谷文則(33)、続けたもののうまくいかずカラオケボックスでバイト中の友村めぐみ(31)、ウェディングプランナーになった野村莉子(31)、父親の跡を継いで不動産屋の薄井健(34)、政治家秘書になった板垣翔(33)、2.5次元のスターとなった森宮歩夢(25)、そして、旺次郎と大学の同期で劇団『ゴールデンボール』の座長、榎戸安雄(41)。

「5年振り!久し振り!」からのスタート。 荷物を片付けながら、酒を飲みながら、昔話に花を咲かせながら、徐々に様相は変貌を呈していく。
板垣翔が現れた事によりそれぞれの心の中で何かが弾け始める。
久々の再会は大いに盛り上がり、昔に戻り、気が許せる仲間同士の本音は優しさを飛び越えて行く。
5年という歳月がもたらした人間たちの滑稽さはとてもくだらなく、思わず笑ってしまうのは誰もが持っている弱さをごまかそうとするからなのだろうか。
彼らは、そして翔は、何を求めたくてここに来たのだろうか…。

公演公式サイト
公演Twitter

写真提供:No4
記事作成:おけぴネット  監修:おけぴ管理人

こちらもどうぞ

おすすめ PICK UP

新作ミュージカル『怪人と探偵』中川晃教さんインタビュー

【公演NEWS】世田谷パブリックシアター+ エッチビイ『終わりのない』チラシビジュアル公開&ポストトーク開催決定

【公演NEWS】METライブビューイングアンコール 濱田めぐみさん登壇トークイベントレポ

ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』霧矢大夢さんインタビュー

【公演NEWS】スリリングな女たちのミステリー・コメディ!KERA CROSS 第一弾『フローズン・ビーチ』神奈川・橋本プレビュー公演開幕!

【「八月南座超歌舞伎」】中村獅童さん、澤村國矢さんが意気込みを語りました【前編・獅童さん取材会】

【「八月南座超歌舞伎」出演】中村獅童さん、澤村國矢さんが意気込みを語りました【後編・國矢さん取材会&インタビュー】

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(540円/月)