【公演NEWS】Dramatico-musical『BLUE RAIN』荻田浩一さんの演出、実力派キャストで上演決定!

この雨は私を断罪する冷たい針か、それとも慈悲の雫か──

 2018年に韓国・大邱国際ミュージカルフェスティバルにて「創作ミュージカル賞」を受賞した話題作『BLUE RAIN』の日本上演が決定しました。



 物語はドストエフスキーの名作『カラマーゾフの兄弟』をベースに、舞台を1990年後半のアメリカ西部に移し変えたもの。ひとつの殺人事件の真相を追ううちに、ある家族――父と息子たち、兄と弟の憎しみと深い因縁を暴き出し、さらに一家を超え人間といういきものの根源的な業を描き出していく、サスペンフルでありながら文学的な叙情性を持つミュージカルです。

 作家は日本でも『SMOKE』がスマッシュヒットしたチュ・ジョンファ(作演出)&ホ・スヒョン(音楽)の夫婦コンビ。チュ・ジョンファの人の業に鋭く切り込むパッション溢れる脚本・演出と、ホ・スヒョンの美しく煽情的なメロディが溶け合う独特の世界観は韓国でも大人気で、熱狂的なファンを数多く生み出しています。

 日本版演出は美しく繊細な演出で知られる名匠・荻田浩一が手掛け、ここに吉野圭吾、水夏希、佐賀龍彦(LE VELVETS)・東山光明、木内健人、池田有希子、今井清隆という実力派キャストが集いました。チュ・ジョンファ作品の特徴のひとつでもある大胆な“感情の曝け出し”と、耽美かつ切ない荻田ワールドがどう交錯するか。それを実力派キャスト陣がどう魅せていくのか。どうぞご期待ください。

STORY
──俺を殺したのは、誰だ。
 1997年、ユタ。強欲な富豪、ジョン・ルキペールが殺害された。犯人と目されたのは、父と反発し12年間家に戻っていなかった長男、テオ。弁護士となった次男のルークはこの事件の真相を追ううちに、殺害現場から大金が消えていたこと、兄テオの恋人・ヘイドンがジョンの愛人になっていたことなど、兄に不利な証拠ばかり見つけてしまう。現場で倒れていたルキペール家の家政婦・エマはテオをかばうも、新しく入ったばかりの使用人・サイラスらの証言も、テオが犯人であることを示しているようだ。この事件の真相は……そして次第に浮かび上がる、家族の相克。彼らが抱える憎しみの行方は……。

【公演概要】
Dramatico-musical『BLUE RAIN』
演出:荻田浩一
音楽監督:河谷萌奈美

ORIGINAL PRODUCTION BY C101
MUSIC BY SOO HYUN HUH
BOOK BY JUNG HWA CHOO

出演:吉野圭吾/水夏希/佐賀龍彦(LE VELVETS)・東山光明/木内健人
池田有希子/今井清隆

【東京公演】7月2日(木)~7月12日(日) 博品館劇場
【大阪公演】7月22日(水) シアタードラマシティ
全席指定:10800円(税込)
一般発売:3月21日(土)
Twitter : @BlueDramatico
公演HP

この記事は公演主催者の情報提供によりおけぴネットが作成しました

おすすめ PICK UP

ミュージカル回想録『HUNDRED DAYS』公開稽古&取材会レポート

【公演NEWS】『せたがや 夏いちらくご』 当代人気落語家・春風亭一之輔が世田谷パブリックシアターに登場!

【公演NEWS】二人芝居の魅力が存分に詰まった舞台、『春母夏母秋母冬母』開幕!

【藤田俊太郎 演出】シェイクスピア×井上ひさし 祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』の幕が開く!初日前囲み取材レポート

【公演NEWS】「リトル・ゾンビガール」 扮装ビジュアル解禁! ~キャストコメントも到着~

ミュージカル『モダン・ミリー』中河内雅貴さんインタビュー

スーパー歌舞伎Ⅱ『新版 オグリ』市川猿之助さん、中村隼人さん取材会レポート

【中川晃教さん歌唱披露も!】ミュージカル『チェーザレ』製作発表レポート

おけぴスタッフTwitter

おけぴネット チケット掲示板

おけぴネット 託しますサービス

ページトップへ
おけぴ会員のご案内(登録無料) プレミアム会員のご案内(550円/月)